マジック・クアドラント

2020-2021年レポート一覧(2021年5月31日時点)

マジック・クアドラントは、個々のマーケットで競合しているプレーヤー各社を相対的に位置付けて提示するガートナーの代表的なリサーチの1つです。こちらでは日本語でも提供されているマジック・クアドラントをご紹介いたします。マジック・クアドラントの詳細についてはこちら(日本語)でご確認ください。

※本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
キャンパスおよびブランチ・オフィス・ネットワーキングは、ユーザー・エクスペリエンスを改善しエッジ・ネットワーキングのようなユースケースをサポートする方向に進化している。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、アクセス・ネットワークの接続、自動化、管理に関して、変化する要件に対応可能なベンダーを特定しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションのマジック・クアドラント:世界市場

Takeshi Ikeda
サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションのプロバイダーは、マルチテナント・クラウドをベースに独自のユニファイド・コミュニケーション・サービスを開発・運用・保守しており、そうしたサービスは、顧客にとっての総合コストがオンプレミス・ソリューションより低くなることが多い。本マジック・クアドラントでは、デジタル・ワークプレース・アプリケーションのリーダーが自社に最適な選択を下せるようサポートする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー 日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
最新のアプリケーションに欠かせない要素としてクラウドAI開発者サービスが台頭しているため、こうしたサービスを利用しない企業は不利になる。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア・エンジニアリングのリーダーが強力な次世代アプリケーションを実現するために必要なAIサービスについて解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

データ・サイエンス/機械学習プラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
本マジック・クアドラントでは、データ・サイエンティストなどがデータの入手、モデルの構築、機械学習の運用に使用できるプラットフォームのベンダー20社を評価する。製品開発の勢いは緩むことなく続くため、成熟しつつも混沌としたDSMLプラットフォーム市場に対して、適切な判断を下すために本マジック・クアドラントを役立てられたい。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

有線/無線LANアクセス・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
キャンパスおよびブランチ・オフィス・ネットワーキングは、ユーザー・エクスペリエンスを改善しエッジ・ネットワーキングのようなユースケースをサポートする方向に進化している。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、アクセス・ネットワークの接続、自動化、管理に関して、変化する要件に対応可能なベンダーを特定しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションのマジック・クアドラント:世界市場

Takeshi Ikeda
サービスとしてのユニファイド・コミュニケーションのプロバイダーは、マルチテナント・クラウドをベースに独自のユニファイド・コミュニケーション・サービスを開発・運用・保守しており、そうしたサービスは、顧客にとっての総合コストがオンプレミス・ソリューションより低くなることが多い。本マジック・クアドラントでは、デジタル・ワークプレース・アプリケーションのリーダーが自社に最適な選択を下せるようサポートする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー 日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
最新のアプリケーションに欠かせない要素としてクラウドAI開発者サービスが台頭しているため、こうしたサービスを利用しない企業は不利になる。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア・エンジニアリングのリーダーが強力な次世代アプリケーションを実現するために必要なAIサービスについて解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
産業用機器/システムを扱う企業のCIOは、インダストリアルIoTプラットフォームの選定においてより大きな役割を担うようになっている。第1世代のソリューションが進化し、運用に対する信頼が高まるにつれて、ITとOTの複雑なインテグレーションが加速している。CIOは、短期的な影響に加えて、インダストリアルIoTプラットフォームが秘める長期的な可能性に注目しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソフトウェアのマジック・クアドラント

Hiroko Aoyama
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのソフトウェア・スタックは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、管理をカバーするソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャをサポートする。I&Oリーダーは、HCIソフトウェアを、コアIT、ビジネス・クリティカル、クラウド、エッジ、仮想デスクトップ・インフラストラクチャの各ユースケースに関する要件に対処可能なテクノロジとして捉える必要がある。

 

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

会議ソリューションのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
会議ソリューションは、コミュニケーション、コラボレーション、コンテンツ共有の機能を融合して仮想会議における多種多様なユースケースに対応する。デジタル・ワークプレースに取り組むアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに最適なベンダーを決定できるよう、本マジック・クアドラントおよび関連リサーチであるクリティカル・ケイパビリティを活用されたい。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ユニファイド・エンドポイント管理のマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
UEM市場は、劇的な変化と新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより激動の1年となった。過去12カ月のうちに、レガシーCMTの限界が露呈し、I&Oリーダーは、複雑性の低減、ロケーション非依存のデバイス管理、デバイスのパフォーマンスとユーザー・エクスペリエンスを追跡し改善するアナリティクスを求めて、UEMに目を向けた。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

WANエッジ・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
ネットワーキングに責任を負うI&O部門のリーダーは、デジタル・トランスフォーメーションや加速するクラウド採用に対応すべく、WANエッジ・インフラストラクチャの刷新を迫られている。I&Oリーダーは、アプリケーションに対するエンドユーザーのコネクティビティという要件の高まりに対処しているSD-WANベンダーを選択する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ITサービス管理ツールのマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
ITサービス管理ツールは、I&O部門が提供するサービスにビジネス価値をもたらす上で不可欠である。本マジック・クアドラントでは、I&Oリーダーが現在と将来のITロードマップとの整合性が取れたITサービス管理ツールを選択できるよう、エンタプライズITサービス管理ツール市場のベンダーについて解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ロボティック・プロセス・オートメーションのマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
ロボティック・プロセス・オートメーションは、ユーザーや環境に対する影響の少ない統合を介して運用効率を改善する戦術的ソリューションとして、成長を続けている。本マジック・クアドラントでは、ロボティック・プロセス・オートメーション市場と、同ソフトウェアに対応している有力エンタプライズ・ベンダーを解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

クラウド・インフラストラクチャ/プラットフォーム・サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
ハイパースケール・クラウド・プロバイダー (ハイパースケーラー) 間の能力のギャップは埋まり始めているが、企業向けのワークロードを巡る熾烈な競争が全世界で拡大している。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、変化する市場において、広範なプレゼンスを有し、さまざまなユースケースに対応できるクラウド・プロバイダーを評価すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

マネージドIoT接続サービスのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
マネージドIoT接続サービスのプロバイダーは、接続回線、ツール、付加価値サービスを提供することで、接続管理の簡素化を実現している。IoT対応ビジネスを構築しているCIOは、地域横断型の接続/付加価値サービスを提供しているベンダーを評価し成果を挙げるべく、本マジック・クアドラントを利用できる。

 

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

アプリケーション・パフォーマンス監視のマジック・クアドラント

Yoshifumi Abe
アプリケーション・パフォーマンス監視ベンダーは、クラウド・インフラストラクチャ、デジタル・エクスペリエンス、ビジネス・ジャーニーのサポート強化に伴い、アプリケーション・パフォーマンスがデジタル・ビジネスに及ぼす影響を予測する機能を拡大させている。アプリケーション・パフォーマンス監視ソフトウェアを選定するI&O部門のリーダーは、同機能の使いやすさと自動化の状況を評価する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
本マジック・クアドラントは、言語、ビジョン、autoMLといった分野におけるクラウドAIサービスを包括的に「クラウドAI開発者サービス」と捉え、この包括的サービスを提供するベンダーの候補リストをアプリケーション・リーダーが作成できるよう支援するものである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー MQ

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのマジック・クアドラント

Hiroko Aoyama
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションは広範なユースケースおよび展開オプションに著しく浸透しつつあるが、こうしたソリューションには限界があることも明らかとなってきた。I&Oリーダーは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションを、ITインフラストラクチャに関するあらゆる問題を解決するものとしてではなく、1つの手段と見なすべきである。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

セキュアWebゲートウェイのマジック・クアドラント

Takeshi Ikeda
ベンダー各社は、コアのSWGソリューションを拡大して、CASB、ゼロトラスト・ネットワーク・アクセス、FWaaS、リモート・ブラウザ分離などのセキュリティ機能を追加している。このように幅広いポートフォリオは、セキュリティ・ベンダーを集約しようとしているセキュリティおよびリスク・マネジメントの担当者に対して訴求力を発揮する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー MQ

CASBのマジック・クアドラント

Kaoru Yano
クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカは、今やクラウド・セキュリティ戦略に必須の要素になっており、SRMリーダーがクラウド・サービスに対してクラウドのリスクをアセスメントできるようサポートする。また、機密情報を特定して保護し、脅威を検知して緩和しながら、クラウド関連の効果的なガバナンスとコンプライアンスを実現する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー 日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

クラウドAI開発者サービスのマジック・クアドラント

Tadaaki Mataga
最新のアプリケーションに欠かせない要素としてクラウドAI開発者サービスが台頭しているため、こうしたサービスを利用しない企業は不利になる。本マジック・クアドラントでは、ソフトウェア・エンジニアリングのリーダーが強力な次世代アプリケーションを実現するために必要なAIサービスについて解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

データ・サイエンス/機械学習プラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
本マジック・クアドラントでは、データ・サイエンティストなどがデータの入手、モデルの構築、機械学習の運用に使用できるプラットフォームのベンダー20社を評価する。製品開発の勢いは緩むことなく続くため、成熟しつつも混沌としたDSMLプラットフォーム市場に対して、適切な判断を下すために本マジック・クアドラントを役立てられたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
アナリティクスとBIの分野では、そのプラットフォームに拡張機能が浸透するにつれ、セルフサービスの定義が変化している。また、クラウド・エコシステムや、オフィス・ツールとの連携も重要な選定要件になっている。アナリティクスとBIのロードマップを計画するデータ/アナリティクスのリーダーは、本マジック・クアドラントを役立てられたい。

 

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームの市場は、顧客、パートナー、従業員のエンゲージメントを確保するプラットフォームに対する需要を反映している。アプリケーション・リーダーは、本マジック・クアドラントを使用して、Web、モバイル、および新しいデジタル・チャネルやインタラクション・モードにわたって自社のニーズを満たすベンダーを見極める必要がある。

 

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

顧客の声のマジック・クアドラント

J. Davies E. Thompson
VoCアプリケーションを使用すると、CXをサポートするアプリケーション・リーダーは、顧客の話に耳を傾け、理解する方法を強化することができ、生成されたインサイトは、顧客ロイヤリティを向上させ、測定可能なビジネス・メリットを提供する上で役立つアクションを導き出す。本マジック・クアドラントでは、最も先進的なベンダー15社を評価する。

 

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
データ管理に広く用いられるDBMSの稼働環境は、クラウドへと急速にシフトしており、これによってベンダーと製品の情勢がますます複雑化している。この複雑な市場で正しい選択をするために、データ/アナリティクス・リーダーは本マジック・クアドラントを役立てられたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

エンタプライズ・ローコード・アプリケーション・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kimihiko Iijima
エンタプライズ・ローコード・アプリケーション・プラットフォームは、中央、部門、市民の各レベルにわたるIT全体に高い生産性と多様な能力を提供する。本マジック・クアドラントでは、ローコード・アプリケーション・プラットフォーム・ベンダー18社を評価し、企業のニーズに適したプラットフォームの選定を支援する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

CPQアプリケーション・スイートのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
CPQアプリケーション市場は2019年に15.5%成長し、概算で14億2,000万ドルの市場規模に達した。市場は競争が激しく、断片化されたままであり、17%を超えるシェアを占めるベンダーは存在しない。本マジック・クアドラントでは、アプリケーション・リーダーがニーズに最適なベンダーを選択できるよう、17社のベンダーを評価する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

デジタル・コマースのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、ユーザー企業はデジタル・コマース・アプリケーションの採用を迫られ、ベンダーは新しいアプローチと価格設定モデルを強いられたため、デジタル・コマースの市場は新たな高みへと押し上げられている。本マジック・クアドラントでは、デジタル・コマースをサポートするアプリケーション・リーダーが十分な情報に基づいて評価を下せるように、ベンダー15社の存続力を評価する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

CRMリード管理のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
顧客を獲得するには、妥当性とコンバージョンを促進し、成長を実現するために、購入者の動機と振る舞いに対する深いインサイトが必要である。アプリケーション・リーダーは、マーケティング部門および営業部門のチームと協業し、自社に適したリード管理アプリケーションを評価しなければならない。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

データ統合ツールのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
データ統合ツール市場は、ハイブリッド・クラウドあるいはマルチクラウドのデータ管理、拡張データ統合、およびデータ・ファブリック設計という要件へ早期に対応しようと再び活気づいている。20のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、データ/アナリティクス・リーダーがデータ統合のニーズに最適なものを選択する上で役立つ。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

営業支援のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
営業支援の市場は2019年に11.1%成長し、概算で78億ドルの市場規模に達しており、ベンダーは使いやすさ、営業予測、ガイド付き販売を改善した。15社のベンダーを評価した本マジック・クアドラントは、営業業務の遂行に関する要件を最も満たすソリューションをアプリケーション・リーダーが選定する上で役立つ。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

エンタプライズ・アジャイル・プランニング・ツールのマジック・クアドラント

Harutoshi Katayama
エンタプライズ規模のアジャイル方法論が主流になるに従って、新興ベンダーがこれまでのリーダーに挑戦することに成功している。本マジック・クアドラントは、エンタプライズ・アジャイル・プランニング・ツールのベンダー16社を評価しており、組織が適切な選定を行う上で役立つ。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

フィールド・サービス管理のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
本マジック・クアドラントにおけるベンダーの位置付けは、コラボレーション、安全性、ビジネスモデル、部品やワークフォースのプランニングのためのAI駆動型による意思決定支援といった分野における顧客企業の新たな期待を反映している。ベンダーを評価する際には、複数のテクノロジ、アライアンス、実績を組み合わせて検討すべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

マルチエクスペリエンス開発プラットフォームのマジック・クアドラント

Harutoshi Katayama
デジタル関連のユーザー・エクスペリエンスは、マルチデバイス/マルチタッチポイント/マルチモーダルのインタラクションにわたる傾向を徐々に強めており、まさにマルチエクスペリエンスの道のりをたどっている。本マジック・クアドラントでは、Web、モバイル、会話型、イマーシブ、ウェアラブルの各アプリにわたるユーザー・エクスペリエンスを構築するためのマルチエクスペリエンス開発プラットフォームのベンダーを評価する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

CRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
顧客サービス機能の統合により、CRM顧客エンゲージメント・センターは再定義されつつあり、ベンダーのロードマップでは、人工知能とデジタル・エンゲージメントへの増資が最優先事項となっている。本マジック・クアドラントは16社のベンダーを調査し、ますます複雑化するこの状況にアプリケーション・リーダーが対応できるよう支援するものである。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

マルチチャネル・マーケティング・ハブのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
デジタル・マーケティングのリーダーは、マルチチャネル・マーケティング・ハブを使用することで、コンテキストに即した適切なエクスペリエンスを複雑なジャーニーにわたって調整する。ベンダーは、パーソナライズされたやりとりを促進する予測的インサイトによってサポートされる統一された顧客プロファイルを強調している。適切なMMHソリューションを評価するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

ソフトウェア・テスト自動化のマジック・クアドラント

Harutoshi Katayama
DevOps施策を進めるアプリケーション・リーダーが成功するためには、効果的なテスト自動化が必要となる。本マジック・クアドラントでは、機能の自動テストの迅速かつ大規模な実施や、DevOpsに不可欠とされる継続的なテストを可能にするベンダー10社を評価する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

ワークフォース・エンゲージメント管理のマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
テクノロジの融合とイノベーションによって、ワークフォース・エンゲージメント管理市場の再編が続いている。顧客サービスに関する大志と、総合的なカスタマー・エクスペリエンスを実現するには、従業員のエンゲージメントが不可欠である。本マジック・クアドラントでは、アプリケーション・リーダーが自社のニーズに合った最適なワークフォース・エンゲージメント管理ソリューションを選択できるように、ベンダー8社を評価する。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

データ・サイエンス/機械学習プラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
データ・サイエンス業務に従事するデータ・サイエンティストなどのプロフェッショナルは、データを入手し、モデルを構築し、機械学習で得られたインサイトを運用するための機能を必要としている。ベンダーが飛躍的に成長し、プロダクトが開発され、多数のビジョンが競合している状況は、健全な市場が急速に成熟しつつあることの表れである。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

アナリティクス/BIプラットフォームのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
アナリティクス/BIプラットフォームの選定では、クラウドが影響を及ぼすようになっていることに加え、拡張機能が主要な差別化要因になりつつある。こうした変化を踏まえて、アナリティクス/BIテクノロジのポートフォリオを発展させたいと考えるデータとアナリティクスのリーダーは、本マジック・クアドラントを役立てられたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームのマジック・クアドラント

Kensuke Kawabe
デジタル・エクスペリエンスに対する顧客の期待が高まっているため、グローバル企業は、デジタル・エクスペリエンス・プラットフォームを至急採用する必要があるが、本市場は断片化しており、現在も進化の途上にある。デジタル・エクスペリエンスを担当するアプリケーション・リーダーは、自社のニーズに適したベンダーを見極めるために本マジック・クアドラントを活用されたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント

Tatsuya Ichishi
「クラウド・ファースト」の傾向が市場の競争をますます激化させる中、オペレーショナル・データベース管理システムを評価しようとするデータとアナリティクスのリーダーは、現在だけでなく将来も見据えた自社のニーズを見極めなければならない。

日本におけるアプリケーション・リーダー MQ

クラウドHCMスイートのマジック・クアドラント

Koji Motoyoshi
HCMスイートは、コアのHR、給与/タレント/ワークフォース、HRサービスの管理をサポートする。従業員数1,000人以上の企業でクラウドHCM戦略を追求するアプリケーション・リーダーは、主要ベンダーを評価するために本マジック・クアドラントを活用されたい。

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850