コスト最適化に関するレポート集

レポート一覧
(9月13日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Microsoftとの戦略的交渉に向けた3つのステップ

Ryuichi Tsuchiya
ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーはMicrosoftとの交渉がますます厳しくなっていると感じており、契約更新のたびに支出額が顕著に増えるケースが多い。Gartner BuySmart™アプローチを利用して、Microsoftの主力製品 (M365 E5、Azure、Dynamics 365、Power Platform) の交渉を戦略的に進める必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

マネージド・ワークプレース・サービス・ベンダーを選定する12の評価基準

Akimasa Nakao
本リサーチノートでは、グローバル・インフラストラクチャ・サービス・ベンダー24社の、マネージド・ワークスペース・サービスに関する業務パフォーマンス評価基準を提示する。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、変革をもたらす目標を評価するこれら12の評価基準を活用し、ビジネス価値と適切なベンダーを特定できる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

クイック・アンサー:IT資産管理ツールの導入前に検討しておくべきポイントは何か

Ryuichi Tsuchiya
ソフトウェア・ライセンス監査や経営陣からのITコスト削減要請を契機にIT資産管理ツールの導入に興味を持つ企業は増えているが、導入後にさまざまな不満が生じている実態もある。本リサーチノートでは、Gartnerの調査で判明した代表的な不満事項を分析し、今後導入を検討するユーザー企業に対して注意すべきポイントを提示する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

クイック・アンサー:ソフトウェア・ライセンス監査の追徴を避けるために押さえるべきポイントは何か

Tsuyoshi Ebina
ベンダーから想定外のライセンス監査を受ける国内ソフトウェア・ユーザー企業は60%以上に上り、そのうち約65%は追加支払いを請求されている。本リサーチノートでは、監査での追徴を避けるために、契約時にベンダーに確認・交渉すべきポイントを解説する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

グローバルITインフラストラクチャのサービス・ベンダーを90分で選定する方法:2021年

Akimasa Nakao
企業は、適切なサービス・ベンダーを選定するスピードを上げ、かつ、リスクも抑える必要がある。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、ロケーション、機能、リファレンス・スコア、主要オペレーション指数による1万7,000の指標に基づき、グローバル・インフラストラクチャ・サービス・ベンダーの最終候補を90分で決定できる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

SAP S/4HANAへの移行コストを抑えるための、コンバージョン/エクステンション・ポリシーの活用

Tsuyoshi Ebina
SAP Business Suite 7の顧客がS/4HANAに移行する際は、これまでのSAPへの投資を十分に活用すべきである。そのためにソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、SAPのコンバージョン/エクステンション・ポリシーを理解しなければならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ソフトウェア資産管理ツールを無駄な投資にしないためには

Ryuichi Tsuchiya
SAMツールの選定プロセスは非常に重要であるが、結果としてうまくいかなかった場合も多い。正しいツールを選択するために、ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは具体的なユースケースを作成し、データ/機能におけるギャップを識別して、テクノロジに関する分析をPOCによって実施する必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

クイック・アンサー:アジャイル開発で「履行割合型の準委任契約」を提案されたら受け入れるべきなのか

Ryuichi Tsuchiya
アジャイル型のシステム開発を委託する際、ITベンダーから労働量を対価の根拠とする履行割合型の準委任契約を指定されることが多いが、契約モデルありきの議論が先行することは望ましくない。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは最初のステップで、対象の開発案件の特徴や潜在リスクをベンダーと議論し、その後適用する契約モデルを検討すべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ITサービスのアウトソーシング先の移行を成功させる3つの基本行動

Akimasa Nakao
サービス・ベンダーの移行に伴う作業と落とし穴を過小評価すると、移行の失敗、業務への悪影響、契約内容の不備、評判の悪化が生じる。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、3つの基本行動に従って移行を推進し成功させなくてはならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ソフトウェア監査のコストとリスクを抑える4つのステップ

Tsuyoshi Ebina
企業は、ソフトウェア監査の和解を急ぐあまり、将来のリスク軽減に失敗しがちである。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、Gartnerの4つのステップを利用してソフトウェア監査の和解交渉を行うことで、コストを最小限に抑え将来のコンプライアンスを確実なものにすることができる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

有力なマネージド・サービス・ベンダーのパフォーマンス評価結果を活用せよ

Akimasa Nakao
有力なマネージド・サービス・ベンダーが実現しているパフォーマンス・レベルは、ベンダーの比較検討や評価において重要な指標となる。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、本リサーチノートに掲載するサービス・ベンダーのパフォーマンス・レベルを把握し、現行ベンダーの評価、新規ベンダーの検討において、コストとサービスの改善事項の特定、数値目標の設定に役立てられたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:コロナ禍で変わるSaaS契約の交渉

Tsuyoshi Ebina
新型コロナウイルス感染症は、SaaS契約の高コスト、囲い込み、柔軟性の欠如といった問題を浮き彫りにした。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、これまでとは異なる観点でSaaS契約に臨むべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

エキスパート・インサイト・ビデオ:IT調達の「集約化」を成功させるための出発点

Ryuichi Tsuchiya
企業のグローバル化やグループ企業の拡大に伴い、IT調達を本社に集約しスケールメリットを狙う動きが活発化しているが、成功するには多様な観点での検討が必要である。CIOをはじめとするソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、本ビデオで解説するIT調達集約の意義について参照し、採否を判断されたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

「ニュー・ノーマル」における4つのソーシング・トレンド:変化、成果、リスク、俊敏性

Akimasa Nakao
COVID-19後の新たな世界に移行する中で、グローバル・リスクが不測の形で引き起こされるという不安定性が継続している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、よりダイナミックなソーシングにイニシアティブをシフトする必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ベンダーとの価格交渉を最適化するGartnerの「T4」プロセス

Ryuichi Tsuchiya
ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、交渉相手のベンダーに有効なデータとレバレッジを駆使するために、体系的な交渉計画を立案する必要がある。GartnerのT4プロセスは、ベンダー別の戦術、テンプレート、T&C、タイミングを効果的に使用して価格交渉を最適化する、実践的なフレームワークである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Satoshi Yamanoi, Tsuyoshi Ebina, Ryuichi Tsuchiya, Akimasa Nakao
CIOをはじめとするITリーダーがIT戦略を推進するには、ソーシングによる人材確保、IT製品やサービスの調達、ベンダー管理の各機能の強化が不可避である。本リサーチノートでは、IT戦略の要であるこれらの各機能領域に関し、2021年の注力トピックを紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

エキスパート・インサイト・ビデオ:SaaS契約のコスト高を避ける処方箋

Tsuyoshi Ebina
SaaS契約は国内でも広がっており、契約企業にとって最大の期待事項は「コスト・メリット」である。ただしSaaSはオンプレミスよりもコスト高になる可能性が高いことから、ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、本ビデオで解説するその背景とコスト最適化のための施策を参照されたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

内製化を巡る4つの誤解:コスト、パフォーマンス、レジリエンス、スキルへの影響

C. Da Rold K. Gove N. Barton A. Rowsell-Jones
新型コロナウイルス感染症のパンデミックを経て、今後はコスト管理、レジリエンス、ビジネスの再構築に加え、新たな変革も求められる。ITリーダーは、ソーシング (調達) オプションを再評価するために、CIOと協業しなければならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:インフラストラクチャ・サービスの進化が加速する

M. Ray D. Young
将来のデリバリ・モデルの急激に変化する本質とパンデミックを受けて、ITインフラストラクチャのディスラプションが加速している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーはこの展望を活用し、ニュー・ノーマルに向けてリセットしつつ、将来への戦略を練るべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:IT調達部門を「信頼されるアドバイザー」へと昇格させるには

Y. Karalis S. Stoudt-Hansen D. Groombridge R. Stefani L. Ellery J. Smith S. White
新型コロナウイルス感染症の流行と、それによる経済危機を乗り越えるべく、ITソーシング/調達/ベンダー管理リーダーは自身の業務を直ちに変革して、新たなステージに到達せねばならない。そのために、この急激に変化しつつある現状をあえて活用すべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:アプリケーション・サービス・ベンダーとの関係性を再構築する

 B. Sparks A. Stanley A. Wilkins J. Thyagarajan G. Gupta K. Gove J. Longwood A. Malik F. Di Capua
顧客企業とアプリケーション・サービス・ベンダーのコラボレーションやリスク共有には新たな姿が求められるようになっている。ITリーダーは契約や自社の組織文化にも新たな統制を加える必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

選ぶのはMicrosoft 365 E5で本当によいのか

B. Jepson D. Ianni S. Riley
IT部門は、Microsoft 365 E5を評価して、その妥当性を示すことに苦心している。ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーは、本リサーチノート内のコンポーネントの一覧表などを利用して、自社のユースケースと環境を踏まえたM365のビジネス価値を分析・交渉すべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ソフトウェア/SaaSの「セルフサービス」調達の手引き

E. Quillen C. Reid
ソフトウェア/SaaSの調達に適用できる「セルフサービス」プロセスへのITリーダーの関心が高まっている。本リサーチノートでは、そのプロセスを開発・導入する方法を解説する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

デジタルを「スマート」に調達するには

S. Yamanoi
CIOをはじめITリーダーにとってITコストの最適化は慢性的な達成課題の1つであるが、そのための肝心なプロセスである「テクノロジやサービスの調達」を戦略的に進めているケースは少ない。本リサーチノートでは、「よりスマート」なIT調達の核となる行動指針について概説する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:その交渉が、ITベンダーとの取引を失敗させる

T. Ebina R. Tsuchiya
ITベンダーとの取引は契約時の交渉でその成否のほぼ半分が決まってしまうが、CIOをはじめとするITリーダーの多くがそうした駆け引きに慣れておらず、このままでは内在する取引リスクを肥大化させる一方である。そこで本リサーチノートでは、IT契約交渉の在り方を展望する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

「使える」RFPの作り方:改訂版

G. Gupta J. Longwood D. Young
提案要請書はITベンダーとの取引の「起点」となる重要な要素であるにもかかわらず、日本企業のITリーダーの多くが効果的なRFPの作成に苦慮している。本リサーチノートでは、RFPの実効力を上げるため、その作成手順を9つのステップに整理して紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ITベンダー・コスト最適化のための「リーン・マネジメント」

R. Tsuchiya
ITベンダーへの外部委託費が企業のIT支出全体に占める割合は大きいが、それに比して、コスト最適化を組織的に体系化された手法で実施しているITリーダーは少ない。本リサーチノートでは、トップダウン型の改善手法である「リーン・マネジメント」を紹介し、その価値および導入の手引について解説する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Gartner IT Symposium/Xpoを総括する

S. Yamanoi T. Ebina K. Shiga H. Katayama T. Ikeda
「Gartner IT Symposium/Xpo」は、CIOを対象に開催するガートナーの旗艦コンファレンスである。本リサーチノートでは、2020年11月にオンライン形式で開催された同コンファレンスの約80のセッションから、2021年に向けたキー・メッセージを総括する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

アプリケーション・サービスのコストを最適化するためのアクション

B. Sparks J. Thyagarajan A. Wilkins
ITコスト最適化への圧力は日増しに強まっている。ITリーダーは、自社の長期的な成長に確実に貢献できるよう、支出の積極的なシフトを速やかに行う必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

パンデミック後の景気回復期に向けて、IT調達が果たすべき4つの役割

R. Polk
新型コロナウイルス感染症の影響による景気後退を受けて、企業はコスト管理とITサービスの安定供給を優先するようになり、今、IT調達を行う者の重要性が高まっている。CIOは、景気回復が到来するまでの間にIT調達の価値観を見直し、ビジネス部門の重要課題に貢献できる能力を研鑽させねばならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

アフターコロナを見据えた次世代ワークプレース・サービスを活用するために

C. Da Rold D. Young A. Miljanovski D. Barros D. Mishra
新型コロナウイルス感染拡大の危機は、リモートワークに対応する効率的なデジタル・ワークプレース戦略がビジネスのレジリエンス (回復力) の維持に必要なことを示している。ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーは、次世代のセキュアなマネージド・ワークプレース・サービスを契約し拡大すべく、本リサーチノートに提示する契約に向けたアプローチを参考にされたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

パンデミック後の再出発:ITサービス支出を抑える4つの戦略

A. Stanley D. Barros A. Wilkins
パンデミックの長期化により、多くの企業が業績低迷の危機に直面している。ITリーダーは適切なコスト管理を行うために、主要な取引先ベンダーと共に4つの回復戦略を進めるべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

アプリケーション運用保守コストの抜本的見直し術

T. Ebina
各企業でコロナ禍後の「新たな日常」が模索されているが、国内企業は依然として、新規システムの開発以上に既存システムの運用保守に支出している。本リサーチノートは、一次的に支出を抑制するのではなく、こうした傾向を抜本的に改めるための施策を解説するものであり、企業の「再出発」を後押しする。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ITコスト削減に資するベンダー・ポートフォリオの再編

M. Corsi
テクノロジ・サービス/ソリューションの多様化に伴い、数多くのベンダーを採用した結果、ベンダーのポートフォリオが複雑化し、高コスト体質になってしまっている企業は多い。ITリーダーは、常にベンダーの合理化と整理統合に取り組み、コストとパフォーマンスを最適なものに導く必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

マネージド・ワークプレース・サービス・コストを削減する10のアクション

D. Barros D. Groombridge S. Stoudt-Hansen
デジタル・ワークプレース・テクノロジによって、従業員のリモートワークを即時に導入できるものの、この需要の急増はともすればサービス・コストの超過をもたらす。SPVMリーダーは、本リサーチノートの10のアクションを活用して、マネージド・ワークプレース・サービス・コストを削減できる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

コロナ禍におけるアウトソーシングの影響を軽減する5つのアクション

D. Groombridge B. Sparks S. Stoudt-Hansen
新型コロナウイルス感染症が多くの国で急速に蔓延し、アウトソーシング・サービスの提供にも影響が見られる。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、自社ビジネスに対するインパクトを最小化すべく、5つのアクションを通じて対処する必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ベンダーの提案見積書内の「隠れたコスト」を発見せよ

J. Rosenberger R. Schafer
ベンダーの提案見積書はユーザー企業のキャッシュフローと損益の最適化を意識したものではなく、ベンダーの独自分析に基づいていることが多い。このためユーザー企業は財務部門などを関与させ、適切な質問により隠れたコストを洗い出す必要がある。このようなコストを発見すれば事前交渉が可能になり、将来にわたる支出を抑制できる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

AIプロジェクトの予算を正しく見積もる方法

M. Alexander S. Stoudt-Hansen M. Revang
近年、AIの導入にかかるコストの妥当性の判断を求められるITリーダーは少なくない。AIプロジェクトの主要コストを特定する一助として、本リサーチノートを利用されたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ソフトウェア/SaaS契約でAPIの価格設定を交渉し、デジタル・ビジネスを効果的に拡大する

J. Liversidge M. O’Neill B. Ryan C. Murphy
組織はサードパーティのAPIに依存してデジタル・ビジネスを実現している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーがこの新しいタイプのAPI交渉に備えなければ、コスト最適化は難しいだろう。適切なAPI価格体系を選択することが、今後のビジネス拡大に必須となる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

キャッシュフロー改善のためのソフトウェア/SaaSコストの削減策

C. Murphy H. Decker
自社のビジネスが危機的な状況に直面しているITリーダーには、思い切った決断が必要である。確固たる決断力を持ってコストを削減するITリーダーにとって、ソフトウェア/SaaSの支払いを見直す意義は大きい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2020年の展望:マーケットプレース拡大とレガシー・コスト削減を両立するためのソフトウェア/クラウド契約交渉

J. Liversidge F. Karamouzis R. Wilkes D. Groombridge J. Smith C. Murphy D. Ianni
クラウド・マーケットプレースは企業にとって新たな課題と機会をもたらす。オンプレミス・ソフトウェアのサポート・コスト削減を求める圧力も、引き続き強い。ITリーダーは、デジタル・ビジネスの成長とコスト削減を両立するアプローチを実践しなければならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

これからの外部委託コスト適正化策を問い直す

T. Ebina A. Nakao H. Katayama
新型コロナウイルス感染症の影響で全社のコストが見直される中、ITリーダーにも外部委託コストについて、対症療法的な方法だけでなく根源的な適正化策が求められている。本リサーチノートでは、この課題に対応するフレームワークと、優先的に実現すべき施策を解説する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

「サービスとしてのデータとアナリティクス」の購入時に検討すべき7つの主要な契約条件

A. Stanley J. Heizenberg T. Lo
すべてのアナリティクス機能を社内で実施できる時代は終わった。現在のデータとアナリティクス戦略はD&Aサービス・ベンダーとの契約を前提とし、ITリーダーには、データ保護、セキュリティ、知的財産権、価格設定などで優位な条件を獲得することが求められる。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

SaaS契約で「シェルフウェア」を発生させないための3つのプラクティス

C. Murphy J. Liversidge S. White
ITリーダーは、ボリューム・ディスカウントと不確実なユーザー数の見積もりが原因で、必要以上のSaaS契約を締結してしまい、契約後に利用されない「シェルフウェア」を発生させることが多い。本リサーチノートではこうしたシェルフウェアを発生させる要因と、リスク軽減策を解説する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

AWS、Google、Alibabaの専用ホストによるクラウド・サービスに対抗するMicrosoftのサーバ・ルール変更に注意せよ

D. Ianni M. Sienkowski D. Wright
Microsoftは、Azure Dedicated Hostのリリースと並行して、同社ソフトウェアをAWS、Google、Alibabaのクラウド・ベースの専用ホスト環境にデプロイする際のライセンス・ルールを2019年10月1日付で変更している。これによってもたらされる一連の制約は、ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーにコストとコンプライアンスに関する課題を突き付けている。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2020年の展望:IT調達がデジタル・トランスフォーメーションの成否を分ける

Y. Karalis L. Ellery W. Maurer K. Sommers
アウトソーサーのサービスやテクノロジを評価することは、日々、難しくなっている。ITリーダーは俊敏性と効率性を両立させるプロセスによってアウトソーサーやITベンダーを評価し、ビジネス部門に的確なアドバイスを与えなくてはならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ケーススタディ:複数ベンダーで成果とリスクをシェアする革新的な契約アプローチ

 J. Thyagarajan J. Longwood
複数ベンダーが共存する環境において、ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーが効果的なベンダー間のコラボレーションを実現させることは非常に困難である。本リサーチノートでは、ビジネス成果をもたらすコラボレーションを実現させたユーザー企業の革新的なアプローチを紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Microsoft Dynamics 365におけるライセンス戦略の大幅な変更に対策を講じ、価格上昇リスクを軽減せよ

B. Jepson D. Ianni
ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、2019年10月のDynamics 365ライセンス体系変更によるコストへの影響とその利用要件を入念に分析する必要がある。もしこれに十分な時間をかけて準備しない場合は、契約更新時に大幅な価格上昇に見舞われてしまうだろう。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

CIOが限られた「レバレッジ」で効果的に交渉する方法

Y. Karalis W. Maurer J. Rosenberger
「レバレッジ (交渉材料)」が極めて少ない状態で最も有利な購買を実現するのは至難であるが、不可能というわけではない。限られた条件で最適な交渉を目指す中規模企業のCIOは、本リサーチノートで解説する「レバレッジ」を得る機会を特定し、交渉に利用する必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2020年の展望:ソフトウェア契約交渉の「定石」を疑い反転攻勢に挑む

T. Ebina R. Tsuchiya
ソフトウェアの有効活用はコスト最適化とビジネス加速の両面で欠かせないが、これまでのソフトウェア契約の「定石」は近年、覆されつつある。本リサーチノートでは、ソフトウェア契約の視点から2020~2025年の展望を示す。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

IT支出を包括的に分析する手法を確立し、精緻な予算策定および最適な投資を実現せよ

 B. Sparks L. Ellery
多くの企業は、IT全体の支出分析に使用する信頼性のあるデータ収集に苦戦しており、精緻な予算の予測やコスト最適化を行えていない。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、ITのライフサイクルを見据えた高度な支出分析を実現し、財務部やユーザー部門などのステークホルダーから信頼を得る必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

マネージド・サービスの契約を改善する10のチェックリスト

A. Wilkins A. Stanley S. Stoudt-Hansen
マネージド・サービスの活用で期待する成果を達成するために、まずは、提案要請書と作業明細書を精査する必要がある。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、プロバイダーが提供するサービスの価値と品質を高めるために、本チェックリストを利用されたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

AIのライセンス・スキームへの不理解はコスト・リスクの観点で長期にわたる頭痛の種となる

M. Alexander
AIを巡る商用ソリューションが大幅に増加し、多様化している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、リスクの軽減とAIの投資収益率の最大化に向けて、AIのライセンス・スキームが従来型ソフトウェア・ライセンスやSaaSに対しどれほど異質であるかを早急に理解しなければならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Office 365とMicrosoft 365のアドオン・サブスクリプションは、新規購入/更新時の交渉レバレッジを低減させる

M. Sienkowski B. Jepson J. Smith
Office 365とMicrosoft 365のアドオン・ライセンスは、リスクの低いオプションのようだが、サブスクリプション利用者はレバレッジを失い、長期的なコスト増大に直面する。クラウド契約について交渉するソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーは、アドオン・サブスクリプションを選択する前に、すべてのオプションを評価する必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ソフトウェア/クラウド契約交渉のリサーチ一覧

T. Ebina
ITシステムの近代化を進めるITリーダーにとって、ソフトウェア・ベンダーとの契約交渉は避けられない。コスト最適化とガバナンス・リスク低減を両立させ、デジタル・テクノロジを適切に取り入れるには、交渉上のさまざまな留意点を知る必要がある。本リサーチノートでは、交渉に当たるITリーダーが理解すべき留意点と対策をまとめた必読リサーチを紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Oracleライセンス (クラウドも含む) における交渉術まとめ

R. Wilkes R. Sacco M. Alexander C. Murphy J. Liversidge
Oracleは、複数の市場で支配的であり、ライセンシング・ポリシーが非常に複雑で柔軟性を欠いているため、価格交渉が極めて困難である。本リサーチノートでは、ソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーがOracleと交渉する際に、契約リスクを低減しつつ価格を最適化するためのテクニックを紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ソフトウェア監査の対処法:コストとリスクを下げる施策

C. Dixon M. Corsi
ソフトウェア・ベンダーによる監査は時に、ユーザー企業に膨大な時間とコストを強いる。ITリーダーはソフトウェア監査に備え、コストとリスクを最小化できるプロセスを開発しなければならない。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Microsoftに端を発する、ライセンスの「間接利用」スキームが招く巨大なコストおよびコンプライアンス・リスク

D. Ianni B. Jepson
Microsoft (およびSAPなど) で導入されている「間接利用」のライセンス・スキームに対して適切に対応しなければ、ユーザーは想定外の多大なコストを支払わねばならなくなる。ソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーは、ビジネス・ステークホルダーと協力し、データ・アクセスのコンプライアンス・リスクを特定して、潜在的なコストを最小限に抑える必要がある。本リサーチノートでは、代表的なMicrosoftのスキームおよび対処法を紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

大手SaaSベンダーが提唱する「従量課金」の落とし穴

J. Liversidge S. White
クラウドであるからには従量課金が当然、というイメージが強いが、実態は必ずしもそうではない。ITリーダーは、ベンダーが提唱する「従量課金」の真の姿を見極めなくてはならない。

New 日本におけるCIOとITのリーダー

クイック・アンサー:ITのビジネス価値の最大化に最も重要な要件とは

Hiroyuki Katayama
ITを利用してビジネス・メリットを受けるのがユーザー部門であるならば、そのコストはユーザー部門が負担すべきである。ITのビジネス価値の最大化は、ユーザー部門がコストを強く意識することで実現できる。

日本におけるCIOとITのリーダー

IT財務統制を活用してITコスト管理の目標達成を加速する

Hiroyuki Katayama
CIOは、コスト管理の目標を実現するための重要なツールとして、財務統制を活用すべきである。財務統制を積極的かつ総合的に利用すれば、ITコスト削減、コスト最適化、および価値提供の実現を加速させることができる。

日本におけるCIOとITのリーダー

クイック・アンサー:シェアード・サービス・モデルにおいて予算の変動をどのように管理するか

Hiroyuki Katayama
多くのCFOは、決められた予算の中でビジネスに由来する変動コストを管理するのに苦戦している。本リサーチノートでは、ビジネス活動に関連するコストを比率に基づき管理することによって、このような変動をメリットに転換している企業の例を挙げ、検討する。

日本におけるCIOとITのリーダー

デジタル・ビジネスへの大志:変革か最適化か

Masaki Suzuki
企業のデジタル化を進めるには、まずは企業が抱く「大志」の範囲を明確にする必要がある。企業がデジタル・テクノロジを活用しているのは、単に現在のビジネスモデルを改善するためか、それともまったく新しいプロダクト、サービス、モデルを創出するためか。エグゼクティブ・リーダーは、デジタル化への大志を定める際の指針として、本リサーチノートを活用できる。

日本におけるCIOとITのリーダー

コスト最適化を実現するIT投資の事後評価パート2:TIMEによるシステム資産の棚卸し

Hiroyuki Katayama
コスト最適化とは、端的に言うと、ビジネス価値が低いシステム資産にかかる維持コストをなくし、そのコストを価値の高い投資に振り向け、企業内の資産の価値全体を最大限に引き上げることである。本リサーチノートでは、Gartnerの顧客からコスト最適化の目的でTIMEフレームワークを利用する際に寄せられた疑問や質問、およびそれらに対するGartnerの回答をQ&A形式でまとめて提示する。

日本におけるCIOとITのリーダー

IT財務管理ツールのマーケット・ガイド

Hiroyuki Katayama
IT財務管理が一段と高度化し複雑性を増す中で、ITFMツールはその価値を発揮し続けている。ITFMツールのスコープを定め、適切に導入することができれば、CIOは財務の透明性の確保とビジネス上のメリットを高い水準で実現できる。

日本におけるCIOとITのリーダー

2021年の展望:日本企業におけるIT部門の存在意義を再定義する

Hiroyuki Katayama, Yoshi Matsumoto
日本の大企業の95%が顧客価値の向上を目指したデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを既に実施しているか、検討中/検討予定である。企業全体のデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを実現するためには、CIOはIT部門の存在意義を再定義する必要がある。

日本におけるCIOとITのリーダー

日本におけるCIOとITのリーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Tsuneo Fujiwara, Yuko Adachi, Hiroyuki Katayama
COVID-19パンデミック対応の中で経営幹部としての自らの役割を拡大したCIOは、2021年には、企業の成功に貢献する機会を得るだろう。破壊的な力はデジタルに限らず、地政学的なトレンドやテクノロジも企業に課題を突き付けており、企業はビジネスモデルおよびエコシステムの活用方法の再考を迫られている。

日本におけるCIOとITのリーダー

変化に動的に適応するアジャイル型の予算編成

S. Buchanan J. McGittigan
CIOは、ビジネスの見通しの不透明さの中で、柔軟性を欠いた固定的なテクノロジ予算への承認を得ることに苦心している。本リサーチノートでは、CIOがテクノロジ支出に関してより高い収益性の合意を得るために、どうすれば旧来のウォーターフォール型の予算編成やその他の時代遅れの慣行を打破することができるかを検討する。

日本におけるCIOとITのリーダー

重要な評価指標を用いてITの価値ストーリーの構築に着手する

R. Naegle C. Ganly
ビジネス・リーダーにとって重要性のあるITの価値ストーリーを語りたいと考えるCIOは、ビジネス・リーダーの優先事項に照らし合わせた評価指標を作成して報告すべきである。まず、売り上げや価値の創出、コスト最適化やコスト効率、リスクの軽減といったビジネス・リーダーにとっての優先事項に対して、IT部門がどのような影響をもたらせるかを伝えなければならない。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITコスト管理の12のルール

C. Ganly B. Hayes R. Naegle
ITコスト管理の改善、つまりコストの削減、資産の最適化、ビジネスのミッションや目的にとって最も重要な成果物への投資といった課題に取り組むCIOは、その戦略的なコスト最適化の施策に対して、本リサーチノートで紹介する12のルールを適用すべきである。

日本におけるCIOとITのリーダー

デジタル時代に向けた成果主導の評価指標

G. Demetriou J. Anderson R. Naegle P. Proctor S. Sampath
成果主導の評価指標とは、テクノロジ・オペレーション指標を、テクノロジによってサポートされるビジネス成果に結び付けるものである。成果主導の評価指標を利用することで、CIOは、ビジネス価値を提供するテクノロジの優先事項と投資の推進に向けて、ビジネス側のステークホルダーとより効果的に連携することができる。

日本におけるCIOとITのリーダー

ゼロベースの予算編成により、景気後退後の予算規模を適正化する

G. Demetriou C. Lozada
景気後退によってビジネスの優先課題が変化するため、経営幹部は、資金の供給対象となるサービスや機能を再評価する必要がある。ゼロベースの予算編成は、予算規模を適正化するとともに、新たに優先されるビジネス成果に見合った付加価値をもたらす活動にリソースをシフトするための手段になる。

日本におけるCIOとITのリーダー

コスト最適化を実現するIT投資効果の事後評価:パート1

H. Katayama
CIOやITリーダーの多くはコストの予実管理を実行しているものの、ビジネス効果の事前評価に対するチェック機能としての事後評価を実施していないため、実際には効果があまり出ていないシステムを維持している可能性がある。本リサーチノートでは、事後評価がコスト最適化の実現に不可欠であることを示し、事後評価を効果的に実行するためのベスト・プラクティスを紹介する。

日本におけるCIOとITのリーダー

グローバル企業が持続可能なコスト最適化を実現する方法

J. Anderson J. McGittigan G. Demetriou
大規模な多国籍企業は、複数の部門や市場にわたるITコストの最適化に取り組む上で、極めて複雑な問題に直面している。CIOは、権限を与えられたITコスト最適化チームが組織全体の技術面、ビジネス面、および社内政治面における相互依存関係を管理できるよう、環境を整えなければならない。

日本におけるCIOとITのリーダー

業績悪化の中でのITコスト最適化:IT投資計画の見直し

H. Katayama
COVID-19が拡大する中、多くのCIOやITリーダーはリモートワークへの投資を増やす一方、業績の悪化を受けて経営者からコスト削減の指示を受けている。システム維持費のコスト削減だけでなく、新規投資案件にも手を入れる必要が出てきており、本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが投資案件に再度優先順位を付けるためのベスト・プラクティスを解説する。

日本におけるCIOとITのリーダー

IT財務管理のためにCIOが習得すべき支出の4つの観点

J. McGittigan R. Naegle
効果的にIT財務を管理し、価値を伝えるために、CIOとITリーダーはIT財務に固有の4つの観点を習得すべきである。4つの観点は、IT投資がビジネスにもたらす戦略的な影響を高める上で不可欠である。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITのビジネス価値への貢献度を測定する評価指標とKPIを特定する方法

J. Anderson
「CIOはビジネスを真に理解していない」というステークホルダーの認識を多くのCIOは覆さなければならない。CIOは、IT部門の立場をビジネス・パートナーへと進化させるために、KPIや評価指標を策定する戦略を導入し、それによってさらに効果的な意思決定を実現し、ビジネス成果を向上させることを目指すべきである。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITのビジネス価値を立証するための9つのルール

R. Naegle C. Ganly
ITのビジネス価値を定義、測定し、それを伝えることは、多くのCIOにとって難題である。ビジネス価値のストーリーを構築して語る際に、すべてのCIOが従うべき9つのルールがある。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITコスト削減を迅速に行うための10のルール

C. Ganly G. Demetriou
不確実性が高くプレッシャーのかかる経済環境において、企業はしばしば、即時のITコスト削減を迫られる。この課題に直面した場合、CIOは、事業の中長期的な健全性をできる限り損なわずにコスト削減に取り組める方法を決定しなければならない。

日本におけるCIOとITのリーダー

IT投資のバランスを調整し、イノベーションと成長の資金を確保する:ガートナーのコスト・バリュー・マトリクス (パート2)

R. Naegle C. Lozada S. Solanki
ガートナーのコスト・バリュー・マトリクスを使えば、CIOは、パフォーマンスの改善やビジネス価値を高めようとするビジネス部門のニーズを、ビジネス評価指標と関連付けて調整することができる。これは特に、予算が限られていたり、投資をしたいが資金が不足していたりする場合に有効である。

日本におけるCIOとITのリーダー

2020年の展望:ますます重要度を高めるITコスト最適化

 H. Katayama
ITコスト最適化の目的は大きく2つあり、価値が低くリスクやコストが高い領域のコストを削って価値の高い領域に振り向けることと、経済環境の変化に伴い一時的に支出をセーブして業績の安定化に貢献することである。本リサーチノートでは、デジタルへのフォーカスと経済環境の変化によりますます重要視されているITコスト最適化について、日本国内における2025年までの展望を示す。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITの生産性を測定し、ITコスト最適化のバランスを調整する:ガートナーのコスト・バリュー・マトリクス (パート1)

R. Naegle C. Lozada S. Solanki
ガートナーのコスト・バリュー・マトリクスは、ITコストと、ITがビジネスにもたらす価値との間の関係をCIOが評価するのを支援できるよう設計されており、例えばIT支出を売り上げのパーセンテージとして示す評価基準に焦点を当てている。CIOは、IT部門の生産性に注目しながら、ITの最適化と投資の間でバランスを取るべく、このマトリクスを使用すべきである。

日本におけるCIOとITのリーダー

経営トップからのIT予算カット要求への対処法

B. Hayes J. McGittigan
CIOは、パフォーマンスを維持または改善しながらコストを削減しなければならないプレッシャーに常にさらされており、これは通常、特定の目標や期限の達成を求められる直接的なコスト課題という形で訪れる。CIOは、体系的なアプローチに従ってコスト削減のトレードオフを特定および評価し、それをステークホルダーに伝達しなければならない。

日本におけるCIOとITのリーダー

2019年CEOサーベイ:CIOは財務的な成果に貢献するために、IT財務管理に取り組む必要がある

C. Ganly
ガートナーの2019年CEO/上級経営陣向けサーベイでは、企業の財務実績を改善しようとするCFOが増えていることが明らかになった。CIOは、ITオペレーションのパフォーマンスを慎重に管理し、IT財務への透明性を高め、ビジネスに価値を提供することを確実に実施していく必要がある。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITコスト最適化の実現 (2):経営トップに見せる「変革」「成長」「運営」のポートフォリオ

H. Katayama
本リサーチノートの前編に当たる「ITコスト最適化の実現 (1):経営トップに見せるITコスト」では、利用部門や経営者にITコストをどう見せればよいか、特に、アプリケーションや機能の集合体、インフラのセット単位である「システム」のコストの見積もり方を紹介した。本リサーチノートでは、その「システム」のコストや「開発案件」のコストを、ガートナーの「変革」「成長」「運営」(TGR) のポートフォリオにどのように振り分け、その結果を経営トップにどう見せるかを提言する。

日本におけるCIOとITのリーダー

ITコスト最適化の実現 (1):経営トップに見せるITコスト

H. Katayama
ITコストを最適化するにはITコストの可視化が不可欠であるが、IT部門の目線でITコストを仕分けしても、利用部門や経営者にはそのコストの意味するところが伝わらない。本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが利用部門や経営者向けに効果的にITコストを可視化する方法を示す。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

エッジ・コンピューティングの戦略的ロードマップ:2021年

Takuma Yamamoto
企業がクラウドをオンプレミスにまで拡張し、IoTや革新的なデジタル・ビジネス・アプリケーションの活用を指向していることを背景に、エッジ・コンピューティングがメインストリームになろうとしている。I&Oリーダーは、エッジ・コンピューティングを新たなアプリケーション・タイプの基礎として、社内のクラウド・コンピューティング計画に長期にわたって盛り込む必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

PCやモバイル・デバイスのリプレース戦略における指針と推奨耐用年数

Eri Hariu
リモートワークのシナリオおよびコストの制約によってデバイスのリプレース戦略が複雑化しているため、エンドポイントが十分に活用されなかったり、機能寿命を超えて使用されたりする状況が生じている。本リサーチノートでは、I&Oリーダーがハードウェア投資を最大限に生かし、デバイスに関連する従業員の混乱を避けるための指針を提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

旧式のデータセンターを不可欠なIT資産に変える方法

Takuma Yamamoto
I&Oリーダーの大半は、新しいアイデアやテクノロジ、ビジネス価値の提供手段を重視する一方で、旧式のデータセンターにはさほど注目しない。企業に明確な戦略があれば、旧式のデータセンターを更新することで、運用コストを削減しながら新しいビジネス・サービスに対応できるようになる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

日本企業のBYODは増えているのか

Eri Hariu
日本企業において、リモートワーク/テレワーク導入を機にデバイスの見直しが進んでいる。中でもスマートフォンに関して、改めてBYODプログラムの導入に関心を持つ企業が増えている。本リサーチノートは、I&OリーダーがBYODの利用トレンドを踏まえて自社の方針を策定する際の一助となる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

COPEでBYODの課題に対処する方法

Eri Hariu
多くの企業が、BYODは必ずしもすべての従業員やすべてのデバイスに適合するとは限らないということを、苦い経験から学んでいる。本リサーチノートは、エンドユーザー・コンピューティングを担当するI&Oリーダーが、BYODに適した状況、BYODの管理方法、BYODに期待される効果を見極められるように支援するものである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:インフラストラクチャ運用とクラウド管理

Yoshifumi Abe
クラウド・ネイティブなアプリケーションは可視性に欠ける部分があるため、監視や管理に課題が生じている。I&Oリーダーが、機械学習や人工知能テクノロジを活用し、分散型システムの関係性やパフォーマンスを把握する環境を整えない限り、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションの活動は暗礁に乗り上げる恐れがある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

イノベーション・インサイト:デジタル・プラットフォーム・コンダクター・ツール

Tadaaki Mataga
I&Oリーダーがデジタル・トランスフォーメーションを実現するためには、オンプレミスとクラウド・ベースのデジタル・プラットフォームおよびITインフラストラクチャ全体を統合する「新たなビュー」が必要である。こうした新たなニーズを受けて、明示的に設計されたデジタル・プラットフォーム・コンダクター・ツールが登場している。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

コンテナ管理のマーケット・ガイド

Hiroko Aoyama
コンテナ・ワークロードを大規模展開するには、コンテナ管理に対応するツールやサービスが必要である。I&Oリーダーが、開発者のアジリティ向上、モダナイゼーション、トランスフォーメーション、オペレーション効率の改善などを支援するには、適切なコンテナ管理ソリューションを選択する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

企業システムのDRサイトにクラウドはどこまで使えるか

Takuma Yamamoto
新型コロナウイルス感染症の蔓延を契機に事業継続計画が見直され、そこから派生して企業システムのDRを改めて検討する企業が出始めている。こうした再検討に当たり、新たなDRとしての選択肢である「クラウドを利用したDRサイト」は、ユーザー企業にとって果たして実現性のあるものなのか。本リサーチノートは、このシンプルな質問に端的に回答し、補完情報を提供して理解を深めるのを助ける。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

サービスとしてのバックアップのマーケット・ガイド

Takuma Yamamoto
サービスとしてのバックアップ市場は、柔軟な課金体系や利便性の高い使用モデルに支えられ、急成長の構えを見せている。中規模ITインフラストラクチャのバックアップ・オペレーションを担当するI&Oリーダーは、サービスとしてのバックアップをクラウド・ベースで利用することで、バックアップ・オペレーションを簡略化し、インフラストラクチャ規模を縮小できる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

インフラストラクチャが主導するイノベーションを取り入れ、ストレージ/データ管理戦略をシフトさせるために不可欠な4つのステップ

Masaki Suzuki
将来を見据えたデジタル・トランスフォーメーション・チームを育成するには、I&Oリーダーが、自らをデータ/ストレージ・サービスのプロバイダーとして新たに認識する必要がある。本リサーチノートでは、ストレージ/データ戦略をシフトさせ、プラクティスや展開方法、テクノロジ、アーキテクチャの将来性を確保するために不可欠な4つのステップを明らかにする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

企業向けデスクトップ/ノートPCのマーケット・ガイド

Eri Hariu
デバイスの進化と、その調達やプロビジョニングの新たな手法によって、PCに関する企業の意思決定が変化している。エンドポイント・コンピューティングの調達を担当するI&Oリーダーは、今後のPC購入に関して効果的な意思決定を行うための指針として、本マーケット・ガイドを利用されたい。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

オープンソース・ソフトウェアのトップ・プラクティスに関するCTO向けガイド

Hiroko Aoyama
オープンソースはデジタル・イノベーションのバックボーンである。CIOとCTOも含めたテクノロジ・イノベーションのリーダーは、この強力なソフトウェア開発モデルの優位性を生かす戦略を策定し、オープンソースに固有のリスクとメリットを管理する必要がある。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

セキュリティ・インシデント対応の改善:SOCとNOCの統合を検討する

M. Schneider T. Corbett P. Shoard
セキュリティ・オペレーション・センターとネットワーク・オペレーション・センターは、データ、ツール、スキルセットにおいて多くの共通事項があるにもかかわらず、分断されてしまっている。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、両チームの共同モデル・アプローチを模索するに当たり、本リサーチノートに記載するメリットとリスクを理解する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

ITオペレーション監視の戦略的ロードマップ:2021年

F. De Silva P. Byrne
デジタル・ビジネス・ディスラプション、アプリケーションとインフラストラクチャの変更、COVID-19のパンデミックを受けて、I&OリーダーはIT監視戦略を見直している。本リサーチノートに示す戦略的ロードマップでは、進化させるべきIT監視の重要な側面と、I&Oリーダーが2025年においても自らの存在価値を維持するために取るべき移行ステップを明らかにする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるテクノロジ人材の将来

T. Mataga H. Aoyama E. Hariu
本リサーチノートでは、日本において具体的なテクノロジに携わる「テクノロジ人材」について、日本企業のIT部門や情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。各企業は、本リサーチノートに記載するクリティカルな状況を回避すべく、早期に有効なアクションを取る必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるエンドユーザーIT分野の注目すべき動向

E. Hariu
本リサーチノートでは、Windows 10やVDI/DaaSなど、日本企業のIT部門が2021年以降のITインフラストラクチャ戦略を策定する際にエンドユーザーIT分野で注目すべき動向を取り上げて解説する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

セキュリティ・ベンダー整理のトレンド:整理統合戦略を推進すべきか

P. Firstbrook J. Watts
サイバーセキュリティ関連のポイント・ソリューションが市場に増えてきたことで、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは複数ベンダーの整理や管理における転機に立たされている。リーダーは、自社の情報セキュリティ・ポートフォリオを合理化し、整理統合戦略とベスト・オブ・ブリードのどちらが自社にとって適切なアプローチなのかを判断しなければならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

在宅勤務をサポートするネットワークのベスト・プラクティス

A. Lerner N. Rickard M. Toussaint
多くの企業が、新型コロナウイルス感染症の蔓延を受けて導入した大規模なリモートワークというオプションを、今後も維持しようと考えている。I&O部門のリーダーは、リモートワーカーのユーザー・エクスペリエンスの最適化とセキュリティの強化を実現すべく、本リサーチノートで概説するネットワーキングのベスト・プラクティスを採用する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

統合システムのマーケット・ガイド

T. Harvey J. Palmer N. Mishra J. Hewitt
統合システムは、企業がパフォーマンスを改善し、コストを削減し、顧客に提供する価値を高めるべく、ばらばらなインフラストラクチャ・コンポーネントを組み合わせて一元的に管理するシステム製品である。本マーケット・ガイドでは、I&O部門のリーダーが、各種の統合システム製品と、統合システムのソリューションを供給しているベンダーを評価できるようサポートする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:HCIのターニング・ポイント

H. Aoyama M. Suzuki
本レポートは、日本におけるハイパーコンバージド・インフラストラクチャと、それに関連する動向について取り上げる。2021年以降のITインフラストラクチャ戦略を検討する際に、I&OリーダーがHCIにおいて注目すべき重要な展望を提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

5G NRインフラストラクチャのマーケット・ガイド

P. Liu S. Fabre K. Takiishi
通信サービス・プロバイダーは5Gの商用化を進めており、NRインフラストラクチャへの投資が5G展開の成功に不可欠な優先事項となっている。本マーケット・ガイドでは、市場の方向性と機器ベンダーの製品戦略について分析し、CSPのプロダクト・マネージャー向けに指針を示す。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

DRaaSにおけるコスト削減の判断法

J. Hewitt R. Blair
I&O部門のリーダーは、「導入が速い」「ビジネスの回復力を強化できる」「コストを30~50%削減できる可能性がある」といったさまざまな理由から、サービスとしてのディザスタ・リカバリに注目する傾向を強めている。本リサーチノートは、「サービスとしてのディザスタ・リカバリで実際にコストを削減できるかどうか」という質問に回答できるよう、I&Oリーダーをサポートするものである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

クラウド上のVDI/DaaS:Microsoftライセンス制限に注意せよ

M. Silver M. Margevicius D. Ianni
Microsoftによる制限のため、Amazonをはじめとする一部のハイパースケール・プロバイダーのクラウド上でMicrosoft 365 Windowsアプリケーションを実行することはライセンス違反となる。SPVMリーダーは、I&Oリーダーと協力して、クライアント仮想化計画がライセンスを遵守し予算内に収まるようにしなければならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

成功する自動化戦略の始め方

Dennis Smith C. Saunderson
自動化は、大幅なコスト削減、品質改善、業務のスピードアップを約束するものだが、これらのメリットを実現するにはアクション・プランが必要である。本リサーチノートでは、自動化に関する自社の成熟度を踏まえた上で必要なプロセス、スキル、ツールを特定することにより、I&O部門のリーダーが自動化戦略を実行に移せるよう指針を示す。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

エンドポイント保護における製品購入コストを最適化する方法

P. Firstbrook
セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、社内でエンドポイント保護プラットフォームのコストを削減すべく、最適化に関して本リサーチノートで解説するベスト・プラクティスを採用する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

DR投資のコスト削減と他プロジェクトへの便乗

R. Blair S. Downes
本リサーチノートでは、DRコストを削減または最適化するのに役立つ20件以上のアイデアを、I&Oリーダーに向けて提示する。これらのアイデアは、倹約による応急策から、DRaaSプロバイダーの利用、提携や便乗の機会の模索まで、多岐にわたる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

プライバシーと個人情報保護の状況:2020~2022年

N. Henein B. Willemsen B. Woo
COVID-19のパンデミックがもたらしたニュー・ノーマルへの調整が世界規模で進んでいる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、罰金やレピュテーションの低下といった損害のリスクに自社をさらすことなく、規模の拡大やパフォーマンス改善、そして緊縮予算に対応できるよう、社内のプライバシー・プログラムを変更する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

コンピューティング・インフラストラクチャの戦略的ロードマップ:2020年

T. Harvey C. Dekate D. Bowers
新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、企業が場所や時間を問わず任意のプラットフォーム上でデータとアプリケーションを活用することへのニーズが高まった。こうしたニーズに対応するために、I&Oリーダーは、柔軟性と俊敏性を向上させるコンピューティング・インフラストラクチャ戦略を採用しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

デジタル・ワークプレースI&Oの戦略的ロードマップ:2020年

L. Wallin D. Wilson S. Downes
近代的なデジタル・ワークプレースはデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションのキーとなり、リモートワーク、フロントライン・ワーカーの増加、無数のデバイスとクラウドをサポートする必要がある。I&Oリーダーは、これらを実現するアプリケーションやテクノロジ、スキルの近代化を加速させなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

データセンターのコストを削減しながら運用を改善する

D. Cappuccio
クラウド移行のトレンドが継続しているが、一部のワークロードは、「クラウド移行の準備が整っている」と見なされている場合でもオンプレミスに残す必要がある。インフラストラクチャは保守を要するものであり、長期移行戦略と日常の必須運用業務の統合がI&O部門リーダーの重要な目標になっている。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

サービスとしてのディザスタ・リカバリのマーケット・ガイド

R. Blair L. Pierce J. Hewitt
サービスとしてのディザスタ・リカバリは、ITのレジリエンスの向上、コンプライアンス要件や規制要件の遵守、リソース不足への対処を高い費用対効果で実現したいI&Oリーダーにとって優れた選択肢の1つである。本マーケット・ガイドでは、中堅企業から大企業向けにサービスを提供しているさまざまなタイプのプロバイダーを紹介する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

サーバのマーケット・ガイド

D. Bowers C. Dekate T. Harvey J. Hewitt U. Tian K. Yamada A. O'Connell
企業は、サーバについてベンダーや製品の新たな選択肢を評価しないまま、老朽化したサーバの更新に慣習的な投資を行い、技術的負債や過剰投資を抱えるようになっている。I&O部門のリーダーは、サーバ・ベンダーを変えるべきか、または新たに追加すべきか、またそうする場合はいつ、どのようにすべきかを決定するために、本リサーチノートを活用できる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

リモートワークを前提にセキュリティを再設計する

J. D'Hoinne D. Griffin R. Smith
リモートワークを前提としたセキュリティを設計する際は、CISOを含むセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーがその取り組みをどこでどのように管理するかを見直す必要がある。セキュアなワークプレースのためには、従業員の働き方、テクノロジ面での制約、リモートワークで取り扱われるアプリケーションとデータに注目すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

企業システムのディザスタ・リカバリに対する現実的な選択肢を考える

T. Yamamoto
東日本大震災以降に確立された企業システムのDR対策について、現在これを見直そうとするユーザー企業が増えている。レガシーなIT予算の削減や低減が叫ばれる中、現実的で合理的なDR施策を検討・実装していく必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

仮想サーバ見積書のチェックポイント

H. Aoyama
ガートナーには、仮想化基盤のリプレースやシステム増強を定期的に行うユーザー企業から、ベンダーに提示された見積書の価格は妥当かという問い合わせが継続して寄せられている。本リサーチノートでは、特に仮想サーバ製品を中心にどこをどのようにチェックすべきかを解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

前時代的なクラウドの提案を回避し、大幅なコスト削減を実現する

T. Mataga
クラウドの導入をシステム・インテグレーターに依頼しているユーザー企業は、提案内容が「前時代的なもの」になっていないかを確認することで、大幅なコスト削減の機会を得られる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

HCI導入検討時における曖昧さを回避せよ

 H. Aoyama
日本の一般的なユーザー企業は、ベンダーによるHCIの提案に際して「HCIとは何か」と説明を受けてもよく理解できないままとなっている。本リサーチノートでは、これまでにガートナーに寄せられた問い合わせの中から、HCIの提案を受けたユーザー企業でよくみられる曖昧なポイントを取り上げ、そうした曖昧さをどう回避するかを提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

ストレージのコスト削減:製品購買に関する8つの落とし穴 (2020年アップデート版)

M. Suzuki
新型コロナウイルス感染症が企業業績に影響を及ぼす懸念から、ITコスト削減へのニーズが強まる可能性が高まっている。本リサーチノートでは、ストレージのコスト削減に関して製品購買に焦点を絞り、企業が回避すべき落とし穴について述べる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

サイバーセキュリティとテクノロジ・リスクの分野でリスク/価値/コストを最適化する

 P. Proctor
サイバーセキュリティにおいては、企業やビジネスをリスクから保護するニーズと、目標とするビジネス成果を達成するニーズとの間でバランスを取る必要がある。CIOは、重要なステークホルダーの目線からビジネス・コンテキストに沿う形でリスクと価値を最適化することによって、このバランスを実現できる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

サイロ化したインフラをどのように刷新すべきか

P. Dawson
インフラストラクチャがサイロ化すると、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージの各リソースを再利用する機会が限定的になるため、コストの標準化やビジネス価値の提供がさらに困難になる。I&O部門のリーダーは、個別プロジェクトにひも付くインフラ・サイロから再利用可能なサービス・インフラへ移行する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

新型コロナウイルス感染症への対応:I&Oリーダーが取るべき7つのコスト削減アクション

K. Lord
新型コロナウイルス感染症の蔓延が、全世界でビジネスや業務の継続性に深刻な悪影響を及ぼしている。I&O部門のリーダーは、自社に短期的なコスト削減効果をもたらすべく、コスト削減アクションに優先順位を設定して実行に移す必要がある。

日本におけるアプリケーション・リーダー

データ品質を改善する12のアクション

Tatsuya Ichishi
高品質で信頼性のあるデータは、デジタル・ビジネスの変革に不可欠である。データ・ドリブンな企業の実現を図るデータ/アナリティクス・リーダーは、企業のデータ品質を改善するために現実的かつ集中的な措置を講じるべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー

テスト自動化の実装に欠かせない4つのステップ

Harutoshi Katayama
アプリケーション・リーダーに対し、高品質のソフトウェアを迅速に提供するよう求めるプレッシャーが高まっている。このため、手動テストは瞬く間にボトルネックになってしまう。アプリケーション・リーダーは、本リサーチノートに示す4つの必須ステップに従って、テスト自動化のメリットを最大限に生かすべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー

インテリジェントBPMスイートのマーケット・ガイド

Kimihiko Iijima
iBPMSは、ビジネス・プロセスの管理、オーケストレーション、自動化を通じて、アプリケーション・リーダーによるビジネス・パフォーマンスの変革や改善を支援する。本マーケット・ガイドでは、iBPMS市場の機能、トレンド、ユースケース、主要ベンダーについて情報を提供する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

GartnerのROARモデルによる戦略的なコスト最適化

Tatsuya Ichishi
データとアナリティクスのリーダーは、コストの削減・最適化にとって最善の選択肢を特定し、ひいては最高のビジネス価値をもたらし、長期的な競争優位性と成長を確保できるよう、GartnerのROARモデルを取り入れるべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:RPAを超えてハイパーオートメーションに向けた対応を加速する

S. Stoudt-Hansen F. Karamouzis M. Alexander L. Shotton N. Sturgill R. Kandaswamy
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、デジタル・バイ・デフォルトの要件が急速に高まっており、場所を問わない仮想リモート・オペレーションを実行せざるを得なくなると、デジタル化されていなかったビジネス・プロセスは、難航するか停止している。ITリーダーは、本展望リサーチを活用することで、ロボティック・プロセス・オートメーションの利用を再検討し、ハイパーオートメーションに対する規律あるアプローチを開始できる。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:顧客サービス/サポートにおけるCRM

B. Manusama N. LeBlanc P. Jenkins P. Rathnayake J. Davies J. Robinson
顧客サービス部門は「ハドル・グループ」を取り入れるように刷新され、それにより、メッセージング・プラットフォームを通じて、より先取的なアウトバウンドのやりとりが開始される。その結果、同部門はプロフィット・センターとなるであろう。アプリケーション・リーダーは、こうした未来を自社でどのように実現するかを調査すべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー

Gartnerのペース・レイヤ・アプリケーション戦略:その基礎と活用すべき理由

L. Mangi B. Swanton S. Van Der Zijden
テクノロジの変化、ビジネス需要の複雑さ、業界固有の要件に対処するためには、アプリケーション戦略が動的なものでなければならない。アプリケーション・リーダーは、Gartnerのペース・レイヤ・アプリケーション戦略を活用することで、ビジネスを差別化し、イノベーションを促進することができる。

日本におけるアプリケーション・リーダー

CXの施策を正当化する4つのアプローチ

M. Chiu E. Thompson D. Scheibenreif J. Dunne
Gartnerが調査したところ、CXの価値や投資収益率を、注意を要するクリティカルな状況として示せていないことが判明している。これに対処するために、アプリケーション・リーダーは、CXの施策についてGartnerが提示する4つの正当化アプローチから自社に最適なものを選択する必要がある。

日本におけるアプリケーション・リーダー

サーベイ・アナリシス:ERPとRPAの相乗効果を高めるには

K. Motoyoshi Y. Abe
ERPユーザーによるRPAの活用が進んでいる。本リサーチノートでは、ガートナーITデマンド・リサーチの調査結果に基づき、ERP関連業務における作業の迅速化や生産性の向上を図りたいと考えるアプリケーション・リーダーを対象に、RPA活用のトレンドに加え、効果や課題を分析し、望ましい推進体制や取るべきアクションを提言する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

イノベーション・インサイト:APIプラットフォームを躍進させるデジタル統合ハブ

M. Pezzini E. Thoo
アプリケーション・リーダーは、記録システムへの負荷を極力抑えながら、高スループットのレスポンシブで信頼性の高いAPIを提供することに苦戦している。APIプラットフォームをデジタル統合ハブによって拡張すれば、アプリケーション・リーダーはそのような課題に対処し、さらにアナリティクスやデータ統合を実現して付加価値を提供することができる。

日本におけるアプリケーション・リーダー

データベース環境の近代化戦略:自らの意志と責任で推進する

T. Ichishi
商用データベース製品のライセンス・ポリシー変更や保守料金の値上げに嫌気が差し、環境を変えたいが他社はどうしているのか、というガートナーへの問い合わせは、数年にわたって一定の頻度で寄せられ続けている。組織のITリーダーがSIベンダーなどの第三者に任せきりにすることなく、自らの意思を反映したデータ管理環境の近代化戦略を描いて推進しなければ、こうした状況はいつまでも変わらないであろう。

日本におけるアプリケーション・リーダー

日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2020年

K. Kawabe
顧客からの信頼は、平常時はもちろん不確実な環境下においてはなおさら、ビジネスの成否を左右する。本ハイプ・サイクルでは、日本のCIOおよびアプリケーション・リーダーが把握しておくべき、顧客との強固な関係構築を支援するCRMおよびカスタマー・エクスペリエンス関連のアプリケーション/テクノロジの動向と今後の見通しを解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

マルチモデルDBMSと専用DBMSの組み合わせのどちらを選ぶか

M. Adrian D. Feinberg A. Ronthal
データ/アナリティクスのリーダーは、複数の専用DBMSをどの程度使用するかを判断する必要があるが、クラウドで利用可能なプロバイダーの豊富なポートフォリオは、その判断を難しくさせる。単一のマルチモデルDBMSは管理しやすく、費用対効果も高いため、大半のユースケースに適している可能性がある。

ツールキット

ツール:チケット・ベースでのアプリケーション/インフラストラクチャ保守運用コスト見積もり

G. van der Heiden N. Barton D. Barros
ソーシング、調達、ベンダー管理のリーダーは、本ツールを使用して、チケット・ベースのアプリケーション/インフラストラクチャ・サービスの全体的な工数とコストを見積もることができる。また、優先度とサポート・レベルごとにチケット当たりのコストを計算するとともに、チケットの解決に必要となるオンショア/ニアショア/オフショアのスタッフも算出できる。

ツールキット

ツール:リモートワークのTCOを計算する

L. Pierce J. Anderson R. Benitez C. Lozada S. Riley C. Silva J. Zhang
リモートワークの実施頻度の増加に伴い、多くのCIOは、COVID-19危機の収束後もリモートワークのサポートを継続し、自社のビジネス運用モデルとして恒久的なものにしようと考えている。本ツールで紹介するワークブックを使用すると、在宅勤務の従業員をサポートする際の増分ITコストやリスク、メリットを評価することができる。

ツールキット

ツール:デジタル・ワークプレース・インフラにおける20以上のコスト削減方法

M. Silver S. Kleynhans D. Wilson S. Downes R. Benitez C. Silva L. Wallin
新型コロナウイルス感染症の危機下において、デジタル・ワークプレースのI&Oに責任を負うITリーダーは、コストを削減し、可能な限り雇用を維持しようとしている。本ツールでは、ハードウェアやソフトウェア、サービスのコスト削減に関する20以上のヒントを提示する。

ツールキット

ツールキット:コスト最適化の取り組みの優先順位付けに、ガートナーの意思決定フレームワークとスコアリングを使用する

J. McGittigan C. Lozada J. Wilson
CIOは多くの場合、ITコスト最適化の複数の取り組みを検討しているが、それらすべてが同じメリットをもたらすわけではない。本ツールキットは、メリット、コスト、期間、リスクに関してスコアを付け、それぞれの取り組みを客観的かつ視覚的に表現することにより、CIOがITコスト最適化の取り組みに優先順位を付けられるよう支援する。

ツールキット

ツールキット:ITコスト最適化のステータス・チェック

C. Ganly
コスト最適化はCIOにとって引き続き優先順位の高い課題であるが、現状のアプローチが必ずしも望ましい成果や結果を生んでいるとはいえない。CIOは、ITコスト最適化に対するアプローチの現状を評価し、より良い成果を得るために、根本的な見直しを行わねばならない。

コスト最適化とビジネスの勢いを促進するツール

この先の回復と繁栄に向けて、
ビジネスを持続するためにいま必要なサポート。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850