Newsroom

プレスリリース

2021年3月1日

ガートナー、新たなネットワーキングへの移行に関する2021年の展望を発表

多くの企業は自社ネットワークの根本的な見直しを迫られている

ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下ガートナー) は、新たなネットワーキングへの移行に関する2021年の展望を発表しました。2024年までに、新たなネットワーキングへの移行が進み、クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用する企業は60%を超えると予測しています。

IT部門はネットワークに生じるボトルネックの解消に奔走している

2021年に入り、世界中の企業が新たな働き方を模索する中で、企業ネットワークもその在り方の大きな変化に直面しています。この背景には、在宅勤務者が増えたことや、オフィス系アプリケーションなどのパブリック・クラウドの利用が拡大し始めていることがあります。これを受けて、企業内やインターネット上のトラフィックが増大し、既存のネットワークにさまざまなボトルネックが生じています。

アナリストでバイス プレジデントの池田 武史は、こうしたトラフィックの変化に対応する選択肢としてクラウド型セキュリティ・ゲートウェイが採用されており、新たなネットワーキングへの移行が始まっていると述べています。

ガートナーが国内企業を対象に2020年9月に実施した調査では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19) が企業ネットワークに与える影響に対処するために優先した作業について尋ねました。最優先した作業として上位に挙げられたのは「インターネット接続の契約帯域の増速」「セキュリティ・ゲートウェイ機器のクラウド型への移行」「VPN装置の増強」の3つです。優先度を問わず最も多くの回答を集めたのは、「セキュリティ・ゲートウェイ機器のクラウド型への移行」でした (図1参照)。

図1. ITリーダーが優先したネットワーク関連の移行/増強作業

出典:Gartner (2021年3月)

2020年1月の同調査では、クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用した企業は10%程度でした。COVID-19の影響によってその採用は確実に加速し、2024年までに、新たなネットワーキングへの移行が進み、クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用する企業は60%を超えるとガートナーは予測しています。

クラウド型のゲートウェイは新たなネットワーキングにおいて重要な役割を担う

こうしたクラウド型ゲートウェイなどで構成される新たな市場を、ガートナーはセキュア・アクセス・サービス・エッジ (SASE) として定義し、多くの企業が今後注目し、導入すべきソリューションとして提唱しています。しかし、多様なテクノロジが織りなすこのソリューション全体が成熟するまでには、5~7年はかかるとみられます。

前出の池田は次のように述べています。「今後も在宅勤務を前提とした環境の整備を進める企業や、クラウド型のオフィス系アプリケーションを利用する企業は増加するとみられます。また、今後は社内外の幅広いビジネスをデジタル化することも求められます。その際に最も重要なのは、パフォーマンスとセキュリティのバランスを取りながら、さまざまな接続を俊敏に変化させていくことです。クラウド型セキュリティ・ゲートウェイは、こうした新たなネットワーキングに移行する上で重要な役割を担うテクノロジです」

新たなネットワーキングへの移行はさまざまなチャレンジを伴う

IT部門が従来のオンプレミス中心の企業ネットワーキングからクラウド中心の新たなネットワーキングに移行するには、さまざまなチャレンジが伴います。インパクトをしっかり把握した上で取り掛からなければ、適切に移行できない事態を招きかねません。移行を進めるに当たって事前に知っておくべき5つのポイントは、以下のとおりです。

  • オンプレミスとクラウドのハイブリッドを前提とした移行を進める。
  • スモール・スタートによって安定した移行を実現する。
  • 運用しながら変化させていく時代に合わせたスキルセットを獲得する。
  • ポリシー中心のネットワーキングへのチャレンジを理解する。
  • さまざまなテクノロジの組み合わせで解決するチャレンジを理解する (SASE、VPN、ゼロトラスト・ネットワーク・アクセス [ZTNA]、ソフトウェア・デファインドWAN [SD-WAN] の関係など)。

池田は次のように述べています。「市場では、ゼロトラストや『脱VPN』といったキーワードでもこうした変化が盛んに訴求されています。その一方で、いつまでに何をすべきかといった観点をおろそかにしたまま検討を進めるケースも見られます。現時点ではテクノロジの成熟度が不十分で発展途上であり、今後はさらにベンダーの統廃合も起こると予測されます。IT部門は、大きな変化を理解しつつも、今すぐに解決すべき課題への対処を優先することが重要です。在宅勤務環境を支えるクラウド型のリモート・アクセスVPN (ZTNA) への移行や、トラフィックが集中しがちなプロキシを提供するクラウド型ゲートウェイ (セキュアWebゲートウェイ [SWG]) などから導入し、新たなネットワーキングへの移行を始めるとよいでしょう」

前出の池田は、来る3月9日 (火)、「クラウド中心のネットワーキング:新しい基準に移行する」と題したウェビナーを実施します。リモートワークが進む中、クラウドとオンプレミスのハイブリッド環境においてどのようにネットワークを構築し運用すべきかに加え、セキュアかつコスト最適なネットワーキングを実現する方法や移行の留意点などについて解説します。

ガートナーのサービスをご利用のお客様は、レポート「2021年の展望:新たなネットワーキングへの移行を進める」(INF-21-24) および「新たなネットワーキングへの道:クラウド型セキュリティ・ゲートウェイを採用する前に知っておくべき5つのポイント」(INF-20-166) で関連する内容をご覧いただけます。

ガートナーのサービスについては、こちらよりご参照ください。
https://www.gartner.co.jp/ja/products

ニュースや最新情報は、ガートナーのTwitterでもご覧いただけます。

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織が最優先のビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先