マジック・クアドラント

2021-2022年レポート一覧(2022年6月24日時点)

マジック・クアドラントは、個々のマーケットで競合しているプレーヤー各社を相対的に位置付けて提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語でも提供されているマジック・クアドラントをご紹介いたします。マジック・クアドラントの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

セキュリティ・サービス・エッジのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
セキュリティ・サービス・エッジ・ソリューション市場が台頭した背景には、ハイブリッド・ワークフォースを採用している企業が持つ、「一貫したセキュリティをクラウドから適用したい」というニーズが存在する。本マジック・クアドラントは、Web、クラウド・サービス、プライベート・アプリケーションへのアクセスを保護するのに適したベンダーの見極めに役立つ。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

ネットワーク・ファイアウォールのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
ネットワーク・ファイアウォールの新たなユースケースが進化するのに伴い、従来型ファイアウォール・ベンダーはそれらに対応すべくソリューションの買収や開発を行っている。また、特定のユースケースに特化したベンダーも出現している。本マジック・クアドラントでは、企業が自社のニーズに合った選択ができるよう、19社のプロバイダーについて評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
インダストリアルIoTプラットフォーム・ベースのソリューションは進化を続け、ITとOTのインテグレーションをサポートしている。産業用機器/システムを扱う企業のアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダーは、短期的/長期的な能力と可能性のバランスを取ることで、自社のビジネス部門が適切なインダストリアルIoTプラットフォームを選択できるよう支援する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

HCIソフトウェアのマジック・クアドラント

Hiroko Aoyama
HCIソフトウェア・スタックは、コンピューティング/ストレージ/ネットワーキング/管理にわたるインフラストラクチャをサポートする。I&Oリーダーは、HCIソフトウェアを、クラウド・ネイティブ、エッジ、ハイブリッド・クラウド、仮想デスクトップ・インフラストラクチャの各ユースケースに関する要件に対応できるテクノロジとして捉える必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

WANエッジ・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
デジタル・トランスフォーメーション、リモートワーク、クラウド採用の拡大により、ネットワーキングを担当するI&OリーダーがWANエッジ・インフラストラクチャを選択する傾向が強まっている。I&Oリーダーは、複数のソフトウェア・デファインドWANソリューションやセキュア・アクセス・サービス・エッジの展開手法から適切なものを選定し、社内のサイトやアプリケーションを接続すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

クラウド・インフラストラクチャ/プラットフォーム・サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
企業は、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google CloudのようなパブリックCIPSプロバイダーを利用する動きを大幅に加速し、スケーラビリティと俊敏性を向上させようとしている。プロバイダーごとに大きな違いがあるため、I&Oリーダーは、戦略的にクラウド・プロバイダーを選定する際には慎重を期する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

マネージドIoT接続サービスのマジック・クアドラント:世界市場

Takeshi Ikeda
マネージドIoT接続サービスは、複数のIoTプロバイダーを利用して、さまざまな地域にわたりIoT接続をソーシングする際の複雑性を低減する。IoTに対応したビジネスを構築するI&Oリーダーは、本マジック・クアドラントを利用することで、地域横断型のIoT接続と付加価値サービスの要件に対応しているベンダーを評価できる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

アプリケーション・パフォーマンス監視のマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
アプリケーション・パフォーマンス監視ツールは強力なアナリティクス・プラットフォームとなり、トレース、メトリクス、ログを取り込んで分析し、コンテキストを構築している。アプリケーション・パフォーマンス監視ソフトウェアを選定するI&Oリーダーは、こうした機能と、アプリケーション・パフォーマンス監視の中核機能や、新規/既存ベンダーが提供する自動化機能を比較して評価する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
キャンパスおよびブランチ・オフィス・ネットワーキングは、ユーザー・エクスペリエンスを改善しエッジ・ネットワーキングのようなユースケースをサポートする方向に進化している。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、アクセス・ネットワークの接続、自動化、管理に関して、変化する要件に対応可能なベンダーを特定しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションのマジック・クアドラント:世界市場

Takeshi Ikeda
サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションのプロバイダーは、マルチテナント・クラウドをベースに独自のユニファイド・コミュニケーション・サービスを開発・運用・保守しており、そうしたサービスは、顧客にとっての総合コストがオンプレミス・ソリューションより低くなることが多い。本マジック・クアドラントでは、デジタル・ワークプレース・アプリケーションのリーダーが自社に最適な選択を下せるようサポートする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー 日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
最新のアプリケーションに欠かせない要素としてクラウドAI開発者サービスが台頭しているため、こうしたサービスを利用しない企業は不利になる。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア・エンジニアリングのリーダーが強力な次世代アプリケーションを実現するために必要なAIサービスについて解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
産業用機器/システムを扱う企業のCIOは、インダストリアルIoTプラットフォームの選定においてより大きな役割を担うようになっている。第1世代のソリューションが進化し、運用に対する信頼が高まるにつれて、ITとOTの複雑なインテグレーションが加速している。CIOは、短期的な影響に加えて、インダストリアルIoTプラットフォームが秘める長期的な可能性に注目しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソフトウェアのマジック・クアドラント

Hiroko Aoyama
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのソフトウェア・スタックは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、管理をカバーするソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャをサポートする。I&Oリーダーは、HCIソフトウェアを、コアIT、ビジネス・クリティカル、クラウド、エッジ、仮想デスクトップ・インフラストラクチャの各ユースケースに関する要件に対処可能なテクノロジとして捉える必要がある。

 

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

会議ソリューションのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
会議ソリューションは、コミュニケーション、コラボレーション、コンテンツ共有の機能を融合して仮想会議における多種多様なユースケースに対応する。デジタル・ワークプレースに取り組むアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに最適なベンダーを決定できるよう、本マジック・クアドラントおよび関連リサーチであるクリティカル・ケイパビリティを活用されたい。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ユニファイド・エンドポイント管理のマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
UEM市場は、劇的な変化と新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより激動の1年となった。過去12カ月のうちに、レガシーCMTの限界が露呈し、I&Oリーダーは、複雑性の低減、ロケーション非依存のデバイス管理、デバイスのパフォーマンスとユーザー・エクスペリエンスを追跡し改善するアナリティクスを求めて、UEMに目を向けた。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

セキュリティ・サービス・エッジのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
セキュリティ・サービス・エッジ・ソリューション市場が台頭した背景には、ハイブリッド・ワークフォースを採用している企業が持つ、「一貫したセキュリティをクラウドから適用したい」というニーズが存在する。本マジック・クアドラントは、Web、クラウド・サービス、プライベート・アプリケーションへのアクセスを保護するのに適したベンダーの見極めに役立つ。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

ネットワーク・ファイアウォールのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
ネットワーク・ファイアウォールの新たなユースケースが進化するのに伴い、従来型ファイアウォール・ベンダーはそれらに対応すべくソリューションの買収や開発を行っている。また、特定のユースケースに特化したベンダーも出現している。本マジック・クアドラントでは、企業が自社のニーズに合った選択ができるよう、19社のプロバイダーについて評価する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

アクセス管理のマジック・クアドラント

Kaoru Yano
アクセス管理は「アイデンティティ・ファースト」のセキュリティにおける重要基盤として位置付けられる。いつでも、どこからでも、アクセスを可能にするに当たって、アイデンティティへの依存度が増しており、より信頼度が高く、採用が容易なAMが求められている。今後、アイデンティティ・オーケストレーション、IAMの統合、SaaSレジリエンスの重要性がこれまで以上に高まるものと考えられる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント

Kaoru Yano
本マジック・クアドラントでは、企業が社内のエンドポイントを攻撃やセキュリティ侵害から保護できるようにするためのイノベーションを評価している。本市場でテクノロジとプラクティスを方向付けているトレンドは2つあり、1つはエンドポイント攻撃におけるステルス性の拡大、もう1つはリモートワークの急増である。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

セキュアWebゲートウェイのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
ベンダー各社は、コアのSWGソリューションを拡大して、CASB、ゼロトラスト・ネットワーク・アクセス、FWaaS、リモート・ブラウザ分離などのセキュリティ機能を追加している。このように幅広いポートフォリオは、セキュリティ・ベンダーを集約しようとしているセキュリティおよびリスク・マネジメントの担当者に対して訴求力を発揮する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

CASBのマジック・クアドラント

Kaoru Yano
クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカは、今やクラウド・セキュリティ戦略に必須の要素になっており、SRMリーダーがクラウド・サービスに対してクラウドのリスクをアセスメントできるようサポートする。また、機密情報を特定して保護し、脅威を検知して緩和しながら、クラウド関連の効果的なガバナンスとコンプライアンスを実現する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
インダストリアルIoTプラットフォーム・ベースのソリューションは進化を続け、ITとOTのインテグレーションをサポートしている。産業用機器/システムを扱う企業のアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダーは、短期的/長期的な能力と可能性のバランスを取ることで、自社のビジネス部門が適切なインダストリアルIoTプラットフォームを選択できるよう支援する必要がある。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
今日のアナリティクス/BIプラットフォームは、全面的に拡張され、ユーザーがローコード/ノーコードでワークフローやアプリケーションを組み立てられるようになった。選定に当たって重視すべき要素は、クラウド・エコシステム、そしてデジタル・ワークプレース・ツールとの連携である。本マジック・クアドラントは、データ/アナリティクスのリーダーによるアナリティクス/BIプラットフォームの計画・選定を支援するものである。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの市場は、顧客、パートナー、従業員のデジタル・エクスペリエンスを管理するプラットフォームに対する需要を反映している。本マジック・クアドラントにより、Web、ポータル、モバイルなどのデジタル・チャネルにわたって自社のニーズを満たすベンダーを見極めることができる。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
データベース管理システムは、クラウドへの移行を続け、それがベンダーと製品の全容をますます複雑なものにしている。本マジック・クアドラントは、データ/アナリティクス・リーダーが、複雑で急速に進化する市場で正しい選択を下すために役立つ。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

顧客の声のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
顧客の声アプリケーションを使用すると、CXをサポートするアプリケーション・リーダーは、顧客のニーズとパーセプションへの理解を深めてCXの管理を改善できる。生成されたインサイトは、全社で取り組むべきレコメンデーションとアクションを導き出す。本マジック・クアドラントでは、最も先進的なベンダー14社を評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

データ統合ツールのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
ハイブリッド/マルチクラウド環境のデータ統合、拡張データ管理、データ・ファブリックの要件に牽引され、データ統合ツール市場は再び勢いを増している。本マジック・クアドラントでは、データ/アナリティクス・リーダーが自社のデータ統合ニーズに最適な選択を下せるように、ベンダー18社を評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

クラウドHCMスイートのマジック・クアドラント

Koji Motoyoshi
人的資本管理スイートの市場は、覇権を争うERP/人事/給与管理のベンダーが混在する多様な市場である。従業員数1,000人以上の企業でクラウドHCMスイート戦略を追求するアプリケーション・リーダーは、主要ベンダーを評価するために本マジック・クアドラントを活用されたい。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

会議ソリューションのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
会議ソリューションは、コミュニケーション、コラボレーション、コンテンツ共有の機能を融合して仮想会議における多種多様なユースケースに対応する。デジタル・ワークプレースに取り組むアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに最適なベンダーを決定できるよう、本マジック・クアドラントおよび関連リサーチであるクリティカル・ケイパビリティを活用されたい。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

製造業向けクラウドERPのマジック・クアドラント

Koji Motoyoshi
ERP市場は、クラウドへの移行を加速させている。ERPを担当するアプリケーション・リーダーは、本マジック・クアドラントを活用し、クラウドERPをコンポーザブルERP戦略の一環として評価すべきである。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

マルチエクスペリエンス開発プラットフォームのマジック・クアドラント

Harutoshi Katayama
マルチエクスペリエンス開発プラットフォームは、Web/モバイル/対話型/デジタル・ツイン/IoTおよびARアプリケーションに対応し、相互接続されたリッチなユーザー・エクスペリエンスを構築する生産的な手段をソフトウェア・エンジニアリング・チームに提供する。本マジック・クアドラントでは、マルチエクスペリエンス開発プラットフォームのベンダーを、そのビジョンと実行力に基づいて評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

CPQアプリケーション・スイートのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
CPQアプリケーション・スイート市場は2020年に14.1%成長し、概算で14億4,000万ドルの市場規模に達した。本マジック・クアドラントでは、アプリケーション・リーダーがニーズに最適なベンダーを選定できるよう17社のベンダーを評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

全ライフサイクルのAPI管理のマジック・クアドラント

Kimihiko Iijima
新たなビジネスモデル、アプリケーション開発トレンド、近代化の急務がAPIの需要に拍車を掛けており、ソフトウェア・エンジニアリング・リーダーの関心は、全ライフサイクルのAPI管理という多様かつ変化する市場に向けられている。本マジック・クアドラントでは、適切な選択に役立つように、17社のベンダーを評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

エンタプライズiPaaSのマジック・クアドラント

Kimihiko Iijima
IT専門職、ならびにビジネス指向の担当者は、統合戦略の主要コンポーネントとしてますますEiPaaSを採用するようになっている。こうして採用が本格化しているにもかかわらず、ベンダーの選択肢は細分化され、理解は難しい。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア・エンジニアリング・リーダーによるEiPaaSソリューションの選定に役立つよう、17社のベンダーを評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

B2Bマーケティング・オートメーション・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
法人顧客を獲得するには、妥当性とコンバージョンを促進し、成長を実現するために、法人顧客の動機と振る舞いに対する深いインサイトが必要となる。デジタル・マーケティング・リーダーは、営業チームなどのステークホルダーと協業し、自社に適したB2Bマーケティング・オートメーション・ソリューションを評価しなければならない。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

エンタプライズ・ローコード・アプリケーション・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kimihiko Iijima
企業は、新規ソリューションの迅速なデリバリとビジネス機能の最新化のために、IT部門/ビジネス部門のフュージョン・チームによる開発を可能にするLCAPの採用を増やしている。アプリケーションおよびソフトウェア・エンジニアリングのリーダーは、グローバル市場の主要なベンダーを比較・検討するために本マジック・クアドラントを活用すべきである。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

エンタプライズ・アジャイル・プランニング・ツールのマジック・クアドラント

Harutoshi Katayama
ディスラプションの増加により、アジャイル開発とエンタプライズ・アジャイル・プランニング・ツールの採用率は高まっている。エンタプライズ・アジャイル・プランニング・ツールという成長市場とそのベンダー16社を評価した本マジック・クアドラントは、アプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダーによる適切な選定を支援する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

デジタル・コマースのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって生まれた新しいビジネスモデルや販売プロセスに企業が適応するにつれて、デジタル・コマースへの投資は増え続けている。本マジック・クアドラントでは、アプリケーション・リーダーが十分な情報に基づいて意思決定を下せるように、17社のデジタル・コマース・プラットフォーム・ベンダーの存続力を評価する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

フィールド・サービス管理のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
本マジック・クアドラントのベンダーの位置付けには、拡張現実を利用した顧客とのコラボレーション、ナレッジの収集、人工知能による品質管理、カスタマー・セルフサービスといった分野に対する顧客企業の期待が反映されている。ベンダーを評価する際には、技術者によって支えられているビジネス成果が確かに改善されるかを検証することが求められる。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

ロボティック・プロセス・オートメーションのマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
ロボティック・プロセス・オートメーションは今なお急成長を続けているソフトウェアであり、戦術的な自動化によって運用効率を改善するための、最も一般的な選択肢の1つとなっている。本マジック・クアドラントでは、有力なエンタプライズ・ベンダーを評価し、ニーズに最適な選択を下せるよう支援する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

営業支援のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
営業支援の市場は、2020年に10.9%成長して推定81.5億ドル規模になり、ベンダーは、ガイド付き販売、アクティビティ管理、および全体的なプラットフォーム機能を改善した。16社のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、アプリケーション・リーダーが営業の実行に関するニーズに最適なソリューションを選択する上で役立つ。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

CRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
新型コロナウイルス感染症は、顧客サービス部門に即座の対応を迫り、顧客エンゲージメント・センターの需要と採用を大規模に加速させた。本マジック・クアドラントでは、CRM顧客エンゲージメント・センターのベンダー16社を評価し、現在および長期のニーズを満たす最適なソリューションをアプリケーション・リーダーが見つけられるよう支援する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

クラウドHCMスイートのマジック・クアドラント

Koji Motoyoshi
HCMスイートは、コアのHR、給与/タレント/ワークフォース、HRサービスの管理をサポートする。従業員数1,000人以上の企業でクラウドHCM戦略を追求するアプリケーション・リーダーは、主要ベンダーを評価するために本マジック・クアドラントを活用されたい。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー 日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
最新のアプリケーションに欠かせない要素としてクラウドAI開発者サービスが台頭しているため、こうしたサービスを利用しない企業は不利になる。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア・エンジニアリングのリーダーが強力な次世代アプリケーションを実現するために必要なAIサービスについて解説する。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

データ・サイエンス/機械学習プラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
本マジック・クアドラントでは、データ・サイエンティストなどがデータの入手、モデルの構築、機械学習の運用に使用できるプラットフォームのベンダー20社を評価する。製品開発の勢いは緩むことなく続くため、成熟しつつも混沌としたDSMLプラットフォーム市場に対して、適切な判断を下すために本マジック・クアドラントを役立てられたい。

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
アナリティクスとBIの分野では、そのプラットフォームに拡張機能が浸透するにつれ、セルフサービスの定義が変化している。また、クラウド・エコシステムや、オフィス・ツールとの連携も重要な選定要件になっている。アナリティクスとBIのロードマップを計画するデータ/アナリティクスのリーダーは、本マジック・クアドラントを役立てられたい。

 

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの市場は、顧客、パートナー、従業員のエンゲージメントを確保するプラットフォームに対する需要を反映している。アプリケーション・リーダーは、本マジック・クアドラントを使用して、Web、モバイル、および新しいデジタル・チャネルやインタラクション・モードにわたって自社のニーズを満たすベンダーを見極める必要がある。

 

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

顧客の声のマジック・クアドラント

J. Davies E. Thompson
VoCアプリケーションを使用すると、CXをサポートするアプリケーション・リーダーは、顧客の話に耳を傾け、理解する方法を強化することができ、生成されたインサイトは、顧客ロイヤリティを向上させ、測定可能なビジネス・メリットを提供する上で役立つアクションを導き出す。本マジック・クアドラントでは、最も先進的なベンダー15社を評価する。

 

日本におけるアプリケーションとソフトウェア・エンジニアリングのリーダー MQ

クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
データ管理に広く用いられるDBMSの稼働環境は、クラウドへと急速にシフトしており、これによってベンダーと製品の情勢がますます複雑化している。この複雑な市場で正しい選択をするために、データ/アナリティクス・リーダーは本マジック・クアドラントを役立てられたい。

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850