Newsroom

プレスリリース

2021年2月9日

Gartner、2020年の半導体消費は上位のAppleとSamsungがさらにリードを広げたとの見解を発表

Huaweiは引き続き3位に付けたが、次世代半導体の購入で苦戦を強いられる

米国コネチカット州スタンフォード発、2021年2月9日 — Gartner, Inc. (以下Gartner) は、2020年の主要電子機器メーカーによる半導体消費に関する調査結果 (速報値) を発表しました。2020年は、世界の半導体消費全体の11.9%を占めたAppleが、2019年に続き半導体購入企業のトップになりました。

2020年における上位10社の主要電子機器メーカーの半導体消費は前年比10%増となり、市場全体でのシェアは2019年の40.9%から42.0%へ拡大しました。上位10社は、顔ぶれも順位も2019年と同じでした。

アナリストでディレクターの山地 正恒は次のように述べています。「主要電子機器メーカーによる2020年の半導体消費に影響を与えた要因は2つ挙げられます。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックと米中の政治的紛争です。パンデミックの影響から5Gスマートフォンの需要が低迷し、自動車生産も落ち込みました。その一方で、モバイルPCやビデオゲームに対する需要とクラウド・データセンターへの投資が半導体消費を牽引しました。さらに2020年は、メモリ価格の上昇により、年間を通じてメモリ・チップへの支出が増加しました」

2020年、Huaweiの半導体消費は大幅に減少し、前年比23.5%減となりました (表1参照)。山地は次のように述べています。「米国政府は2020年にHuaweiに対する輸出管理を強化し、半導体の購入を制限しました。これにより、Huaweiのスマートフォンの供給が縮小し、市場シェアは低下しました。2020年後半には、Huaweiのスマートフォン・シェアの減少分を、ほかの中国系スマートフォン・メーカーが代わりに獲得しました。半導体ベンダーにとって中国市場が引き続き重要な市場であることに変わりはありません」

表1. 世界の電子機器メーカー上位10社による半導体消費 (2020年)
(速報値、デザインTAMベース) 

TAM = Total Available Market (総市場規模)
出典:Gartner (2021年2月)

Appleは2019年に続き、2020年も半導体消費のトップを維持しました。これは主に、AirPodsの好調な売り上げ、MacとiPadの特需、NANDフラッシュ消費の増加に起因しています。山地は次のように述べています。「Appleは、在宅勤務の拡大に伴うモバイルPCやタブレット端末の需要増加を受け、MacとiPadの生産を引き上げました。また、同社は2020年後半に、Mac製品ラインのAppleシリコンへの移行を開始しました」

Samsung Electronicsは第2位を維持しました。Huaweiとの競争が弱まったことや、データセンター向けのエンタプライズ用ソリッド・ステート・ドライブ (SSD) に対する需要が旺盛だったことから、2020年の半導体消費は20.4%増加しました。在宅勤務やE-LearningなどのトレンドがPCやクラウド・サーバの需要を牽引し、Samsung製のSSDが多く消費されたことが要因となりました。

Xiaomiは上位10社の中で最も成長率が高く、2020年の半導体消費は対前年比26.0%増となりました。山地は次のように述べています。「Xiaomiのスマートフォン事業は、オンライン・チャネルを中心とした販売モデルを取っていたことから、パンデミックの渦中でも影響を最小限に抑えられました。Huaweiに対する制裁により、Xiaomiはスマートフォン市場でより大きなシェアを獲得しました。スマート・テレビ、ウェアラブル、スマート家電など幅広いコンシューマー向けIoT (モノのインターネット) デバイスで成功を収めたことで、2020年の半導体消費も増加しました」

Gartnerのサービスをご利用のお客様は、レポート「Market Share Analysis: Top 10 Semiconductor Customers, Worldwide, 2020 (Preliminary)」で詳細をご覧いただけます。

Gartnerのサービスについては、こちらをご参照ください。
https://www.gartner.co.jp/ja/products

 

【海外発プレスリリース】
本資料は、Gartnerが海外で発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めGartnerが英文で発表したリリースは、以下よりご覧いただけます。
https://www.gartner.com/en/newsroom/

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織が最優先のビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先