クラウドに関するレポート集

レポート一覧
(2月5日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

インフラ

2025年のクラウドの未来:テクノロジからイノベーションへ

A. Lerner A. Chandrasekaran Dennis Smith D. Smith N. MacDonald
2025年までに、クラウド・コンピューティングは、パーベイシブ (遍在的) なものになる。クラウドは、テクノロジ・イノベーションを推進するだけでなく、ビジネス・イノベーションの基盤としての役割も果たすようになる。ITリーダーは、クラウド戦略を立案し、経営陣や同僚、配下のチームに対して今後のクラウドの進化に関するプレゼンテーションを行う際に、本リサーチノートを活用できる。

インフラ

日本企業はクラウドやAIに関するスキルをいかに獲得するか:パート2

T. Mataga
本リサーチノートは、クラウドやAIに関するスキルを戦略的に強化したいと考える企業や組織、人がスキルの獲得に着手できるよう支援する2部構成シリーズのパート2である。本リサーチノートでは、どうやって (How)、誰が誰と (Who)、どこで (Where) クラウドやAIに関するスキルを身に付けるのかについて解説する。

インフラ

日本企業はクラウドやAIに関するスキルをいかに獲得するか:パート1

T. Mataga
デジタルやモード2の進展に伴い、クラウドやAIの内製化、すなわち「自分で運転」の試みが進みつつある一方で、「どんなスキルを身に付けるべきか」「どうやってスキルを身に付けたらよいか」という声が多く聞かれるようになってきた。2部構成シリーズのパート1である本リサーチノートでは、クラウドやAIに関するスキルを戦略的に強化したいと考える企業や組織、人が、スキルの獲得に着手できるよう支援する。

インフラ

日本におけるクラウド・コンピューティングの状況:2020年

T. Mataga
本リサーチノートは、ユーザー企業、政府・自治体、ベンダー、システム・インテグレーターが、日本におけるクラウド・コンピューティングの状況を理解し、自社のクラウドならびにインフラ戦略の方向性を確認・調整する上で役立つ。

アプリ

ケーススタディ:中規模企業DavinesにおけるMicrosoft Office 365の活用

J. Mariano
中規模企業では、Microsoftの専用サービスがあまり普及していないため、CIOはOffice 365の利点を活用しようとしない。Davinesは、IT部門とビジネス部門の間で個人同士の関係を築くとともに、経営陣がプロセスに関与することで、Office 365の採用強化を進めている。

アプリ

クラウド・コンタクトセンター・プラットフォームでMicrosoft Teamsを最大限に活用するには

P. Sheth S. Blood
Microsoft Teamsは定番の企業向けコラボレーション・プラットフォームであるが、コンタクトセンター機能については、ほとんどの主要なユースケースにおいて十分とはいえない。本リサーチノートは、ワークプレースが次第に分散化する中で、アプリケーション・リーダーと、コンタクトセンター機能を提供するMicrosoft Teamsのパートナーが、いつ、どのように協業すべきかを検討する一助となる。

インフラ

I&Oリーダーはチームを変革し、SaaSクラウドを主導せよ

M. Bhat R. Williams
デジタル・ワークプレース・イニシアティブおよびデジタル・ビジネス・イニシアティブにおけるSaaSアプリケーションの採用により、IT部門の役割とスキル、期待事項が大きく変化している。I&Oリーダーは、SaaSの採用を通じてアジャイルな働き方を実現し、顧客に価値を提供するために、組織を再編し、スタッフを再教育し、ツールを刷新する必要がある。

アプリ

COVID-19パンデミックへの対応で採用が急増する会議/ワークストリーム・コラボレーション・ソリューション

 M. Fasciani K. Shiga M. Kumar
新型コロナウイルス感染症の流行が、多くの企業のオペレーションに支障を来している。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーが会議ソリューションやワークストリーム・コラボレーション・アプリケーションの適切な活用によってリモート・ワーカー戦略をサポートし、ビジネスの中断を最小限に抑えられるよう支援する。

インフラ

クラウド上のVDI/DaaS:Microsoftライセンス制限に注意せよ

M. Silver M. Margevicius D. Ianni
Microsoftによる制限のため、Amazonをはじめとする一部のハイパースケール・プロバイダーのクラウド上でMicrosoft 365 Windowsアプリケーションを実行することはライセンス違反となる。SPVMリーダーは、I&Oリーダーと協力して、クライアント仮想化計画がライセンスを遵守し予算内に収まるようにしなければならない。

インフラ

デスクトップの選択:物理/仮想/クラウド ― ハイブリッド・アプローチが不可欠か

N. Hill M. Silver
DaaS (別名クラウド・ベースのデスクトップ) によって、ワークスペース・デリバリのアプローチ間の境界がさらに曖昧になっている。I&Oリーダーは、ハイブリッド・アプローチが最適な選択肢となるタイミングを判断しなくてはならない。

インフラ

DaaSのマーケット・ガイド

N. Hill M. Silver
DaaSは、デスクトップ・デリバリ・モデルの1つであり、Microsoftが本市場に参入したことによってハイプの高い状態が続いている。I&Oリーダーは、個別のユースケースをDaaSに移行できるものの、コストのほか、クラウドに対する自社の準備状況という問題が採用の拡大を妨げていることに気付くであろう。

インフラ

サーバ仮想化のマーケット・ガイド

M. Warrilow P. Dawson T. Harvey
サーバ仮想化市場は、インフラストラクチャ近代化のニーズを満たすべく進化しながら、クラウド・ホスティングやエッジの領域にまで拡大し続けている。I&O部門のリーダーは、2021年以降に大きなメリットを獲得できるよう、サーバ仮想化に対する新たなアプローチを評価する必要がある。

アプリ

クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント

D. Feinberg M. Adrian R. Greenwald A. Ronthal H. Cook
データ管理に広く用いられるDBMSの稼働環境は、クラウドへと急速にシフトしており、これによってベンダーと製品の情勢がますます複雑化している。この複雑な市場で正しい選択をするために、データ/アナリティクス・リーダーは本マジック・クアドラントを役立てられたい。

インフラ

クラウド・インフラストラクチャ/プラットフォーム・サービスのマジック・クアドラント

R. Bala B. Gill Dennis Smith D. Wright K. Ji
ハイパースケール・クラウド・プロバイダー (ハイパースケーラー) 間の能力のギャップは埋まり始めているが、企業向けのワークロードを巡る熾烈な競争が全世界で拡大している。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、変化する市場において、広範なプレゼンスを有し、さまざまなユースケースに対応できるクラウド・プロバイダーを評価すべきである。

インフラ

IaaS/PaaSのセキュリティ:確実に実施すべき5つの項目

T. Croll
クラウドを利用するインフラストラクチャ/プラットフォーム・サービスでは、従来型のオンプレミス・アプローチとは明らかに異なるセキュリティ戦略を策定する必要がある。クラウド・ワークロードを保護するために、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、セキュリティに関する基本的な5つの事項を実施しなければならない。

アプリ

2020年におけるPaaS/プラットフォームのイノベーション・トレンドのトップ10

Y. Natis M. Pezzini P. Vincent V. Baker F. Biscotti
プラットフォーム・テクノロジの主要なトレンドには、ビジネス・イノベーションの最新のニーズが見て取れる。アプリケーション・リーダーは、プラットフォーム・テクノロジのトレンドを追うことで、自社のトランスフォーメーションの緊急課題に対する万全の準備を整えるべきである。

アプリ

日本における主要クラウドIaaSプレーヤーの状況:2020年

T. Mataga
10年にわたるクラウドIaaSの進化に伴い、企業は、クラウドIaaSの捉え方と評価方法を再定義する必要がある。クラウドを推進するリーダーは、主要なクラウドIaaSプレーヤーを評価する際の重要な参考情報として、本リサーチノートを活用されたい。

ソーシング

2021年の展望:その交渉が、ITベンダーとの取引を失敗させる

T. Ebina R. Tsuchiya
ITベンダーとの取引は契約時の交渉でその成否のほぼ半分が決まってしまうが、CIOをはじめとするITリーダーの多くがそうした駆け引きに慣れておらず、このままでは内在する取引リスクを肥大化させる一方である。そこで本リサーチノートでは、IT契約交渉の在り方を展望する。

インフラ

新しいネットワーク境界のセキュリティをどう確保するか

J. D’Hoinne S. Riley
ペリメータ (ネットワーク境界) の消滅をうたう積極的なマーケティング・キャンペーンに影響され、ネットワーク・セキュリティを担当するSRMリーダーは、オンプレミス設計とクラウド設計の両方に対応するようプラクティスを調整することを思いとどまる可能性がある。エンタプライズ・ネットワーク・エッジのセキュリティを確保するためには、新しいベスト・プラクティスを導入しなくてはならない。

インフラ

サービスとしてのディザスタ・リカバリのマーケット・ガイド

R. Blair L. Pierce J. Hewitt
サービスとしてのディザスタ・リカバリは、ITのレジリエンスの向上、コンプライアンス要件や規制要件の遵守、リソース不足への対処を高い費用対効果で実現したいI&Oリーダーにとって優れた選択肢の1つである。本マーケット・ガイドでは、中堅企業から大企業向けにサービスを提供しているさまざまなタイプのプロバイダーを紹介する。

コスト最適化とビジネスの勢いを促進するツール

この先の回復と繁栄に向けて、
ビジネスを持続するためにいま必要なサポート。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850