CIOアジェンダ:2024年の日本企業にとっての最大のテクノロジ投資と目標

ガートナーの2024 年CIO /テクノロジ・エクゼクティブ・サーベイから日本企業の目標とテクノロジ支出傾向が明らかに

CIOアジェンダ:2024年の日本企業にとっての最大のテクノロジ投資と目標 | ガートナー

ガートナーの2024年CIO/テクノロジ・エグゼクティブ・サーベイにおける日本企業の回答者から得た結果によると、今後数年間で、人工知能/機械学習 (AI/ML)、ローコード/ノーコード開発プラットフォーム、生成AI (GenAI) への投資が増加し、日本企業ではテクノロジの民主化が加速するであろうことが示されています。

本インフォグラフィックでは、以下のことがご参照いただけます。ぜひダウンロードしてご覧ください。

  • デジタル・テクノロジへの投資において、最も重要な成果は何か?

  • 2026年までに実装する可能性が最も高いテクノロジは何か?

  • 日本企業のCIOおよびテクノロジ・エグゼクティブが考える「今すぐできること」とは何か?

インフォグラフィック「2024年の日本企業にとっての最大のテクノロジ投資と目標」をダウンロード

「続行」ボタンをクリックいただくと、Gartner Terms of Use および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

連絡先情報

すべて必須項目となります。

  • ステップ 2 / 3

    「続行」ボタンをクリックいただくと、Gartner Terms of Use および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

    勤務先情報

    すべて必須項目となります。

    Optional
  • ステップ 3 / 3

    「送信」ボタンをクリックいただくと、Gartner Terms of Use および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

    Webinar: 2024年 CIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ “デジタル・デリバリのフランチャイズ化”

    テクノロジにおけるリーダーシップは変化しました。デジタル・デリバリの民主化は、IT部門とそれ以外のビジネス領域の境界線を根本的に引き直すものであります。しかし、誰が何をすべきかについては混乱が絶えません。

    本セッションでは、CEOをはじめとするCレベル幹部がCIOに期待することの変化や、CIOが自らのリーダーシップ職やIT組織の責務に期待する事項を踏まえ、今後18カ月間にCIOが何に取り組むべきかを明らかにします。