海老名 剛
(Tsuyoshi Ebina)

海老名 剛 (Tsuyoshi Ebina) | ガートナー・エキスパート

リサーチ&アドバイザリ部門

バイス プレジデント
アナリスト

お客様へ

ビジネス・リーダーからのデジタル・トランスフォーメーションへの関心の高まりは続いています。ITリーダーにも限られたリソースをフル活用してビジネスにより直接的に貢献することが求められています。

社内のITリソースの量的な不足を補うだけでなく、これまでにない着想を得て未経験のプロジェクトを進めるためにも、ベンダーとの新たなパートナーシップが必要です。こうしてこれからの時代に必要な「人的」リソースを確保するだけでなく、「物的」リソースについても、ビジネス・アプリケーションやデータベースといったビジネスの根幹を支えるソフトウェアの重要度が増しています。ソフトウェア・ベンダーとの適切な契約交渉もこれまで以上に必要です。ここではクラウド契約はもちろん、デジタル・テクノロジからのアクセスを考慮したこれまでにない契約モデルへの対応も求められます。

これからのITリーダーは、ソーシング戦略をいかに進めるべきか。クラウドを含むソフトウェアやデジタル・テクノロジをいかに契約し調達すべきか。国内外の事例や市場の動向を的確に分析することで、ITサービス/ソフトウェア調達とそのための契約交渉を主管するITリーダー向けに、実践的な提言を行います。

 

担当分野

  • コンサルティングをはじめとするITサービスに関する市場調査、およびソーシングに関するアドバイザリ業務
  • ソフトウェア・ライセンス/クラウド契約交渉やデジタル・テクノロジの調達に関するアドバイザリ業務
  • ITサービス・ベンダーの競合状況についての分析と提言

 

関連キーワード

デジタル・ビジネス、ソフトウェア/クラウド契約交渉、AI、コンサルティング、ITサービス、ERP、SCM、CRM、BI、ベンダー競合分析

 

実績

<レポート>

  • 日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーに向けたリサーチ概要:2022年
  • 2022年の展望:ITサービス選定方針の見直しを迫る新潮流
  • ベンダーとのAI活用で成果を得るための「自発力」    
  • 日本のコンサルティング・サービスのマーケット・ガイド     


<講演・プレゼンテーション>

  • ソフトウェア契約交渉クリニック
  • ベンダーとのAI導入プロジェクトどう進めるべきか

 

略歴

ガートナージャパンにおいて、ITサービスおよびソフトウェア契約に関する市場調査とアドバイザリ業務を担当。企業向けITシステムの企画・設計から調達、導入、運用まで、ITサービス全般にわたる動向分析と、その結果に基づく提言を行っている。

ガートナージャパン入社以前は、大手ERPベンダーおよびコンサルティング・ファームで、製品マーケティング、業務アプリケーションの導入コンサルティングに従事。

早稲田大学卒、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 修士課程修了。

ビジネスを成功に導く ガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッションクリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

ガートナー・コンファレンスにご参加ください

ガートナーの各種コンファレンスでは、CIOをはじめ、IT投資、導入、運用管理にかかわるすべての意思決定者に最新・最適な情報とアドバイス、コミュニティを提供します。