2021年以降のリモートワークを支えるテクノロジ

リモートワーカーにとって最適なテクノロジとインフラストラクチャ

eBook「ハイブリッドな未来の働き方へ」をダウンロード

「続行」ボタンをクリックいただくと、コンファレンス登録規約 および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

連絡先情報

すべて必須項目となります。

  • ステップ 2 / 3

    「続行」ボタンをクリックいただくと、コンファレンス登録規約 および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

    勤務先情報

    すべて必須項目となります。

    Optional Optional
  • ステップ 3 / 3

    「送信」ボタンをクリックいただくと、コンファレンス登録規約 および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

    ハイブリッド・ワークフォースの潜在力を引き出す

    多くの企業は、パンデミックへの緊急対応としてリモートワークを導入しました。そして、これまでの成功に驚きを見せています。しかし、リモートワークによってビジネス・オペレーションを継続的に成功させるためにテクノロジ・イノベーションをどのように加速すべきかについては、依然として多くの企業が疑問を抱いています。

    CIOとインフラストラクチャ・リーダーは、テクノロジのシフトについて再考すると共に、従業員の生産性をサポートして「未来の働き方」を定義する新しいアイデアとテクノロジを取り入れる必要があります。

    レジリエンスは経験から生まれます。 (中略) レジリエンスを測定するのは難しい点もありますが、人材定着の観点から考えると重要です。次にこのような事態が発生した時に、レジリエンスの測定に真剣に取り組まなかった企業や、取り組みが不足した企業が周囲にあふれるでしょう

    Mike Pfister

    Senior Managing Director, Chief Technology Officer, SGX

    リモートワークは成長に貢献

    2024年末までに企業は、ビジネスのデジタル・トランスフォーメーション (DX) 計画を加速させ、リモートワークとデジタル・タッチポイントの導入が継続的に進む、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 後の世界に適応することを迫られます。ITリーダーは、ビジネスの成長につながるリモートワークをサポートするための投資に注力する必要があります。

    未来の働き方にいは、市場や人口動態の変化、先進テクノロジ、新しい雇用モデルなどが関係しています。

    活用いただけるガートナーの知見

    長期的なIT投資は、一貫した従業員の生産性とカスタマー・エクスペリエンス (CX) の向上を実現するために、オンサイトとリモートワーク全体で拡大していきます。このような新しい働き方を実現するためには、クラウド・ベースのソリューション、一般的な企業グレードのネットワーク、永続的なセキュリティに向かう動きを加速することが必要です。ガートナーは、ITリーダーがITオペレーティング・モデルを再考してパンデミックによる長期的な変化に備えられるよう支援します。

    Predicts 2021: Infrastructure Operations and Cloud Management

    クラウド・ネイティブのアプリケーションは、可視性の面でギャップをもたらし、監視と管理の課題を生じさせます。ガートナーは、MLやAIといったテクノロジを活用して分散型システムの関係性やパフォーマンスを把握できる態勢が整っていないI&Oリーダーを支援します。

    Improve Remote Work Effectiveness by Rising to These Top 10 Meeting Challenges

    ガートナーが7,000人以上のデジタル・ワーカーを対象に行ったサーベイにより、最新のデジタル・ミーティングに関する10の主要な課題が明らかになりました。リモートワーク戦略を担当する経営幹部は、組織の成功のために会議のプラクティス/テクノロジ/文化の改善を優先しなければなりません。

    Panel Discussion - Remote Work Now and Beyond

    COVID-19でパンデミックが発生したことで、企業は既存の業務能力を拡大したり、必要に迫られてプログラムを開始したりと、リモートワークへのアプローチの見直しを迫られました。こちらで紹介する無償のパネルディスカッション形式のウェビナーでは、ガートナーのエキスパートが分野を超えて集まり、リモートワークの課題について議論しています。

    ガートナーのデータによると、パンデミック前にリモートで働く従業員の割合は30%でしたが、現在は50%にまで増えています。 (中略) 企業は、従業員のエンゲージメントを向上させ、パフォーマンスを高める方法を考える必要があります

    Adriana Duque Hughes

    ガートナー、人事担当シニア ディレクター

    エキスパートのプレゼンテーションをオンラインで視聴

    CIO および IT リーダー向けや、ソリューション・プロバイダー向けに、様々な分野における最新の知見をガートナーのエキスパートからご紹介しています。

    ガートナー・エキスパートからの知見

    重要なテーマについて、ガートナーの最新の知見をご覧いただけます。

    ガートナーのコンファレンスを体験

    ガートナのコンファレンスでは、CIOをはじめ、IT投資、導入、運用管理にかかわるすべての意思決定者のために、最新・最適な情報とアドバイス、コミュニティを提供します。