ハイプ・サイクル

2021年レポート一覧(2021年12月15日時点)

ハイプ・サイクルは、テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用状況、実際のビジネスにおける課題を解消する潜在的な能力、そしてテクノロジやアプリケーションが生み出す新たな機会などを提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語での提供されているハイプ・サイクルをご紹介いたします。ハイプ・サイクルの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

現場ワーカー向け革新テクノロジのハイプ・サイクル:2021年

Eri Hariu
ビジネスの最前線で働くフロントライン (現場) ワーカーをサポートしてその安全と生産性を確保することが、ここ18カ月でさらに重視されるようになっている。現場ワーカーのサポートに責任を負うI&Oリーダーは、本ハイプ・サイクルに取り上げられたテクノロジを評価し、現場の環境とプロセスを最適化すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

現場ワーカー向け革新テクノロジのハイプ・サイクル:2021年

Eri Hariu
ビジネスの最前線で働くフロントライン (現場) ワーカーをサポートしてその安全と生産性を確保することが、ここ18カ月でさらに重視されるようになっている。現場ワーカーのサポートに責任を負うI&Oリーダーは、本ハイプ・サイクルに取り上げられたテクノロジを評価し、現場の環境とプロセスを最適化すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

日本におけるエッジ・コンピューティングとIoTのハイプ・サイクル:2021年

Takuma Yamamoto, Takeshi Ikeda
本ハイプ・サイクルでは、エッジ・コンピューティングとIoTの主要なテクノロジを取り上げる。デジタル化を推進する際、これらのテクノロジは、より迅速かつ柔軟に、また最適なコストで実装を行う上で重要となる。企業や組織においてデジタル化を担うITリーダーは、こうしたトレンドを把握するために本ハイプ・サイクルを一読すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

日本におけるITオペレーションとDevOpsのハイプ・サイクル:2021年

Yoshifumi Abe
本ハイプ・サイクルでは、次世代インフラをプラットフォーム・サービスとして提供する上で重要な、ITオペレーションとDevOpsに関連する主要なテクノロジ/メソドロジを取り上げて考察している。日本企業のI&Oリーダーは、今後あらゆる境界を超えて場所を問わず顧客価値を提供し続けるためのITオペレーションの変革を加速させるに当たり、これらのテクノロジ/メソドロジを注視されたい。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

アジャイルとDevOpsのハイプ・サイクル:2021年

Yoshifumi Abe
DevOpsイニシアティブは、顧客から見た価値に基づく必要があり、ソフトウェア・デリバリのバリュー・ストリームにわたるさまざまな人材、プロセス、テクノロジを活用する。I&Oリーダーは、必要なケイパビリティを提供するために、組織的学習、継続的改善、自動化戦略を追求しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年

Tadaaki Mataga
本ハイプ・サイクルでは、今後2~10年にわたってビジネスや社会に大きなインパクトをもたらす先進テクノロジに焦点を当てる。2021年版では、成長を加速するもの、信頼を構築するもの、変化を形作ることで変わりゆく世界のカオスに秩序をもたらすものを取り上げる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年

Masaki Suzuki, Tadaaki Mataga, Takeshi Ikeda
本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊と創造をもたらすテクノロジを、ITインフラという視点からまとめたものである。デジタル化やイノベーションを推進するCIOやITリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

日本におけるクラウドとインフラストラクチャ戦略のハイプ・サイクル:2021年

Hiroko Aoyama, Tadaaki Mataga, Masaki Suzuki
進化し多様化するクラウドとインフラストラクチャ関連のテクノロジや新たな手法を取り入れ、いかにビジネスの価値を引き出すかが、企業の競争力や存続性をも左右する。本ハイプ・サイクルでは、クラウドとITインフラストラクチャ戦略にまつわる主要テクノロジを取り上げ、I&Oリーダーによる戦略策定と推進を支援する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー HC

日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年

Eri Hariu
本ハイプ・サイクルでは、企業ユーザーのIT環境のデジタル化を推進するITリーダーが注目すべきユーザー・エクスペリエンス関連の主要なテクノロジを取り上げている。これからのデジタル・ワークプレースにおいて、現実世界とデジタル世界の境界でさまざまなサービスを提供するユーザー・エクスペリエンス関連のテクノロジは、さらに重要となる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー HC

日本におけるセキュリティ (アプリ、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2021年

Yuichi Isoda
急速に進行するデジタル・トレンドと法規制の整備を背景に、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応は、企業にとってますますクリティカルになっている。本ハイプ・サイクルは、この領域においてITリーダーが注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念について取り上げ、解説する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー HC

日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2021年

Yuichi Isoda
高度なマルウェアやサイバー攻撃の脅威とインパクトが拡大し、インフラの変化がその対応についての新たな課題を生じさせている。本ハイプ・サイクルでは、インフラストラクチャとリスク・マネジメント領域においてITリーダーが注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を取り上げ、それぞれの定義や位置付け等を解説する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー HC

日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2021年

Kaoru Yano
恒常的なテレワークの拡大に伴い、デジタル・ワークプレースをセキュアにするための活動はこれまで以上に広範囲に及ぶようになってきた。本ハイプ・サイクルでは、この領域においてITリーダーが注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を取り上げ、それぞれの定義や位置付け等を解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー HC

日本における未来のアプリケーションのハイプ・サイクル:2021年

Kimihiko Iijima
本ハイプ・サイクルでは、アプリケーション・リーダーを対象に、未来を見据えたアプリケーション戦略を立てる上で重要と考えられるテクノロジや概念などを、エンタプライズ・アプリケーションの分野全体から厳選し、解説する。各項目の重要性、ビジネスへの影響、推進・阻害要因、導入を成功させるポイントなどを把握するために活用されたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー HC

日本におけるCRM/CXのハイプ・サイクル:2021年

Kensuke Kawabe
不確実な状況においても成長を持続するには、差別化された付加価値を顧客へ提供し続ける必要がある。本ハイプ・サイクルでは、日本のアプリケーション・リーダーが把握しておくべき、顧客との強固な関係構築を支援するCRM/CX関連のアプリケーション/テクノロジの動向と今後の見通しを解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー HC

ブロックチェーンのハイプ・サイクル:2021年

Masaki Suzuki
非中央集権型のパブリック・ブロックチェーン・アプリケーション分野が活況を呈しているが、パーミッション型のエンタプライズ・ブロックチェーン・プロジェクトで成功したものは数少ない。アプリケーション/ソフトウェア・エンジニアリング・リーダーは、新たな進歩が、企業の要件とパブリック・ブロックチェーンのイノベーションとの統合をどのようにサポートしているのかを理解する必要がある。

日本におけるアプリケーション・リーダー HC

日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2021年

Katsushi Shiga
本ハイプ・サイクルでは、デジタル・ワークプレースの実現に資するテクノロジやコンセプトを取り上げ、考察している。これらは、企業がより生産性の高い業務環境を構築し、柔軟な働き方を実現・推進していく上で有効であり、いずれも日本国内で利用可能であるか、今後日本に導入されることを前提に注視すべきものである。

日本におけるアプリケーション・リーダー HC

日本におけるデータとアナリティクスのハイプ・サイクル:2021年

Tatsuya Ichishi
本ハイプ・サイクルは、企業がデータとアナリティクスに関するテクノロジや手法の変化と重要性を知り、それらを採用するタイミングを検討するための情報を提供する。2021年現在の本領域に関するテクノロジや手法の成熟度を評価し、採用のメリット、および導入を成功させる上でのポイントを把握するために活用されたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー HC

ERPのハイプ・サイクル:2020年

Koji Motoyoshi
ERP戦略の目指す未来は輝かしい反面、複雑性も高まり、今後はコンポーザブルERPの時代へと向かう。CIOは、戦略的ロードマップのプランニングに当たり、ERPに関するテクノロジとアプローチの最新動向を把握するために本ハイプ・サイクルを活用されたい。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー HC

日本におけるソーシングとITサービスのハイプ・サイクル:2021年

Akimasa Nakao, Tsuyoshi Ebina, Ryuichi Tsuchiya
本ハイプ・サイクルは、日本のソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー向けに主要なITサービスや、ソーシング/調達/ベンダー管理に関連性の高い項目を取り上げ、2021年における期待度と成熟度の相関を可視化したものである。本ハイプ・サイクルを活用し、これらの項目の適切な採択時期を把握されたい。

日本におけるCIOとITのリーダー HC

スマート・シティ・テクノロジ/ソリューションのハイプ・サイクル:2021年

Takeshi Ikeda
スマート・シティは、インテリジェントな都市エコシステムを実現するという包括的な目的の達成を目指すものである。本リサーチノートは、地方自治体や企業のITリーダーが、持続可能な社会的成果を実現するために新たなテクノロジやソリューションを評価できるよう支援する。

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850