片山 博之
(Hiroyuki Katayama)

リサーチ&アドバイザリ部門

CIOリサーチ

シニア ディレクター
アナリスト

お客様へ

私はGartnerにおける26年以上の活動の中で、サプライヤー側、デマンド側のそれぞれの立場に立った分析とアドバイスを提供してきました。

この経験を生かし、CIOの方々に、経営戦略に基づくIT投資戦略策定、ビジネスの拡大と効率化に不可欠なイノベーション戦略策定、無駄をなくし価値を重視するITコスト最適化、さらにIT組織の価値を高める施策や経営トップに対してのその見せ方、といったことについて支援を行います。

 

担当分野

  • IT投資のビジネス価値の可視化
  • 価値を意識したITコスト最適化
  • IT組織の経営価値の向上
  • IT戦略
  • デジタル・ビジネス戦略

 

関連キーワード

IT戦略、IT投資効果、ITコスト最適化、デジタル・ビジネス、IT組織の経営価値など

 

実績

<レポート>

  • ITコスト最適化の実現 (1):経営トップに見せるITコスト
  • ITコスト最適化の実現 (2):経営トップに見せる「変革」「成長」「運営」のポートフォリオ
  • 業績悪化の中でのITコスト最適化:IT投資計画の見直し
  • 経営トップにスライド1枚で示す「IT部門の価値」
  • コスト最適化を実現するIT投資効果の事後評価:パート1
  • デジタル時代に最適なIT投資管理の実現の要諦:2018年版
  • ITのビジネス貢献を可視化する方法

 

<講演・プレゼンテーション>

  • CEOに1ページで見せるIT部門の価値:2021年バージョン
  • 短期と中期に対応するITコスト管理変革
  • ITのビジネス価値をITストーリーを使って表現する
  • 失敗から学ぶIT投資
  • ITコスト・カットと価値の高いIT投資案件を残すベスト・プラクティス
  • デジタル時代の、成長に向けたIT投資戦略:2020

 

略歴

Gartnerにおける26年以上の活動の中で、ITベンダー向けの戦略アドバイスの提供、IT投資動向やITユーザーのニーズ分析、CIOやITリーダーのコミュニティにおける本音ベースの対話、さらには多くのCIOやITリーダーに向けたIT戦略やIT投資上のアドバイスの提供など、サプライヤー側、デマンド側のそれぞれの立場に立った分析とアドバイスを提供してきた。この豊富なリサーチ活動経験を生かし、現在は、CIO向けに、経営戦略に基づくIT投資戦略策定、ビジネスの拡大と効率化に不可欠なイノベーション戦略策定、無駄をなくし価値を重視するITコスト最適化、さらに経営トップにとってのIT組織の価値を高める施策やその見せ方などについて支援を行っている。

1995年にデータクエスト ジャパン (現ガートナー ジャパン) に入社。CIOリサーチ・グループ所属以前は、サーバ市場/ベンダー戦略の調査・分析を担当後、1999年にIT部門向けのアンケート調査をベースにした新しいサービス、「Enterprise IT User Demand Study Japan」を立ち上げ、IT投資予算動向やITに関する幅広いニーズを統計的に分析し、ベンダー向けにマーケティング戦略上のアドバイスを行ってきた。また、リーマン・ショック以降はITリーダーのコミュニティの中での対話および、こういったIT部門向けのアンケート調査結果をベースにして、IT部門向けのITコスト最適化の支援も同時に行ってきた。

ガートナー ジャパン入社以前は、日立製作所でコンピュータ・システムの営業とユーザー・サポートを経験。

早稲田大学で数学を専攻。日立製作所退職後に私費留学で、英国ランキング2位、欧州ランキング5位 (当時) の経営大学院 (Warwick Business School) でMBAを取得。

ビジネスを成功に導く ガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッションクリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

ガートナー・コンファレンスにご参加ください

ガートナーの各種コンファレンスでは、CIOをはじめ、IT投資、導入、運用管理にかかわるすべての意思決定者に最新・最適な情報とアドバイス、コミュニティを提供します。

ニュースレター「Gartner News」へご登録ください

「Gartner News」はITの各分野を幅広くカバーした「皆様のビジネスとITを成功に導く情報」をお届けいたします。

ご登録のEメールアドレス宛てに、最新リサーチ情報、コンファレンス開催情報などをお届けいたします。