価値を最適化するためのクラウド戦略

IT主導のビジネス価値を提供する上でのクラウドの役割を明確にした戦略により、クラウドのメリットを最大限に引き出します。

効果的なクラウド戦略についてのロードマップ|ガートナー

eBook「ロードマップ:効果的なクラウド戦略の策定」をダウンロード

ビジネス主導型のクラウド戦略の策定を効率化します。

「続行」ボタンをクリックいただくと、Gartner Terms of Use および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

連絡先情報

すべて必須項目となります。

勤務先情報

すべて必須項目となります。

Optional

クラウド・コンピューティングのメリットを最大限に

多くの組織がクラウド・コンピューティングを利用していますが、そのほとんどの組織は、クラウドで何をするのか、なぜそうするのかを示す文書化された戦略を持たずに利用しています。文書化されたクラウド戦略なしに、クラウドを活用するメリットを最大限に生かすことはできません。ガートナーのロードマップでは、ITリーダーが以下のステップを踏むことで、クラウド戦略を簡潔に文書化することが可能です。

  • クラウドに関する目標を立案
  • クラウド戦略のアクション・プランを策定
  • 実行に向けた準備
  • ガバナンスの確立とリスクの軽減
  • 最適化と拡張

オンデマンドWebinar:クラウドはオンプレミスより安い
- コストを正しく見る6つのポイント

昨今、パブリック・クラウドの利用コストは、オンプレミスより高いと言われることもあるが、多くの場合それは誤りである。まずは、なぜオンプレミスが安価に見えるのか、その理由を理解する必要がある。本セッションでは、クラウドのコストに関する誤解を解消し、コスト安に向かうためのポイントを整理する。

  • オンプレミスが安価に見えるケースには誤解があり、この誤解の解消が必要である
  • クラウドのコストを正しく評価する必要がある
  • クラウド利用の最適化がコスト削減の鍵である

ガートナーのクラウド戦略アプローチを活用

クラウド戦略とは、クラウドで「何を」行うのか、そして「なぜ」行うのかを伝えるものです。ガートナーでは、効果的な戦略のベストプラクティスを以下のように検証しています。

組織内のリーダーと連携したクラウド戦略の立案

クラウド戦略は、クラウド・コンピューティングと組織におけるクラウドの役割に関する視点を簡潔にまとめたものです。クラウド戦略は、10ページから20ページ程度の文書にする必要があります。クラウド戦略は、組織の中期的な企業戦略プランをはじめとする他の戦略計画や、データセンター、セキュリティ、調達などに関するプランと連動させる必要があります。

意思決定を効果的に導くために、クラウド戦略は、事業部門、他の技術部門、オペレーション、財務、法務、調達などの機能の利害関係者を含む、組織全体のサポートとスポンサーシップが必要です。部門横断的なクラウド戦略の策定に成功した組織は、そうでない組織に比べて、クラウドに関するイニシアティブを成功させ、十分な利益を実現できる可能性が高くなります。

部門横断的な戦略を策定するには、まず、組織全体から視点を共有できるさまざまなチームのメンバーで構成されるクラウド戦略の委員会を結成することから始めます。ほとんどの組織では、さまざまなIT部門や機能的な役割を持つメンバーで委員会を構成しています。

クラウド戦略委員会の各メンバーは、組織のポジションによって、戦略の策定やその提唱に果たすべき役割が異なります。例えば、調達、法務、リスク管理は、クラウド移行を評価し、その影響を強調することができます。人事部門は、従業員にクラウドへの移行を売り込み、クラウドのスキル要件を特定して対処することができます。財務部門は、クラウド戦略の財務的な影響を評価し、コスト削減と効率化を承認することができます。

クラウド戦略委員会メンバーは、クラウド戦略を既存の戦略やビジネスにおける他のサポート要素と整合させるために、特に重要な役割を果たします。クラウド・コンピューティングは孤立して存在するものではありません。クラウド戦略は、セキュリティ戦略、データセンター戦略、エッジ・コンピューティング戦略、開発/アーキテクチャ戦略、人材育成戦略と矛盾することなく、整合していなければなりません。

クラウド・コンピューティング、および期待されるビジネス成果の基準を作成

戦略策定プロセスは、クラウド・コンピューティングとビジネスの基準を確立することから始めるべきです。

クラウド・コンピューティングの基本概念と用語

クラウド・コンピューティングの定義に従い、一貫して使用することで、混乱を生じさせないようにします。米国国立標準技術研究所(NIST)は、ガートナーと同様、クラウド・コンピューティングに関する一連の定義を作成しました。クラウ・ネイティブ、マルチ・クラウド、分散クラウドといった、新しいクラウド・コンピューティング用語は、あまり確立されていません。これらを使用する場合は、その定義を明確にする必要があります。一般的には、できる限り既存の用語を使用する方が良いでしょう。

ビジネス基準と目標

ビジネス基準とは、トップレベルのビジネス戦略、望まれるビジネス成果、およびビジネス変革のイニシアティブを指します。年次報告書、上級管理職のスピーチ、ビジネス・リーダーとの対話を情報のリソースとします。

次に、クラウド・コンピューティングがビジネス成果やイニシアティブにどのような利益をもたらすか、またはリスクをもたらすかを確認します。コスト削減/効率化、俊敏性/革新性など、既知のビジネス目標という観点から議論を組み立て、クラウド・コンピューティングがそれらの達成に役立つ方法を評価します。

組織固有の問題を検討します。たとえば、次のような質問を検討します。

  • 業界や地域において、自社のビジネスは何を達成しようとしているか?
  • クラウド戦略はデータセンター戦略と整合させる必要があるか?
  • どのような酌量の余地のある状況が存在するか?
  • クラウド戦略は、気候危機や、広範囲に影響を及ぼす類似の出来事などの不確実性にどのように影響するか(または影響されるか)?

ビジネスの目標とクラウド・コンピューティングの潜在的なメリットを対応させ、想定される課題を克服する方法を説明することで、基準のセクションをまとめます。

クラウド戦略の指針となる原則の明示

クラウド戦略や投資に関する意思決定にどの原則を使用するかを決定します。一般的なクラウドの原則の例は次の通りです。

  • クラウドファースト
  • 構築前に購入する(クラウドに関連して、これはしばしば「SaaSファースト」と呼ばれる)
  • ベスト・オブ・ブリード
  • マルチ・クラウド

「クラウド・ファースト」は誤解されがちです。これは、すべてをクラウド化するという意味ではありません。クラウド・ファーストについては、何かを更新、強化、構築したい場合、パブリック・クラウドを利用するのが既定のアプローチです。また、クラウド・ファーストとは、新しいテクノロジやビジネス・イニシアティブの最初の選択肢としてクラウドを検討すべきだという意味でもあります。

ある原則を正当化する理由を含めることもできます。たとえば、原則の1つに「パブリック・クラウドへのリフト・アンド・シフト移行は最後の手段であるべきだ」というものがある場合、データ・センターの閉鎖によってIT部門が移転先を探す必要があるなどの情状酌量の余地がない限り、一般的に大きな価値をもたらさないことを説明します。

原則には、良好な関係やスキルへの投資など、ベンダー重視の考慮事項も含めることができます。

その他、原則に含まれる考慮事項には、次のようなものがあります:

サービス戦略

パブリック・クラウド・プロバイダーからクラウド・サービスを利用する場合と、オンプレミスやその他の場所で機能を構築する場合、または維持し続ける場合を決定する必要があります。IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)のユースケースを区別します。

ブローカーとしての役割を得ようとするシナリオと、サービスを利用し、仲介し、サービスを提供するハイブリッドITオペレーティング・モデルを同時に実現する方法を取り上げます。「ハイブリッド環境のセキュア化、管理、ガバナンスをどのように行うか?」という質疑応答について検討してみましょう。

財務上の考慮事項

クラウド・コンピューティングには大きな財務的影響が伴いますが、ITリーダーはその原則を理解し、考慮する必要があります。クラウドに移行すれば必ずコストを削減できるという、クラウドに関する最大の神話を信じてはいけません。その代わりに、コストの透明性、可視性、予算編成、予測可能性などの問題を検討する必要があります。

組織は通常、資本支出(設備投資)ではなく、営業支出(OPEX)からクラウド・コンピューティングの資金を調達します。しかし、すべてをOPEXに変更すると、組織の財務プロファイルが変わる可能性があります。また、IaaSは主にハードウェア・コストと連動しているため、価格は緩やかに下がる傾向にあります(インフレがこれを変えるかもしれません)が、SaaSはサブスクリプション・モデルとして運用されているため、価格は上昇する傾向にあります。財務担当のクラウド担当者を置くことで、これらの意味合いと、それらが自社の原則にどのような影響を与えるかを理解することができます。

Gartner BuySmart™は、チームがより適切なテクノロジー購入の意思決定を行えるよう支援します。ガートナーの知見に基づき、検討すべきテクノロジの発見、ベンダーの選択肢の評価、ニーズに合ったベンダーの選択、ガートナーのエキスパートによる提案書レビューが契約の最適化を実現します。

ガートナーのBuySmart™でリスクを軽減し、テクノロジに関する購買にかかるコストを最適化しましょう。Gartner BuySmart™の詳細はこちら

ワークロードを棚卸しすることで、意思決定のための明確な情報を得ることができます。

クラウド戦略はワークロードごとに行われるため、各ワークロード(および対応するアプリケーションのグループ)のインベントリを作成し、それらに関する一連の情報を収集する必要があります。

インベントリで収集したい情報の種類には、ワークロードの目標は何か?コスト削減なのか、それとも俊敏性の向上なのか。

以下のような基本的な情報を収集します:

  • ワークロードの名称は?
  • ワークロードの担当者は?
  • 誰が作成したのか(社内で作成した場合)?
  • 他のアプリケーションに依存しているか?
  • ベンダーは関与しているか?
  • ベンダーのパッケージ・アプリケーションかどうか?
    • もしそうなら、アプリケーションについて何を知る必要があるか? (例えば、ベンダーのオンプレミスの最終バージョンを使っていて、アップグレードしたい場合、SaaSバージョンに移行する必要があるか?)
  • 仮想化されているか?
  • セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンス、データ要件は?
  • 個人を特定できる情報やセキュリティ要件はあるか?
  • インテグレーションに関して特別な要件やロケーション要件はあるか?
  • 目的は何か:効率性なのか、それとも俊敏性か?

ワークロードやアプリケーションがクラウドに適していると思われる場合は、予測不可能なアプリケーションから使いやすいアプリケーションまで、以下のスペクトルに従ってパフォーマンス特性を分析します。

  • 予測不可能なアプリケーション:Webサイト、モバイルアプリ、APIゲートウェイなど、外部に向けた、需要の予測が難しい業務です。これらは一般的にパブリック・クラウドに向いています。
  • 使いやすいアプリケーション:すでにデータセンターで仮想化され、効率的に稼働している典型的なエンタープライズ・アプリケーションです。これらのアプリケーションはあまり変化せず、ワークロードのピークもありません。このような予測可能なワークロードは、一般的にクラウドの恩恵を受けることはなく、移行する最初の選択肢にはなりません。
  • 上記2つの中間:上記の中間には、過剰供給が必要なピークを持つワークロードが含まれます。このようなワークロードをクラウドに移行するメリットを評価します。

 

クラウド戦略の成功を阻む10の落とし穴

1. ITのみに関する戦略だと仮定している

クラウド戦略とガバナンスを形成する上で、部門を超えた対等なパートナーシップを築くことが重要です。クラウドの導入は組織のあらゆる機能に影響を与えます。

2. 撤退するための戦略がない

撤退するための戦略とは、クラウドの決定から逃れるために必要な検討事項をまとめたものです。規制当局の中には、クラウドを撤退するにあたって戦略を策定することを義務付けているところもあります。

3. クラウド戦略とクラウド導入プランとが組み合わさっている、または混同されている

多くの組織は、クラウド戦略とクラウド導入プランとを混同しています。クラウド戦略が先に策定されるべきであり、クラウド・コンピューティングが組織で果たす役割を文書化するのがクラウド戦略です。クラウド導入プランは、クラウド戦略を実行に移す際に作成されるべきです。

4. クラウド戦略を策定するには遅すぎると考えている

すでにクラウド・コンピューティングを利用している場合、クラウド戦略を策定するのは遅すぎると考えてしまう組織は少なくありません。しかし、組織におけるクラウドの役割を正式に定義するのに遅すぎることはありません。

5. クラウド戦略を「すべてをクラウドに移行する」ことと同一視している

クラウド戦略を策定しても、すべてをクラウドに移行することを強制しているわけではありません。多くの組織が、あらゆることにクラウド・コンピューティングを使わざるを得なくなることを恐れて、そのために戦略の策定を避けています。

6. 「クラウド戦略とは、つまりデータセンター戦略である」「やるのかやらないのか、ふたつにひとつの戦略」と言明している

多くの企業がクラウド戦略とデータセンター戦略を混同していますが、この2つは別物です。

7. 行政命令とは、つまりは戦略である思い込んでいる

多くの組織がクラウド・コンピューティングを導入する理由は、CEO、CIO、または事業部門の責任者が、クラウド・コンピューティングを導入すればコスト削減につながると考えているからです。しかし、クラウド・コンピューティングが必ずしもコスト削減につながるとは限らず、この目的だけでクラウド戦略を策定すべきではありません。

8. クラウド戦略とは、ベンダーを記入することだと信じている

ベンダーのクラウド・サービスにただ従う組織は、真のクラウド戦略策定を行っていないだけでなく、IaaS、PaaS、SaaSといった複数の種類のクラウド・サービスを検討していません。クラウド・コンピューティングを広く捉えれば、すべてのクラウド・サービスを1つのベンダーから調達することはほとんど不可能です。

9. クラウド戦略の策定をアウトソーシングしている

クラウド戦略をアウトソーシングすることは魅力的に聞こえるかもしれません。しかし、自社独自のクラウド戦略を策定し、組織の戦略プランと整合させる必要があります。

10. 「クラウド・ファースト」がクラウド戦略の全てだと言明している

クラウド・ファーストは、より広範な戦略の中であれば、多くの組織にとって優れた原則となります。

Gartner コンファレンスにご参加ください

Gartnerコンファレンスでは、国内外のエキスパートによる様々な分野における最新のインサイトや、その分野やテーマにおいて活躍されているゲストをお招きした各種講演から構成されています。

Gartnerコンファレンスにご参加いただくことにより、その分野における最新のトレンドや提言を聞き、新たな気付きを得て、お客様が経営における重要課題について迅速でスマートな意思決定を行い、成果を獲得することを可能にします。

クラウド戦略に関するよくある質問

クラウド・コンピューティングとは、スケーラブルで弾力性のあるIT機能を、インターネット・テクノロジを使ってサービスとして提供するコンピューティングの様式です。

クラウド・コンピューティング戦略とは、クラウド・ソリューションを実装する際に使用するベストプラクティス、ツール、サービスを含むように設計されたアクションプランです。クラウド戦略は、クラウドの導入、実装、運用の最適化をサポートします。

クラウド戦略のフレームワークは、クラウドのアーキテクチャ、開発プラン、ガバナンス・モデルの概要を示すものです。

クラウド戦略に関するサービスについてのお問い合わせ

フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。