パンデミックによるビジネスへの影響に対するガートナーの知見

レポート一覧
(4月9日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

インフラ

ARとVRが営業活動を変革する

2021年4月9日
営業活動がますますバーチャルで行われるようになっているため、ARとVRはバーチャルにおける営業プロセスの効率化や効果を高める可能性がある。本リサーチノートでは、AR/VRテクノロジが営業活動に及ぼす影響に着目し、採用の阻害要因を特定した上で、ITリーダーがそれらに備えるための助言を提供する。

インフラ

ITオペレーション監視の戦略的ロードマップ:2021年

2021年4月5日
デジタル・ビジネス・ディスラプション、アプリケーションとインフラストラクチャの変更、COVID-19のパンデミックを受けて、I&OリーダーはIT監視戦略を見直している。本リサーチノートに示す戦略的ロードマップでは、進化させるべきIT監視の重要な側面と、I&Oリーダーが2025年においても自らの存在価値を維持するために取るべき移行ステップを明らかにする。

インフラ

2021年の展望:日本におけるテクノロジ人材の将来

2021年3月31日
本リサーチノートでは、日本において具体的なテクノロジに携わる「テクノロジ人材」について、日本企業のIT部門や情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。各企業は、本リサーチノートに記載するクリティカルな状況を回避すべく、早期に有効なアクションを取る必要がある。

インフラ

2021年の展望:日本のテレワーク成功の勘所

2021年3月31日
企業におけるテレワークの導入は急速に進み、新たなステージに入った。本リサーチノートでは、日本企業のIT部門が2021年以降のテレワーク戦略を策定する際に注目すべき今後3~5年の展望を取り上げて解説する。

インフラ

テレワークのセキュリティ:全体像の把握に欠かせない3つの視点

2021年3月25日
テレワークがもはや当たり前のように位置付けられている中、それをセキュアにするための活動という点では実施すべき範囲は広く、やるべきことも多岐にわたる。本リサーチノートでは、このようなテレワーク/リモートワークのセキュリティをどのようにすれば俯瞰的に捉えることができるのか、ITおよびセキュリティのリーダーが実践すべき重要ポイントを述べる。

インフラ

2021年の展望:セキュリティの崩壊

2021年3月19日
加速するデジタル化により、今後セキュリティとプライバシーはさらにその定義を拡張し重要なものとなっていくが、さまざまな部分でほころびが生じている。本リサーチノートでは、2021年以降、ITとセキュリティのリーダーにとって重要となるチャレンジを取り上げ、それらに対する推奨事項を述べる。

インフラ

在宅勤務をサポートするネットワークのベスト・プラクティス

2021年3月10日
多くの企業が、新型コロナウイルス感染症の蔓延を受けて導入した大規模なリモートワークというオプションを、今後も維持しようと考えている。I&O部門のリーダーは、リモートワーカーのユーザー・エクスペリエンスの最適化とセキュリティの強化を実現すべく、本リサーチノートで概説するネットワーキングのベスト・プラクティスを採用する必要がある。

インフラ

2021年の展望:新たなネットワーキングへの移行を進める

2021年2月26日
新型コロナウイルス感染症の影響により、日常的な働き方からビジネスの在り方までにわたるさまざまな変化がもたらされたことで、多くの企業が自社ネットワークの根本的な見直しを迫られている。本リサーチノートでは、ITリーダーおよびI&Oリーダー、ネットワーク・リーダーを対象に、既に始まりつつある新たなネットワーキングへの移行に関する2021年以降の展望を示す。

インフラ

2021年の展望:日本のデジタル・イノベーションとブロックチェーン

2021年2月26日
新型コロナウイルス感染症に起因する問題が広がる中、多くの日本企業が経営レベルでデジタル・トランスフォーメーションをより強く志向する傾向が強まっているが、そこには落とし穴がいくつもある。テクノロジを駆使したイノベーションを進めようとする企業は、落とし穴を回避し素早く取り組みを進めていくべきである。本リサーチノートでは、デジタル・トランスフォーメーションの中でもデジタル・イノベーションとブロックチェーンを取り上げ、イノベーションに関わるリーダーが知っておくべき展望について述べる。

インフラ

ランサムウェア攻撃に備える方法

2021年2月10日
ランサムウェア攻撃は増加を続けており、その手法はますます高度化し、標的を絞ったものになっている。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自社をランサムウェアから防御する活動をサポートすべく、エンドポイント以外にも目を向ける必要がある。

インフラ

2021年の展望:不確実な未来に向けてすべきことを実行する ― トレンド・インサイト・レポート

2021年2月10日
テクノロジが与える影響を予測することは、グローバルな変化が起きるタイミングを予測することよりもはるかに容易である。ひとたび危機が起こればグローバルな変化が生じ、そうした変化に継続的に対処しなくてはならないことを、COVID-19によってほとんどの人が認識する。本リサーチノートでは、不確実性に満ちあふれた現在を踏まえて未来を展望する。

インフラ

COVID-19はエッジ・コンピューティングの将来をどう変えたか

2021年2月5日
COVID-19のパンデミックとそれによって引き起こされた経済危機は、エッジ・コンピューティングの展開に直接的な影響を及ぼし、エッジ・コンピューティングの将来を変えた。I&Oリーダーは、エッジ・コンピューティングに関わる戦略の変更と新たな要件に備えるべきである。

インフラ

ユニファイド・エンドポイント管理のマジック・クアドラント

2021年1月29日
UEM市場は、劇的な変化と新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより激動の1年となった。過去12カ月のうちに、レガシーCMTの限界が露呈し、I&Oリーダーは、複雑性の低減、ロケーション非依存のデバイス管理、デバイスのパフォーマンスとユーザー・エクスペリエンスを追跡し改善するアナリティクスを求めて、UEMに目を向けた。

インフラ

スマート・シティ・イニシアティブにおける5G導入の留意点

2021年1月29日
5Gは、スマート・シティに不可欠な要素になるが、2020年時点ではテクノロジを巡るハイプと非現実的な期待という問題を抱えている。エンタプライズ・アーキテクチャとテクノロジ・イノベーションのリーダーは、5G計画を策定し、広範な無線ポートフォリオに位置付ける必要がある。

インフラ

2021年の展望:ペーパーレスとプロセスの電子化

2021年1月25日
新型コロナウイルス感染症の影響により、企業のプロセスから紙と印鑑をなくすトレンドが加速し、そうした取り組みも以前よりは進めやすくなっているが、その進度は企業によって大きく異なる状況である。本リサーチノートでは、日本におけるペーパーレスとプロセスの電子化の将来を展望する。

インフラ

COVID-19後の世界:未来志向型セキュリティ

2021年1月20日
COVID-19の影響は在宅勤務の急増だけではなく、今後数年内でのオンライン化、デジタル化を加速させる大きなインパクトを持つ。本リサーチノートでは、この大変化の時代において、ITおよびセキュリティのリーダーが未来を見据え、組織を正しい方向へ導いていくための方法を解説する。

インフラ

WANエッジ・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

2020年12月25日
ネットワーキングに責任を負うI&O部門のリーダーは、デジタル・トランスフォーメーションや加速するクラウド採用に対応すべく、WANエッジ・インフラストラクチャの刷新を迫られている。I&Oリーダーは、アプリケーションに対するエンドユーザーのコネクティビティという要件の高まりに対処しているSD-WANベンダーを選択する必要がある。

インフラ

2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド

2020年12月25日
2020年に発生した未曾有の社会経済的課題を受けて、将来のビジネスに向けた組織の可塑性を追求することが重要になっている。ITリーダーは、レジリエンスの高いデリバリ・モデルのオペレーションと、社内外のステークホルダーのPeople Centricityにフォーカスしながら、ロケーションに依存しないサービスを提供しなくてはならない。

インフラ

サーベイ・アナリシス:リモートワークについて企業はどう捉えているのか

2020年12月25日
2020年10月にガートナーが実施したIT利用動向調査では、日本企業におけるリモートワークは、急速に普及が進み、新たなステージに入ったことが明らかになった。本リサーチノートでは、企業におけるリモートワークの実施動向と課題を明らかにし、インフラ分野に関する留意点やその取り組みのポイントなどを解説する。

インフラ

ITサービス管理ツールのマジック・クアドラント

2020年12月18日
ITサービス管理ツールは、I&O部門が提供するサービスにビジネス価値をもたらす上で不可欠である。本マジック・クアドラントでは、I&Oリーダーが現在と将来のITロードマップとの整合性が取れたITサービス管理ツールを選択できるよう、エンタプライズITサービス管理ツール市場のベンダーについて解説する。

インフラ

BYOPCの実現:リスクを管理し、ビジネスを継続させる

2020年12月10日
かつてないリモートワークの急拡大を受けて、フルマネージド型ノートPCを利用する常時VPN接続を超える戦術的対応が必要になっている。企業が事業継続性を維持するには、I&O部門のリーダーが、社内のセキュリティ・モデルと利用ポリシーを変更する一方で、非マネージド・デバイスと信頼性の低いデバイスに対するアクセスを拡大しなければならない。

インフラ

クラウドのセキュリティ:2021年に向けて留意すべき重要論点と推奨

2020年12月10日
クラウドの採用が急速に進む中、「クラウドのセキュリティ」と一口に言っても、そこにはさまざまな課題や論点が存在する。ITとセキュリティのリーダーは、2021年に向けて本リサーチノートに提示した重要な論点を押さえ、自社における取り組みに反映させる必要がある。

インフラ

ノートPCとデスクトップPCの推奨構成:2020年

2020年12月10日
2020~2021年におけるエンタプライズ向けPCの構成は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う働き方の変化により複雑化している。PCの調達を担当するI&Oリーダーは、ユーザーのワークスタイルに合わせて過不足のない選択を行い、ハードウェアを購入する必要がある。

インフラ

多要素認証でリモート・アクセスのセキュリティを強化する

2020年11月25日
COVID-19のパンデミックによりリモートワークへの移行の動きが加速され、企業は大人数の従業員に対して安全なリモート・アクセスを急ぎ提供する必要に迫られた。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、あらゆる種類のリモート・アクセスを対象とした多要素認証とアクセス管理に投資し、迅速に規模を拡大する計画を立案すべきである。

インフラ

プライバシーと個人情報保護の状況:2020~2022年

2020年11月13日
COVID-19のパンデミックがもたらしたニュー・ノーマルへの調整が世界規模で進んでいる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、罰金やレピュテーションの低下といった損害のリスクに自社をさらすことなく、規模の拡大やパフォーマンス改善、そして緊縮予算に対応できるよう、社内のプライバシー・プログラムを変更する必要がある。

インフラ

コンピューティング・インフラストラクチャの戦略的ロードマップ:2020年

2020年11月10日
新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、企業が場所や時間を問わず任意のプラットフォーム上でデータとアプリケーションを活用することへのニーズが高まった。こうしたニーズに対応するために、I&Oリーダーは、柔軟性と俊敏性を向上させるコンピューティング・インフラストラクチャ戦略を採用しなくてはならない。

インフラ

日本のデジタル・ビジネス:ウェビナー参加者の声から

2020年10月30日
ガートナーが開催した日本のデジタル・ビジネスに関するウェビナーでは、デジタル・ビジネスに関するトレンドを説明するとともに、参加者に向けてリアルタイムで2つのアンケートを実施し、質疑応答を経て、セッションへのフィードバックを得た。本リサーチノートでは、同アンケートの結果と参加者の生の声がどのようなものであったかをまとめ、イノベーション・リーダーに対する提言を行う。

インフラ

会議ソリューションのクリティカル・ケイパビリティ

2020年10月30日
会議ソリューション・プラットフォームは、社内コラボレーションからプレゼンテーション、トレーニング、大規模イベントまでに至るさまざまなユースケースをサポートしている。アプリケーション・リーダーは、基本的な動画・音声機能を超えて、仮想プライベート・アシスタント機能や高度なレポーティングといった分野に注目する必要がある。

インフラ

デジタル・ワークプレースI&Oの戦略的ロードマップ:2020年

2020年10月30日
近代的なデジタル・ワークプレースはデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションのキーとなり、リモートワーク、フロントライン・ワーカーの増加、無数のデバイスとクラウドをサポートする必要がある。I&Oリーダーは、これらを実現するアプリケーションやテクノロジ、スキルの近代化を加速させなくてはならない。

インフラ

リモートからの特権アクセスをセキュアにする

2020年10月20日
本リサーチノートでは、「サードパーティのシステム管理者向けのリモート特権アクセスをセキュアにするにはどうしたらよいか」という質問に回答する。ガートナーは、特権アクセス管理ツールを使って、リモート特権アクセスのコンプライアンス要件を満たし、リモート・アクセス関係のセキュリティ・リスクを緩和することを推奨する。

インフラ

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年

2020年10月9日
本ハイプ・サイクルは、今後5~10年にわたってビジネス、社会、人に大きなインパクトをもたらす先進テクノロジに焦点を当てるものであるが、2020年版では、コンポーザブル・エンタプライズを実現するもの、テクノロジに対する社会の信頼回復を目指すもの、人間の脳の状態を変化させるものを取り上げる。

インフラ

テレワークにおける6つのFAQ

2020年9月30日
多くの企業が緊急的にテレワークを実施した結果、ITインフラに関するさまざまな課題が発生し、企業のデバイス環境やリモート・アクセスの仕組みなどについての質問がガートナーに寄せられた。本リサーチノートでは、今後企業にとって「ニュー・ノーマル」となり、IT部門でも本格的な取り組みが求められるテレワークを実施する上でのインフラ分野に関する留意点や取り組みのポイントなどを、I&Oリーダーに向けてFAQ形式で解説する。

インフラ

リモートワークを前提にセキュリティを再設計する

2020年9月25日
リモートワークを前提としたセキュリティを設計する際は、CISOを含むセキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーがその取り組みをどこでどのように管理するかを見直す必要がある。セキュアなワークプレースのためには、従業員の働き方、テクノロジ面での制約、リモートワークで取り扱われるアプリケーションとデータに注目すべきである。

インフラ

エンドユーザー環境を分類し、デジタル・ワークプレース環境を最適化する

2020年9月10日
リモートワークが台頭し、新しいテクノロジが利用可能になっていることにより、既存のユーザー・セグメンテーション・モデルは時代遅れになっている。I&Oリーダーは、セグメンテーション・モデルを更新して働く場所と実行されるプロセスを重視することによって、デジタル・ワークプレースのI&Oを適正化する必要がある。

インフラ

注目を集める「ゼロトラスト」に惑わされない

2020年9月4日
セキュリティを語る言葉として「ゼロトラスト」が多用され、混乱が生じている。ITとセキュリティのリーダーは、ハイプに惑わされず一貫した取り組みを進める必要がある。

インフラ

パンデミックとその後を見据えた有効なITサービスデスクの在り方とは

2020年8月31日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、ビジネス部門のユーザーとIT部門のサービスデスク担当者の両者がテレワークを強いられているため、I&O部門のリーダーはITサポートの提供方法を変更する必要がある。本リサーチノートでは、I&Oリーダーが導入しているアプローチと、「新たな日常」への移行がITサポートの代替手段への取り組みを加速させている状況を解説する。

インフラ

電子契約と電子サイン:印鑑文化からの脱却を目指す

2020年8月31日
テレワークへのニーズが拡大する中、紙と印鑑をなくそうとする動きが強まり、電子契約や電子サインに関してガートナーに寄せられる問い合わせが急増している。本リサーチノートでは、電子契約と電子サインについて解説し、これらを取り入れる上でITリーダーがなすべきことを提言する 。

インフラ

新たな時代に向けて獲得すべきマインドセット:パート3

2020年8月31日
新たな時代に向けて、企業や組織における「人」は、新しいマインドセットを獲得しなければならない。3部構成シリーズのパート3である本リサーチノートでは、短期P/Lと中長期の企業価値、妄想とリアリティ、成功・失敗と経験といったテーマを取り上げる。

インフラ

新たな時代に向けて獲得すべきマインドセット:パート2

2020年8月31日
新たな時代に向けて、企業や組織における「人」は、新しいマインドセットを獲得しなければならない。3部構成シリーズのパート2である本リサーチノートでは、「何でも松」と「松竹梅」、「丸投げ」と「自分で運転」、完璧と継続的改善、計画と戦略といったテーマを取り上げる。

インフラ

新たな時代に向けて獲得すべきマインドセット:パート1

2020年8月31日
新たな時代に向けて、企業や組織における「人」は、新しいマインドセットを獲得しなければならない。3部構成シリーズのパート1である本リサーチノートでは、未来志向のテクノロジ人材づくりやカルチャー変革を担うリーダーがマインドセットの観点から取るべき方向性を考え、変革を推進するきっかけを提示する。

インフラ

企業はVPNをやめてゼロ・トラスト・ネットワーキングに移行すべきか

2020年8月7日
在宅勤務が世界中で「新たな日常」となり、企業はリモート・アクセスのネットワーク環境の見直しや再整備を迫られ、市場では「ゼロ・トラスト」がバズワードと化して、企業がこれに振り回されるケースが増えている。本リサーチノートでは、ITリーダー、I&Oリーダー、セキュリティ・リーダーを対象に、リモート・アクセスに使用しているVPNをやめるべきか、ゼロ・トラスト・ネットワーキングにはどのように移行すればよいかについて解説する。

インフラ

日本におけるITオペレーション・マネジメントのハイプ・サイクル:2020年

2020年8月5日
企業は、デジタル・ビジネスの実現に向けた取り組みを進める中、COVID-19のパンデミック収束後のフェーズに備えて、従来の考え方や基準、手法、テクノロジのさらなる見直しを迫られている。本ハイプ・サイクルでは、転換期を迎えた日本のITオペレーション・マネジメントにおいて、COVID-19後を見据え、向こう10年にわたって重要となる注目すべき代表的なテクノロジや方法論を選定し掲載している。

インフラ

日本におけるDevOpsのハイプ・サイクル:2020年

2020年8月5日
日本におけるDevOpsは、これまで一部の先進企業やクラウド・ネイティブな企業による取り組みに限定されていたが、2019年から2020年にかけて、それ以外の一般企業での導入が広がりつつある。本ハイプ・サイクルでは、ようやく普及に向けて動きだした日本におけるDevOpsに関して、今後取り組みを開始する企業やその拡大を目指す企業が注目すべき、重要かつ代表的なテクノロジや方法論を選定し掲載している。

インフラ

アプリケーション・パフォーマンス監視のマジック・クアドラント

2020年8月5日
アプリケーション・パフォーマンス監視ベンダーは、クラウド・インフラストラクチャ、デジタル・エクスペリエンス、ビジネス・ジャーニーのサポート強化に伴い、アプリケーション・パフォーマンスがデジタル・ビジネスに及ぼす影響を予測する機能を拡大させている。アプリケーション・パフォーマンス監視ソフトウェアを選定するI&O部門のリーダーは、同機能の使いやすさと自動化の状況を評価する必要がある。

インフラ

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊と創造をもたらすテクノロジを、ITインフラという視点からまとめたものである。デジタル化を推進するCIOやイノベーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始すべきである。

インフラ

日本におけるクラウドとインフラストラクチャ戦略のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
クラウドとインフラストラクチャに関連するテクノロジは日々進化を続けている一方、多様化・複雑化するテクノロジについて、企業がこれらを整理しキャッチアップすることはかつてなく難しい状況になりつつある。本ハイプ・サイクルでは、クラウドと企業のITインフラストラクチャ戦略にまつわる主要なテクノロジを取り上げ、企業の戦略策定と推進を支援する。

インフラ

日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
新型コロナウイルス感染症拡大への対策をきっかけに、企業において新しいワークプレースの在り方に対する議論が進んでいるが、その中で新しい働き方を前提とした新しいセキュリティをどのように進めるべきかを悩み、模索を続けているところも多い。本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの領域におけるセキュリティについて、注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
サイバー攻撃を中心としたセキュリティ・リスクが及ぼす影響の範囲は拡大しており、多様化するインフラストラクチャにおけるセキュリティへの対応とリスク・マネジメントの必要性が加速している。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ

日本におけるセキュリティ (アプリケーション、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2020年

2020年7月31日
国内外で進行する法規制の整備とデジタル競争の激化を背景に、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応は、企業にとってますますクリティカルな取り組みになっている。本ハイプ・サイクルでは、この領域において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

インフラ

日本におけるエッジおよびユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2020年

2020年7月22日
本ハイプ・サイクルでは、企業ユーザーのIT環境に関わるエッジおよびユーザー・エクスペリエンス関連の主要なテクノロジを取り上げている。これからのデジタル時代において、現実世界とデジタル世界の境界でさまざまなサービスを提供するエッジおよびユーザー・エクスペリエンス関連のテクノロジは、さらに重要となる。

インフラ

サイバークライシス時代:セキュリティ・ベンダーを集約すべきか分散すべきか

2020年7月22日
これまで多様なベンダーが参入してきたセキュリティ市場において、今また新たな変化が起きている。本リサーチノートでは、セキュリティ市場における現在の大きな流れと、それを踏まえたベンダー選定の勘所をセキュリティ・リーダーに向けて解説する。

インフラ

Web会議ソリューションの利用において何を考慮すべきか

2020年7月22日
多くの企業において自宅などでのテレワークが「新たな日常」となり、Web会議ソリューションの利用が以前よりさらに進んでいる中、ガートナーには、音声や映像の品質に関する課題、ベンダーの選定、特にZoomへの期待と懸念、セミナーやトレーニングへの同テクノロジの適用など、多くの問い合わせが寄せられている。本リサーチノートでは、ITリーダー、I&Oリーダー、セキュリティ・リーダーに向け、Web会議ソリューションを利用するに当たり留意すべき点、よく利用されているベンダー、発展の見られる利用用途を解説する。

インフラ

COVID-19により高まるサイバーリスクへの対処:注力すべき7つの分野

2020年7月20日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックに際し、企業は従業員の健康の維持と事業の継続に注力している。人間の本質や、標準とは違う業務の進め方に攻撃者が付け入ろうとしているため、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自社のレジリエンスとセキュリティの確保に向けた取り組みを直ちに開始する必要がある。

インフラ

前時代的なクラウドの提案を回避し、大幅なコスト削減を実現する

2020年7月20日
クラウドの導入をシステム・インテグレーターに依頼しているユーザー企業は、提案内容が「前時代的なもの」になっていないかを確認することで、大幅なコスト削減の機会を得られる。

インフラ

ストレージのコスト削減:製品購買に関する8つの落とし穴 (2020年アップデート版)

2020年7月20日
新型コロナウイルス感染症が企業業績に影響を及ぼす懸念から、ITコスト削減へのニーズが強まる可能性が高まっている。本リサーチノートでは、ストレージのコスト削減に関して製品購買に焦点を絞り、企業が回避すべき落とし穴について述べる。

インフラ

COVID-19の混乱:テレワークに向けて注力すべき3つの分野

2020年6月30日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックが混乱を引き起こしているため、企業は、職場への出勤が困難なユーザーに、これをサポートするためのテレワークに向けたリソースを確保しなければならない。I&O部門のリーダーは、システムのストレス・テストを実施して、破壊的な事象に備えるための投資と能力をレビューする必要がある。

インフラ

新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワークの推進:BYODポリシーをどう策定するか

2020年6月25日
COVID-19対策の一環でテレワークを推進するに当たり、その選択肢としてBYODの導入を検討せざるを得ない企業が増加している。本リサーチノートでは、BYODにおいて検討すべき項目を取り上げ、ポリシー策定のためのガイドラインを提供する。

インフラ

日本の個人情報保護法の改正を機に、企業は何をすべきか

2020年6月19日
2020年6月5日に改正個人情報保護法が成立したが、昨今、企業が個人情報の扱いやプライバシーへの対応を誤ると、法的制裁、信用失墜、さらにはビジネスの継続すら困難になる事態にまで発展する。IT部門やセキュリティのリーダーは、本リサーチノートを参考に、注視すべき動向およびポイントを押さえ、セキュリティとプライバシーの取り組みを刷新する必要がある。

インフラ

日本のデジタル・ビジネス:これまでとこれから

2020年6月15日
新型コロナウイルスが社会を大きく変え、デジタル化が加速する可能性が高まる中、日本の企業は重要な岐路に立たされている。本リサーチノートでは、日本で実施した最新のユーザー調査の結果を交えてこれまでの日本のデジタル・ビジネスを振り返り、日本企業のITリーダーに向けた提言を行う。

インフラ

I&Oリーダーは「インフラストラクチャが主導するディスラプション」の構想と推進を開始せよ

2020年6月5日 
「アフターコロナ」といったかつてない変化の時代に対応するためにも、I&Oリーダーは、ケーススタディを調査して、インフラストラクチャが主導するディスラプションの構想を今すぐ開始すべきである。

インフラ

新型コロナウイルス対策:最新のリモート・アクセスの課題を解決する

2020年5月25日
リモート・アクセスVPNは、新型コロナウイルス感染症が人々の働き方を変えるまで、廃れつつあるテクノロジと見なされていた。本リサーチノートでは、SRMリーダーが最新の大規模なリモート・アクセスの迅速な拡張という課題を解決できるよう、意思決定ツリーを含むガイダンスを提供する。

インフラ

新型コロナウイルス感染症と2020年東京オリンピック・パラリンピック延期によるセキュリティへの影響

2020年5月25日
サイバー攻撃の増加が懸念されてきた2020年東京オリンピック・パラリンピックが、新型コロナウイルス感染症の影響によって延期された。現実世界のウイルスに起因する不透明な状況が続く中、サイバー空間のウイルスといった脅威の追い打ちを受けないために、現状を理解し、今後取り組むべきことを明確にする必要がある。

インフラ

新型コロナウイルス感染症への対応:I&Oリーダーが取るべき7つのコスト削減アクション

2020年5月15日
新型コロナウイルス感染症の蔓延が、全世界でビジネスや業務の継続性に深刻な悪影響を及ぼしている。I&O部門のリーダーは、自社に短期的なコスト削減効果をもたらすべく、コスト削減アクションに優先順位を設定して実行に移す必要がある。

インフラ

新型コロナウイルス感染症がクラウドにもたらす脅威と機会

2020年4月30日
新型コロナウイルス感染症はクラウド・プロバイダーに脅威と機会をもたらす可能性があり、プロバイダー各社は、自社サービスの耐障害性テストから、テレワークをサポートするサービスのディスカウントまで、さまざまな対応を進めている。クラウド・プロバイダーのテクノロジ部門のゼネラル・マネージャーは、パンデミックの発生中、さらにはその収束後に自社ビジネスを存続させるべく準備し、自社ソリューションをテストしておく必要がある。

インフラ

テレワーク・セキュリティの基本を押さえるためのFAQ

2020年4月24日
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対応の一環として、テレワークの検討や実施の動きが加速しているが、多くの企業では、セキュリティをどのように考えればよいのかという点について混乱が見られる。本リサーチノートでは、テレワークのセキュリティの検討をこれから開始する、あるいは見直す際に、企業が最低限認識すべきセキュリティの基本についてFAQ形式で解説する。

インフラ

テレワークの効率性を高めるペーパーレスとファイル活用の基本

2020年4月15日
新型コロナウイルス感染症による企業への影響が広がる中、テレワークやコラボレーションを阻む「紙問題」を解決せねばならない状況が浮き彫りになっている。本リサーチノートでは、ペーパーレスやファイル活用に対応するITリーダーがなすべきことについて提言する。

インフラ

IT部門が押さえておくべき5大脅威とセキュリティ・インシデント:2020年

2020年3月31日
本リサーチノートでは、昨今大きく報道されているサイバー攻撃や新型コロナウイルス感染症などの関連ニュースを取り上げ、それらに対するCIOおよびIT部門のリーダーへの推奨事項を述べる。

インフラ

緊急的なテレワークの実施:主要な論点を整理する

2020年3月25日
新型コロナウイルス感染症の拡大は日本企業にかつてない試練をもたらしており、その対策の一環としてテレワークの推進が求められている中、いまだに何をしたらよいか分からない企業も存在する。こうした企業のI&Oリーダーは、本リサーチノートで解説する論点を整理することにより、テレワークの初期の検討と実施を加速できる。

インフラ

セキュリティは「禁止」から「許可」へ (デジタル・ワークプレースのセキュリティ:テクノロジ編)

2019年9月25日
デジタル・ワークプレースを推進する上で、セキュリティの重要性はこれまで以上に高まっている。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレースのような新たな環境におけるセキュリティを実践するに当たり、ITおよびセキュリティのリーダーが認識すべき重要な点と推奨事項を述べる。

インフラ

セキュリティと利便性のバランスに挑む (デジタル・ワークプレースのセキュリティ:全体編)

2019年7月19日
デジタル時代の到来とともに、セキュリティは現在大きな転換期を迎えている。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレースのような新たな環境におけるセキュリティのために、従来のマインドセットからどのように脱却すべきなのか、ITおよびセキュリティのリーダーが認識すべき重要な点と推奨事項を述べる。

インフラ

働き方改革のセキュリティ:パート3「モバイル・デバイスを利用する際のセキュリティ」

2018年9月28日
新しいワークスタイルを推進するに当たり、クラウドやモバイルの利用がより加速することが考えられる。本リサーチノートでは、モバイル・デバイスのセキュリティに焦点を当てて、ITリーダーが特に留意すべき重要な点と推奨事項を述べる。

インフラ

もし、サイバー攻撃を受けてしまったら - 業務の混乱への備えと対応

2017年11月20日
サイバー攻撃が急速に高度化し規模が拡大しているという経営層の認識は、企業の財務や評判に及ぼす影響に対する認識と同様に、世界で飛躍的に高まっている。企業全体でのリスクの効果的な封じ込めを確実なものとするために、サイバーセキュリティと事業継続管理のリーダーは、対応プロセスやリカバリ・プロセスを調整すべきである。

アプリ

2021年の展望:顧客サービス/サポートにおけるCRM

2021年4月5日
顧客サービス部門は「ハドル・グループ」を取り入れるように刷新され、それにより、メッセージング・プラットフォームを通じて、より先取的なアウトバウンドのやりとりが開始される。その結果、同部門はプロフィット・センターとなるであろう。アプリケーション・リーダーは、こうした未来を自社でどのように実現するかを調査すべきである。

アプリ

未来のアプリケーションに向けた3つの戦略的変革

2021年3月31日
新型コロナウイルス感染症のパンデミック後も、多くの急激なビジネス変化に対応するためには、経営視点からのビジネスの見直しをアプリケーションにダイナミックに反映することが不可欠となる。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーを対象に、そのために必要な3つの変革、すなわちオペレーション・モデルの変革、アプリケーション内部アーキテクチャの変革、アプリケーション全体の統合に関する構造変革について解説する。

アプリ

国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2021年 (営業編)

2021年3月25日 
CRMアプリケーション・ソフトウェアを提供するベンダーの規模は大小さまざまであり、特に国産ベンダーとグローバル規模の外資系ベンダーでは性質や位置付けが大きく異なる。本マーケット・ガイドでは、CRMベンダーのうち、営業アプリケーションを提供する国産ベンダーにフォーカスし、その位置付けと特徴を解説するとともに製品選定の際の留意点をアプリケーション・リーダーに提言する。

アプリ

2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド:トータル・エクスペリエンス

2021年3月15日
顧客や従業員のやりとりは、大幅かつ恒久的に変化し、モバイル化・仮想化・分散化が進んでいる。ITリーダーは、連携された優れたエクスペリエンスを顧客や従業員にもたらし差別化につながるデジタル・トランスフォーメーションを推進するために、トータル・エクスペリエンス戦略を適用しなければならない。

アプリ

2021年の展望:COVID-19がデジタルへのシフトとコマース・モデルの進化を加速

2021年3月5日
新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの企業にとってデジタル・コマースが顧客の主要な購入チャネルとなっている。売り上げを伸ばし、市場シェアを維持するために、デジタル・コマース・テクノロジを担当するアプリケーション・リーダーは、顧客の購入習慣の変化に迅速に適応しなければならない。

アプリ

2021年の展望:不確実さを増す時代における新たな働き方

2021年2月25日
さまざまな環境の変化が起こる中、新たな働き方によってビジネスの成長をもたらすには、顧客への影響を考慮した働き方の改革が必要となる。本展望リサーチでは、これを支援するために今後3~5年にわたって必要とされるアプリケーションの活用方法に焦点を当て、アプリケーション・リーダーに向けた提言を行う。

アプリ

CXに貢献するアプリケーションを選定・実装する際の最重要3項目

2021年1月29日
CXへの関心の高まりとともに、CXに貢献するアプリケーションの選定・実装を担うアプリケーション・リーダーの数も相応に増加しているが、CXがもたらすビジネス・インパクトを考慮しない限り、期待どおりの成果をもたらす適切なアプリケーションを選定し実装することはできない。本リサーチノートでは、自社が求めるCXに対してどのようなアプローチで適切なアプリケーションを選定・実装すべきかについて提言する。

アプリ

2021年の展望:日本企業の継続的な成長を支える未来のアプリケーション

2021年1月29日
レガシー・アプリケーションがデジタル変革を妨げ、回復や成長の足かせとならないよう、アプリケーション・リーダーは「未来のアプリケーション」の姿を描き出し、その実現に向けて今すぐに着手しなくてはならない。本リサーチノートでは、Gartnerの考える仮説や展望と共に、2021年に取るべきIT戦略の一端を示す。

アプリ

2021年の展望:人材管理テクノロジによるトランスフォーメーション

2021年1月25日
世界中の企業が、継続的な人事プロセスを評価・導入することで、パンデミックによる混乱に対処し、回復しようとしている。HCMのトランスフォーメーションに取り組むアプリケーション・リーダーは、ワークフォース・マネジメント/プランニング、非正規要員ツール、ラーニングに対する投資を優先して、ステークホルダーの期待に応える必要がある。

アプリ

2021年の展望:エクスペリエンスをアプリケーション戦略の中心に据えよ

2021年1月25日
今、顧客や従業員のエクスペリエンスをトータルで捉え、そのエクスペリエンスを改善することが、企業のビジネス価値の向上につながるという認識が広がりつつある。アプリケーション・リーダーは、本展望リサーチを参考に、エクスペリエンスを要としたアプリケーション戦略を構築されたい。

アプリ

国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2021年

2021年1月20日
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響を強く受ける年となったが、そのような混乱期にあってもCRMアプリケーション・ソフトウェアは成長を遂げており、特に非対面での顧客応対業務を支援する手段として注目度が高まった。本リサーチノートは、外資系ベンダーとは異なる性格を持つ国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説する、2021年1月時点の最新情報である。

アプリ

従業員がMicrosoft Teamsを効果的に活用するための基本的な6つのプラクティス

2020年12月25日
従業員にMicrosoft Teamsを効果的に使用させることは、なかなか容易ではない。ガートナーは、デジタル・ワークプレース・アプリケーションの責任を担うアプリケーション・リーダーが、このツールを使用する従業員のデジタル・デクステリティを向上させるために採用できる6つのプラクティスを提示する。

アプリ

日本におけるデータ流通や取引の現状に関する考察:2020年

2020年12月25日
2020年において、データの流通や取引関連の取り組みに大きな進展は見られなかった一方、新内閣の発足によってデジタル庁創設に向けた基本方針が示され、各省庁が五月雨式に作ってきたデータ流通や取引の関連団体を一枚岩にしようとしている。そうした中、本リサーチノートでは、この先にどういった展開があるのかについて考察する。

アプリ

サーベイ・アナリシス:アプリケーション戦略不在で大変革期を乗り越えられるか

2020年11月25日
ガートナーITデマンド・リサーチが2020年5月に実施した調査からは、日本企業のアプリケーション戦略についての考え方が、また同年6月に行った調査からは、企業内の個人から見た業務アプリケーションの問題点が明らかになった。日本企業のアプリケーション・リーダーは、コロナ禍をきっかけに積年のレガシー・アプリケーションの問題解決を迫られており、この難局を乗り越えるための一歩として、自社のアプリケーションのあるべき姿を実現する戦略づくりに着手しなくてはならない。

アプリ

デジタル・コマースのマジック・クアドラント

2020年11月25日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、ユーザー企業はデジタル・コマース・アプリケーションの採用を迫られ、ベンダーは新しいアプローチと価格設定モデルを強いられたため、デジタル・コマースの市場は新たな高みへと押し上げられている。本マジック・クアドラントでは、デジタル・コマースをサポートするアプリケーション・リーダーが十分な情報に基づいて評価を下せるように、ベンダー15社の存続力を評価する。

アプリ

COVID-19後のビジネスの成功に欠かせない5つの「必須」財務スキル

2020年11月13日
テクノロジに投資しても、必要なスキルが組織に備わっていなければ、財務アプリケーション・リーダーは、COVID-19による混乱の中でビジネス上の優位性を獲得できない。本リサーチノートは、財務アプリケーション・リーダーが組織の成功を支えるのに欠かせない「必須」スキルを特定して開発できるよう支援するものである。

アプリ

CRMリード管理のマジック・クアドラント

2020年11月5日
顧客を獲得するには、妥当性とコンバージョンを促進し、成長を実現するために、購入者の動機と振る舞いに対する深いインサイトが必要である。アプリケーション・リーダーは、マーケティング部門および営業部門のチームと協業し、自社に適したリード管理アプリケーションを評価しなければならない。

アプリ

クラウド・コンタクトセンター・プラットフォームでMicrosoft Teamsを最大限に活用するには

2020年11月5日
Microsoft Teamsは定番の企業向けコラボレーション・プラットフォームであるが、コンタクトセンター機能については、ほとんどの主要なユースケースにおいて十分とはいえない。本リサーチノートは、ワークプレースが次第に分散化する中で、アプリケーション・リーダーと、コンタクトセンター機能を提供するMicrosoft Teamsのパートナーが、いつ、どのように協業すべきかを検討する一助となる。

アプリ

データ統合ツールのマジック・クアドラント

2020年10月30日
データ統合ツール市場は、ハイブリッド・クラウドあるいはマルチクラウドのデータ管理、拡張データ統合、およびデータ・ファブリック設計という要件へ早期に対応しようと再び活気づいている。20のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、データ/アナリティクス・リーダーがデータ統合のニーズに最適なものを選択する上で役立つ。

アプリ

営業支援のマジック・クアドラント

2020年10月23日
営業支援の市場は2019年に11.1%成長し、概算で78億ドルの市場規模に達しており、ベンダーは使いやすさ、営業予測、ガイド付き販売を改善した。15社のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、営業業務の遂行に関する要件を最も満たすソリューションをアプリケーション・リーダーが選定する上で役立つ。

アプリ

リモートワーカー/オフィス・ワーカー向け従業員生産性モニタリング・テクノロジから価値を引き出す

2020年10月15日
リモートワークが生産性の低下につながることを懸念して従業員生産性モニタリング・ツールに注目するリーダーもいれば、個人およびチームの生産性を向上させようとするリーダーもいる。デジタル・ワークプレースのアプリケーション・リーダーは、生産性モニタリング・ツールからいかにして価値を引き出すかを考えるとともに、倫理的なリスクも回避しなければならない。

アプリ

日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2020年

2020年10月5日
顧客からの信頼は、平常時はもちろん不確実な環境下においてはなおさら、ビジネスの成否を左右する。本ハイプ・サイクルでは、日本のCIOおよびアプリケーション・リーダーが把握しておくべき、顧客との強固な関係構築を支援するCRMおよびカスタマー・エクスペリエンス関連のアプリケーション/テクノロジの動向と今後の見通しを解説する。

アプリ

「働き方改革」に役立つアプリケーション/プラクティスを検証する

2020年10月5日
ガートナーでは「働き方改革」に役立つアプリケーション/プラクティスを2017年12月に発行したリサーチノートで提案したが、これらの取り組みの普及度合いと効果を改めて把握するために、2年半が経過した2020年5月にガートナーが実施した企業向けIT利用動向調査を基に、検証作業を行った。

アプリ

非常事態下の顧客応対業務を再点検することで得られる多大な利点

2020年9月25日
営業/販売など、顧客との直接対面を前提としていた業務では、新型コロナウイルス感染症が招いた非常事態によって非対面での代替的手法の採用を余儀なくされたが、同時に、これを通じて得た知見やスキルが、今後も発生し得る不確実な事態への備えとなった側面もある。本リサーチノートでは、今回発生した対応を含めて顧客応対の在り方を総合的に見直し、非常事態下であっても高度なカスタマー・エクスペリエンスを実現するために必要となるアクションを提言する。

アプリ

リサーチ・ラウンドアップ:職場勤務再開に向けてリモートワーカーの成果を最適化する

2020年9月15日
COVID-19のパンデミックを受け、組織は突然の在宅勤務需要に素早く対応しなければならなかった。本リサーチノートでは、経営幹部向けに、リモートワーク業務の改善、職場勤務を再開するための全体的な調整、将来のリモートワーク戦略の最適化に役立つリサーチを紹介する。 COVID-19のパンデミックを受け、組織は突然の在宅勤務需要に素早く対応しなければならなかった。本リサーチノートでは、経営幹部向けに、リモートワーク業務の改善、職場勤務を再開するための全体的な調整、将来のリモートワーク戦略の最適化に役立つリサーチを紹介する。

アプリ

日本における未来のアプリケーションのハイプ・サイクル:2020年

2020年9月10日
本ハイプ・サイクルでは、未来を見据えてアプリケーションに関する戦略を立てる上で、特に重要と考えられるテクノロジや概念などに関するキーワードを、エンタプライズ・アプリケーション分野全体から厳選し、解説する。各項目について2020年現在の状況や影響、採用のメリットと現実性、導入を成功させるためのポイントなどを把握するために活用されたい。

アプリ

日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2020年

2020年9月10日
本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現や実行に資するテクノロジやコンセプトを取り上げ、考察している。より生産性の高い業務環境の構築、柔軟な働き方の実現、働き方改革の推進に有効なこれらのテクノロジやコンセプトは、いずれも日本国内で利用可能であるか、今後日本に導入されることを前提に注視すべきものである。

アプリ

コンポーザブル・エンタプライズ:COVID-19後のアプリケーションに取り入れるべき重要な考え方

2020年9月4日
アプリケーションの未来に関するガートナーのリサーチノートには、アプリケーション・リーダーにとってCOVID-19後の効果的なアプリケーション戦略の指針となり得る重要な原則が含まれている。本リサーチノートでは、そうした原則とその影響のほか、適用方法について概説する。

アプリ

日本におけるデータとアナリティクスのハイプ・サイクル:2020年

2020年9月4日
本ハイプ・サイクルは、日本のITユーザー企業がデータとアナリティクスに関する重要かつ比較的新しいテクノロジや手法を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供するものである。2020年現在の日本におけるデータとアナリティクスに関連するテクノロジや手法の成熟度を評価し、採用のメリット、および導入を成功させるためのポイントを把握するために活用されたい。

アプリ

2020年のデータとアナリティクスにおけるテクノロジ・トレンドのトップ10

2020年8月7日
本リサーチノートは、2020年5月にガートナーが発行した「Top 10 Trends in Data and Analytics, 2020」を基に、日本の市場動向などを考慮に入れた分析や解説を付加したものである。データとアナリティクスに関わるリーダーは、各テクノロジ・トレンドを捉えながら、自社のビジネス戦略への影響を見極め、投資を含めた戦略を最適化して、パンデミック後の回復期に備える必要がある。

アプリ

CRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント

2020年8月5日
顧客サービス機能の統合により、CRM顧客エンゲージメント・センターは再定義されつつあり、ベンダーのロードマップでは、人工知能とデジタル・エンゲージメントへの増資が最優先事項となっている。本マジック・クアドラントは16社のベンダーを調査し、ますます複雑化するこの状況にアプリケーション・リーダーが対応できるよう支援するものである。

アプリ

「2025年の崖」克服に向けて:社内IT人材を育成し、アプリケーションを刷新せよ

2020年7月31日
企業のデジタル・トランスフォーメーションを阻む「2025年の崖」問題を克服するためには、IT人材の育成が必要である。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーを対象に、デジタル・トランスフォーメーションの推進につながるアプリケーション刷新に求められる社内IT人材をいかに育成するかについてアドバイスを提示する。

アプリ

中規模企業がリモートワークのメリットを獲得する方法

2020年7月15日
中規模企業のCIOは、リモートワーク・テクノロジを利用することで、全世界に影響を及ぼす出来事に際して、自社のレジリエンスを高めることができる。中規模企業におけるCIOは、リモートワークによる生産性の低下を恐れているCレベルの経営幹部の懸念を払拭し、メリットを強調するために、人事部門と共同作業を行う必要がある。

アプリ

業務の自動化:幅広い選択肢でハイパーオートメーションへ

2020年6月25日
多くの企業が、人材不足への対応や効率化のために、業務の自動化を重要課題に掲げているが、そうした企業ではRPA以外の選択肢に対する認識や理解が希薄である。本リサーチノートでは、業務の自動化を実現する複数のカテゴリからテクノロジの主な選択肢を示し、それぞれの特徴と共に関連する必読リサーチを紹介する。

アプリ

新型コロナウイルス感染拡大下の顧客サービス:デジタル/セルフサービスの強化

2020年5月20日
新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの顧客サービス・チームには膨大なリクエストが殺到している一方で、コンタクトセンターの規模は縮小されている。顧客サービスを支援するアプリケーション・リーダーは、短期的・長期的なレジリエンスを確保するために、デジタル・サービスとセルフサービスに関する自社の対応力を強化しなければならない。

アプリ

新型コロナウイルス感染症による外出自粛期の最重要CRM営業テクノロジ

2020年5月15日
新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、営業担当者はもはや従来の商習慣に頼ることができず、顧客と関わる方法も変化している。営業活動を支援するアプリケーション・リーダーは、プランニング、ガイド付き販売、会話インテリジェンス、予測、デジタル・コマース、価格設定の新たなテクノロジを採用すべきである。

アプリ

COVID-19パンデミックへの対応で採用が急増する会議/ワークストリーム・コラボレーション・ソリューション

2020年5月15日
新型コロナウイルス感染症の流行が、多くの企業のオペレーションに支障を来している。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーが会議ソリューションやワークストリーム・コラボレーション・アプリケーションの適切な活用によってリモート・ワーカー戦略をサポートし、ビジネスの中断を最小限に抑えられるよう支援する。

アプリ

新型コロナウイルスの感染拡大:CIOが取るべき短期・長期的アクション

2020年4月10日
新型コロナウイルス感染症は、企業のオペレーションを混乱させ、事業継続、働き方、成長戦略に影響を及ぼす。CIOは、この混乱に短期的・長期的なアクションで臨み、企業のレジリエンスを高め、危機収束後を見据えた事業の立て直しと再成長に備えなくてはならない。

アプリ

テレワークの本格化に向けてワークプレース環境を整えるには

2020年3月13日
新型コロナウイルス感染症拡大への対処策の1つとして注目されるテレワークは、働き方改革の目玉施策として、さらには東京オリンピック開催期間における交通混雑緩和策として多くの企業が取り組んできたが、ここにきて、特に都市部では喫緊の課題となっている。本リサーチノートでは、テレワークに取り組む企業がその本格化に向けて注意すべきポイントを、主にコラボレーションと勤怠管理に焦点を当てたアプリケーションの視点から整理する。

ITマネジメント

2021年の展望:新時代のIT/デジタル人材戦略はソフト面の改革から

2021年3月15日
今日、多くのCIOは優れた人材の確保と管理に腐心している。CIOは、限られた人数の中からであっても、最大のパフォーマンスを発揮できる人選を行い、ソフト面の環境を整備することで、人材不足の難局を乗り越えてデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを実現することができる。

ITマネジメント

2021年のCIOアジェンダ:グローバルから見た日本の展望

2021年1月29日
日本企業はデジタル・ビジネスを加速させており、COVID-19の危機対応で信頼を得たCIOが、デジタル化の取り組みの推進において主導的役割を果たせる絶好の機会が訪れている。Gartnerの2021年CIOサーベイの結果は、CIOが日本で高まるこうした気運をつかむために何ができるかを示している。

ITマネジメント

今こそ、レジリエントな未来を創造せよ:「Gartner IT Symposium/Xpo 2020」基調講演の主な知見

2020年12月25日
世界中のCIOは、デジタル・ビジネスの次なる段階において、「コンポーザビリティ」という概念を取り入れつつある。2020年のGartner IT Symposium/Xpoにおける基調講演では、デジタル化が加速する未来で成功するために、コンポーザブル・ビジネスによって不確実性に対処する方法を解説している。

ITマネジメント

ゼロベースの予算編成により、景気後退後の予算規模を適正化する

2020年12月25日
景気後退によってビジネスの優先課題が変化するため、経営幹部は、資金の供給対象となるサービスや機能を再評価する必要がある。ゼロベースの予算編成は、予算規模を適正化するとともに、新たに優先されるビジネス成果に見合った付加価値をもたらす活動にリソースをシフトするための手段になる。

ITマネジメント

業績悪化の中でのITコスト最適化:IT投資計画の見直し

2020年10月23日
COVID-19が拡大する中、多くのCIOやITリーダーはリモートワークへの投資を増やす一方、業績の悪化を受けて経営者からコスト削減の指示を受けている。システム維持費のコスト削減だけでなく、新規投資案件にも手を入れる必要が出てきており、本リサーチノートでは、CIOやITリーダーが投資案件に再度優先順位を付けるためのベスト・プラクティスを解説する。

ITマネジメント

CIOは、従業員のモニタリングにおける倫理に関する議論をどう主導すべきか

2020年10月23日
新型コロナウイルス感染症を受けて、多くの企業がリモートワークを導入したことによる課題として、従業員のモニタリングを強化しようとしている。CIOは、モニタリングの強化に関する議論を主導して変革をもたらせる立場にあるが、こうした議論には倫理的/技術的な検討事項を盛り込む必要がある。

ITマネジメント

リモートワークにおける人材マネジメントのベスト・プラクティス

2020年9月30日
日本企業におけるリモートワークは、新型コロナウイルス感染症への対応という緊急段階から、新しい働き方という恒久的な段階に移行しつつある。リモートワークの成功には人材マネジメントの変革が不可欠であるが、何から着手すべきかを悩むCIOは多い。本リサーチノートでは、これまでの日本と世界の先行事例を基に、IT部門のリモートワークにおける人材マネジメントのベスト・プラクティスを紹介する。

ITマネジメント

ポストコロナの不確実性を戦略の選択肢に転換せよ

2020年9月25日
CIOは、COVID-19によってIT戦略の見直しを余儀なくされているが、数多くの不確実性が戦略の策定を困難にしている。組織にとって最も大きな影響を及ぼす不確実性に基づいてシナリオ・プランニングを実行することで、戦略の柔軟な選択肢を持つことができる。

ITマネジメント

ポストパンデミックのプランニング・フレームワーク

2020年9月15日
パンデミックが企業のさまざまな領域にもたらす非対称的な影響は、パンデミックからの回復過程で通過する3つのフェーズの中で展開される。経営幹部およびCIOは、ガートナーのフレームワークを用いることで、考え得る多様な結果に向けた計画を行い、戦略的な対応を具体化し、シナリオ・プランニングを進めることができる。

ITマネジメント

「反脆弱性」を実現するために、CIOがポストコロナのシナリオ・プランニングに影響をもたらす方法

2020年8月20日 
企業は新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響を受けたビジネスを回復させるために、シナリオ・プランニングを実施する準備を整えているが、ほとんどのシナリオ・プランニングでは、危機を乗り越えて存続することに重点が置かれている。CIOは視野を広げ、企業を長期的に強化し、変革するプランニングを推進すべきである。

ITマネジメント

CIOがポストコロナ期にリーダーシップの一翼を担い、シナリオ・プランニングに貢献する方法

2020年8月7日
新型コロナウイルス感染症のパンデミックをきっかけとして、企業において広範なプランニング活動が実施されるようになった。その目的は、中期的には企業をパンデミックから回復させ、長期的には企業を再生することであるが、CIOは、シナリオ・プランニングに関与し、このプロセスに対して専門知識を提供して、リーダーシップの一翼を担う必要がある。

ITマネジメント

中国から学ぶ:COVID-19の感染拡大におけるビジネスモデルのレジリエンス

2020年6月10日
ビジネスモデルのレジリエンスは、COVID-19の感染拡大が問題となる中での事業継続に極めて重要である。本リサーチノートでは、CIOがビジネスモデルのレジリエンスを強化するために活用できる、中国における2つの重要な特性 (巨大デジタル企業と自動化の有効利用) と、6つの業種の例について解説する。

ITマネジメント

CIOは、CEOがCOVID-19後のビジネス復旧に備えるのを支援する必要がある:日本の展望

2020年5月20日
CIOは、テクノロジを活用してビジネスの長期的な成長を実現するゲームプランを立て、COVID-19のパンデミック収束後に向けて組織がビジネス復旧に備えるのを支援することができ、そこでは、最高デジタル責任者や他のデジタル・エグゼクティブとのコラボレーションが重要になる。本リサーチノートは、2020年ガートナーCEOサーベイから得られた洞察および、日本の現状に基づいている。

ITマネジメント ビデオコンテンツ有り

日本のCIOは、CEOがCOVID-19後のビジネス復旧に備えるのを支援する必要がある

2020年4月30日
CIOは、テクノロジを活用してビジネスの長期的な成長を実現するゲームプランを立て、COVID-19のパンデミック収束後に向けて組織がビジネス復旧に備えるのを支援することができ、そこでは、最高デジタル責任者や他のデジタル・エグゼクティブとのコラボレーションが重要になる。本リサーチノートにはパワーポイント・ファイルが添付されており、約7分間の音声と併せて参照することができる。

ITマネジメント

リモートワーク・ハック:在宅勤務を充実させる10のヒント

2020年4月24日
2020年3月以降、短期間で環境とポリシーを整備しリモートワーク (テレワークまたは在宅勤務) の導入にこぎ着ける企業が増えているが、従業員個人の受け入れ態勢が追い付いていないと、混乱を来したり生産性が低下したりしやすい。本リサーチノートでは、在宅勤務初心者とそのマネージャーに向けて、生産性の高いリモートワークを実現させるための工夫を提供する。

ITマネジメント

新型コロナウイルス感染症対応:CIOのチェックリスト

2020年4月3日
2020年3月のWHOによる新型コロナウイルス感染症のパンデミック宣言に伴い、BCP/DR関連施策の展開やリモートワーク導入の重要性が高まっており、CIOはこうした目前の危機回避策を優先しつつも、同時に中長期的なリスク回避と企業成長を視野に入れて行動しなければならない。本リサーチノートでは、見通しが不確かな現時点において、CIOがすぐに対応すべき項目を「IT戦略/ガバナンス」「IT投資」「IT人材/組織」の3点から解説する。

ソーシング

2021年の展望:ITサービス・ベンダーの「見極め力」を高めよう

2021年3月31日
コロナ禍による環境変化やデジタル・ビジネスの推進は、これまでのソーシング形態の抜本的な見直しやベンダー選定における新たな要件提示の契機となっている。本リサーチノートでは、企業のアウトソーシング戦略に影響を及ぼす展望を示し、CIOをはじめとするITリーダーが打つべき施策を提言する。

ソーシング

2021年の展望:アプリケーション・サービス・ベンダーとの関係性を再構築する

2021年3月25日
顧客企業とアプリケーション・サービス・ベンダーのコラボレーションやリスク共有には新たな姿が求められるようになっている。ITリーダーは契約や自社の組織文化にも新たな統制を加える必要がある。

ソーシング

Gartner IT Symposium/Xpoを総括する

2020年12月25日
「Gartner IT Symposium/Xpo」は、CIOを対象に開催するガートナーの旗艦コンファレンスである。本リサーチノートでは、2020年11月にオンライン形式で開催された同コンファレンスの約80のセッションから、2021年に向けたキー・メッセージを総括する。

ソーシング

個の能力の獲得:新たなソーシング・オプションの可能性

2020年12月10日
デジタル・トランスフォーメーションの取り組みにおいて、専門的な知見やスキルを求められる機会が増す中、ギグ・ワーカーを活用するスキル・シェアリング・サービスや、クラウドソーシングといった新たなサービスが台頭してきている。本リサーチノートでは、ソーシングを担当するITリーダーが果たしてこのようなサービスを新たなソーシング・オプションとして加えることができるのか、その活用可能性を探る。

ソーシング

IT調達部門が俊敏性とビジネス価値を発揮するための20の「カルチャー・ハッキング」

2020年10月30日
ITリーダーにとって、ビジネス目標の達成に向けて新たなテクノロジを効果的に活用することがますます困難になっている。目標達成のためには、自社の組織文化を根底から見直す「カルチャー・ハッキング」が必要である。

ソーシング

パンデミック後の景気回復期に向けて、IT調達が果たすべき4つの役割

2020年10月23日
新型コロナウイルス感染症の影響による景気後退を受けて、企業はコスト管理とITサービスの安定供給を優先するようになり、今、IT調達を行う者の重要性が高まっている。CIOは、景気回復が到来するまでの間にIT調達の価値観を見直し、ビジネス部門の重要課題に貢献できる能力を研鑽させねばならない。

ソーシング

アフターコロナを見据えた次世代ワークプレース・サービスを活用するために

2020年10月23日
新型コロナウイルス感染拡大の危機は、リモートワークに対応する効率的なデジタル・ワークプレース戦略がビジネスのレジリエンス (回復力) の維持に必要なことを示している。ソーシング/調達/ベンダー管理リーダーは、次世代のセキュアなマネージド・ワークプレース・サービスを契約し拡大すべく、本リサーチノートに提示する契約に向けたアプローチを参考にされたい。

ソーシング

パンデミック後の再出発:ITサービス支出を抑える4つの戦略

2020年9月30日
パンデミックの長期化により、多くの企業が業績低迷の危機に直面している。ITリーダーは適切なコスト管理を行うために、主要な取引先ベンダーと共に4つの回復戦略を進めるべきである。

ソーシング

日本におけるソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2020年

2020年9月10日
本ハイプ・サイクルは、日本のソーシング/調達/ベンダー管理に関連する主要なキーワードを取り上げ、2020年における期待度と成熟度の相関を可視化したものである。IT部門のリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用し、これらのキーワードの適切な採択時期を把握されたい。

ソーシング

マネージド・ワークプレース・サービス・コストを削減する10のアクション

2020年9月4日
デジタル・ワークプレース・テクノロジによって、従業員のリモートワークを即時に導入できるものの、この需要の急増はともすればサービス・コストの超過をもたらす。SPVMリーダーは、本リサーチノートの10のアクションを活用して、マネージド・ワークプレース・サービス・コストを削減できる。

ソーシング

コロナ禍におけるアウトソーシングの影響を軽減する5つのアクション

2020年8月31日
新型コロナウイルス感染症が多くの国で急速に蔓延し、アウトソーシング・サービスの提供にも影響が見られる。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、自社ビジネスに対するインパクトを最小化すべく、5つのアクションを通じて対処する必要がある。

ソーシング

AIプロジェクトの予算を正しく見積もる方法

2020年8月20日
近年、AIの導入にかかるコストの妥当性の判断を求められるITリーダーは少なくない。AIプロジェクトの主要コストを特定する一助として、本リサーチノートを利用されたい。

ソーシング

パンデミック期におけるインドのオフショア・サービスを最適化する

2020年8月5日
インド政府によるロックダウンの実施によって、キャプティブ・センターやプロバイダーのオフショア・サービス提供に悪影響が及んでいる。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、パンデミックにおけるサービス提供リスクの最小化に向けてパートナーと協業すべく、本リサーチノートを参照されたい。

ソーシング

サーベイ・アナリシス:コロナ禍後も継続するアウトソーシングの拡大

2020年7月22日
本リサーチノートでは、IT関連業務のアウトソーシングとそれに伴う契約交渉やベンダー管理について、ガートナーのユーザー調査結果を分析する。国内企業によるアウトシーシングは拡大基調が続いているものの、新型コロナウイルス感染症の流行の長期化や再燃を想定した施策には依然、進展の余地がある。

ソーシング

キャッシュフロー改善のためのソフトウェア/SaaSコストの削減策

2020年6月30日
自社のビジネスが危機的な状況に直面しているITリーダーには、思い切った決断が必要である。確固たる決断力を持ってコストを削減するITリーダーにとって、ソフトウェア/SaaSの支払いを見直す意義は大きい。

ソーシング

日本のITアウトソーシング・ベンダーのマーケット・ガイド:2020年

2020年6月30日
本マーケット・ガイドでは、ITシステムの実装/運用のアウトソーシング・サービスにおける国内の主要ベンダーを分析する。対象ベンダーは、富士通、NTTデータ、日立製作所、NEC、日本IBM、野村総合研究所、TIS、NTTコミュニケーションズ、アクセンチュア、SCSK、日鉄ソリューションズ、三菱電機、日本ユニシス、伊藤忠テクノソリューションズ、東芝デジタルソリューションズの15社である。

ソーシング

日本のSAP関連サービス・ベンダーのマーケット・ガイド:2020年

2020年6月10日
本マーケット・ガイドでは、SAP導入/運用サービスの国内主要ベンダーであるアビームコンサルティング、アクセンチュア、デロイト トーマツ コンサルティング、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、富士通、日立製作所、NEC、日本IBM、日本TCS、野村総合研究所、NTTデータ、PwCコンサルティング、SCSK、TIS、Wiproを取り上げる。特にコスト最適化の観点から、SAP S/4HANA関連の取り組みをこれらベンダーがどう支援できるかを分析する。

ソーシング

これからの外部委託コスト適正化策を問い直す

2020年5月29日
新型コロナウイルス感染症の影響で全社のコストが見直される中、ITリーダーにも外部委託コストについて、対症療法的な方法だけでなく根源的な適正化策が求められている。本リサーチノートでは、この課題に対応するフレームワークと、優先的に実現すべき施策を解説する。

ソーシング

日本のコンサルティング・ベンダーのマーケット・ガイド:2020年

2020年5月29日
本マーケット・ガイドでは、国内コンサルティング・サービス市場の主要ベンダーを分析する。対象ベンダーは、アクセンチュア、PwCコンサルティング、日本IBM、デロイト トーマツ コンサルティング、野村総合研究所、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、NEC、KPMGコンサルティング、ボストン コンサルティング グループ、マッキンゼー・アンド・カンパニーである。

ソーシング

日本のITサービス・ベンダーのマーケット・ガイド (概説編):2020年

2020年5月20日
本マーケット・ガイドは、日本のITサービス市場を分析する一連のリサーチノートの第一弾として、各サービス領域の動向と代表的なベンダーを取り上げる「概説編」である。ITリーダーは、ここで提示する最新のITサービス市場動向を押さえ、今後のベンダーを検討する際の基礎情報として役立てられたい。

ソーシング

COVID-19がアウトソーシングに及ぼす脅威と対策

2020年3月31日
本リサーチノートでは、新型コロナウイルス感染症の世界的流行が日本企業のアウトソーシングに及ぼす影響とその対策について整理する。

ツールキット

ツール:テレワーク導入の事前準備チェックリスト

2021年3月5日
本ツールは、Gartnerが長年にわたる企業との対話を通じて得た知見を基に、テレワーク導入時に事前に考慮し、準備しておくべきことをチェックリストとしてまとめたものである。

ツールキット

ツール:リモートワークのTCOを計算する

2021年2月5日
リモートワークの実施頻度の増加に伴い、多くのCIOは、COVID-19危機の収束後もリモートワークのサポートを継続し、自社のビジネス運用モデルとして恒久的なものにしようと考えている。本ツールで紹介するワークブックを使用すると、在宅勤務の従業員をサポートする際の増分ITコストやリスク、メリットを評価することができる。

ツールキット

ツール:デジタル・ワークプレース・インフラにおける20以上のコスト削減方法

2020年9月15日
新型コロナウイルス感染症の危機下において、デジタル・ワークプレースのI&Oに責任を負うITリーダーは、コストを削減し、可能な限り雇用を維持しようとしている。本ツールでは、ハードウェアやソフトウェア、サービスのコスト削減に関する20以上のヒントを提示する。

ツールキット

ツールキット:リモート・ワーク・ポリシー

2019年8月23日
リモート・ワーク・プログラムでは、従業員と管理者の責任を明確に示す、適切なポリシーが有効である。デジタル・ワークプレース施策の責任を担うアプリケーション・リーダーは、本テンプレートを活用して自社のポリシーを策定することができる。

ツールキット

ツールキット:リモート・ワーク導入の事前準備チェックリスト

2016年4月5日
本ツールキットは、ワークスタイルの変革に伴ってリモート・ワークの導入に取り組む企業が、事前に準備しておくべきこと、考慮しておくべきことを網羅したチェックリストである。

本レポートの内容に関してのインクワイアリをする

※インクワイアリとは、ご契約頂いているお客様がご利用できる、お問い合わせサービスです。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850