Newsroom

プレスリリース

2022年8月2日

Gartner、データとアナリティクスのガバナンスに不可欠な7つの要素を発表

データやアナリティクスによるデジタル・トランスフォーメーションの推進は、ガバナンスの基盤を整備しながら行うことが重要

ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下Gartner) は、データとアナリティクスのガバナンスの取り組みに不可欠な7つの要素を発表しました。

データ/アナリティクス (D&A) によってデジタル・トランスフォーメーションを推進したいという企業の期待は高まり続けています。D&Aへの投資は、組織に持続可能なビジネス成果や価値をもたらす「データ資産」の管理が必要であり、それらを秩序を保ちながら管理するために「ガバナンス」が求められます。しかし、ガバナンスの理解が不足していたり、その遂行能力が十分でなかったり、といった状況が多くみられます。特に日本においては、そもそもD&Aガバナンスの取り組みに着手していない企業も多く、Gartnerに寄せられるお問い合わせでも、どこから始めればよいか、何が必要か、といったものが圧倒的多数を占めています。

アナリストでシニア ディレクターの一志 達也は次のように述べています。「現在組織が直面している複雑で多様なビジネス上の課題に対応するために、D&Aリーダーは経営層を巻き込んで、適切なD&Aガバナンスの基盤を整備しなければなりません」

D&Aのガバナンスに不可欠な7つの要素は以下の通りです。

  1. 価値や成果:ガバナンスに関連する活動が組織の価値や事業の成果に結び付いていることを証明するために、測定可能な指標を定め、定期的にステークホルダーに示すことが必要です。
  2. 決定権と責務:ガバナンスの原則やルールを定めるには、経営層や事業責任者のようなビジネス上の意思決定権者の合意が不可欠となります。役員会や経営会議と同様に、ガバナンスの意思決定機関を設け、そこで意思決定が行われるようにしなければなりません。同時に、その執行 (普及や監督) を担う実務組織も不可欠であるため、専任で職務に当たる中央組織と現場を任されるスチュワード*を編成・任命するとよいでしょう。

    *スチュワード:ビジネス部門内でデータ・ポリシーを実行するために活動するデータ/情報スチュワードと、アナリティクス/BI/データ・サイエンス・チーム内で活動し、D&Aポリシーがそこで適用されるように努めるアナリティクス・スチュワードの役割が存在する。どちらも必要に応じて問題をD&Aガバナンス委員会に報告する役割を担う。

  3. 信頼: D&A資産のすべてが組織内からもたらされるとは限らず、パートナー企業や情報ブローカー、オープン・データなど、組織外から得るものも必然的に多くなります。組織内外に分散し、複雑化したD&A資産のガバナンスを実現するためには、来歴管理やキュレーションが欠かせません。それらを含めて、確立された信頼モデルによって信頼性を確認し、安全を確保する必要があります。信頼モデルは、執行組織やスチュワードを通じて組織全体へと展開され、ビジネス活動や意思決定をガバナンス面からサポートするために用いられています。
  4. 透明性と倫理:ガバナンスは組織の掲げる倫理原則に従って行われなくてはなりません。そのため、その状況について、組織内のみならず外部の監査に対しても十分な透明性を確保する必要があります。D&Aガバナンスを執行する組織は、業務プロセスを定義して手順書を作成し、ガバナンスの実行方法や関係者の役割と責任を明確化します。また、すべての投資や支出について監査証跡を残し、ガバナンスの決定事項との関係を明確にします。
  5. 安全性の担保:D&Aガバナンスは、リスクを意識しながら取り組むことが重要です。情報リスクとセキュリティの管理は、事後的に行われるものではなく、ビジネス成果を目指しつつも、ガバナンスによってリスクを調整する本質的な取り組みであることが肝要です。こうしたアプローチでD&Aガバナンスに取り組む組織は、デジタル・トランスフォーメーションを実現する上で、非常に有利な立場となり得ます。
  6. 教育:ガバナンスを扱うのは人であり、ガバナンスは人々の行動に変化を促します。そのため、何をどのように変える必要があるかを理解できる教育プログラム、その効果や浸透状況を測定する指標、人事評価との連動などについて、それぞれの専門組織と協力して整備することが重要です。
  7. 協力と文化:組織のリーダーは、ガバナンスの考え方を統制 (コントロール) から協力 (コラボレーション) へと変化させ、その認識を組織各所に浸透させる必要があります。変革を支援するプログラムを整備し、ガバナンスが監視や統制の手段でないことはもちろん、方針や標準を周知してより良い成果につながる行動を促す手段として認識されるように努めることが重要です。

ガバナンスの7つの要素に取り組む際の順序は特に決まりはありませんが、「決定権と責務」のようなガバナンスを実現するための組織は、意思決定を行えるよう最初に体制を整える必要があります。また、「価値や成果」を中心として、すべての要素を取りそろえることが重要です。

Gartnerは来る9月14~16日に開催するガートナー データ&アナリティクス サミット 2022 (会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京) において、革新的で適応力のある組織を構築する上でデータとアナリティクスのリーダーが直面する重要な課題を取り上げます。関連するテーマについては前出の一志をはじめ国内外のエキスパートによる講演で解説します。コンファレンスのニュースと最新情報は、Twitterでご覧いただけます (#GartnerDA)。

一志は、来る8月23日 (火)、「データ・ドリブンな企業になるには、誰が何をすれば良いのか」と題した無料ウェビナーでもデータ・ドリブンな組織作りに必要な要素や取り組み方について解説します。

Gartnerのサービスをご利用のお客様は、リサーチノート「クイック・アンサー:データ/アナリティクスのガバナンスに不可欠な要素」で詳細をご覧いただけます。
日本で提供しているサービスについては、こちらよりご参照ください。https://www.gartner.co.jp/ja/products

日本のITエグゼクティブ向けのニュースや最新情報は、GartnerのTwitterFacebookでも案内しています。最新のプレスリリースや記事、ウェビナー情報については、こちらよりご参照ください。

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織のミッション・クリティカルなビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先