Newsroom

プレスリリース

2021年11月9日

Gartner、「日本におけるセキュリティ (アプリ、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2021年」を発表

「Gartner IT Symposium/Xpo 2021」(11月16~18日) において、アナリストが最新トレンドや指針を解説

ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下Gartner) は、「日本におけるセキュリティ (アプリ、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2021年」を発表しました。

急速に進行するデジタル・トレンドと法規制の整備を背景に、アプリケーション/データ・セキュリティとプライバシーへの対応は、企業にとってますます重要になっています。本ハイプ・サイクルは、セキュリティの中でも特にアプリケーション/データ・セキュリティプライバシーの領域から、ITリーダーセキュリティ・リーダーが特に注目すべきテクノロジ/手法/概念を取り上げています (図1参照)。

図1. 日本におけるセキュリティ (アプリ、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2021年

出典:Gartner (2021年11月)

アナリストでバイス プレジデントの礒田 優一は次のように述べています。「デジタル・トランスフォーメーションの取り組みの多くは、クラウド・ネイティブなデザイン・パターンを前提としています。組織は、より早く、より満足のいくサービスを、より『セキュア』に提供する能力を高める必要に迫られています。また、グローバルで進行する関連規制の整備と議論の中で、組織には法規制への対応はもちろん、倫理やPeople Centric (人中心) の議論の成熟度を上げていくことが求められます」

2021年版の本ハイプ・サイクルでは、プライバシー強化コンピュテーション (PEC)、クラウド・ネイティブ・アプリケーション保護プラットフォーム (CNAPP)、クラウド・ネイティブDLP (Data Loss Prevention) を新規で取り上げました。

PECは、使用中のデータの機密性を保持しつつ処理や分析を可能にするテクノロジであり、多くの技術を包括する用語です。Gartnerは、2025年までに大規模組織の60%が、信頼できない環境やマルチパーティのデータ分析のユースケースでデータを処理するためにPECを採用するようになると予測しています。

CNAPPは、複数のクラウド・ネイティブ・ツールとデータソースを統合することにより、クラウド・ネイティブ・アプリケーションを保護します。また、クラウド・ネイティブDLPは、パブリック・クラウドやSaaS環境における機密情報に関わるトランザクションあるいはデータ保存において、データの保護および制御の機能を提供します。クラウド環境でのデータ活用が増えていることを背景にこれらへの関心が高まっています。

礒田は次のようにも述べています。「グローバルで懸念が拡大しつつある『デジタル倫理』については、プライバシーと倫理に関する問題に対して特に懸念が高まっています。社会の声が高まることにより、個人、組織、政府の間で、個人情報を含むデータ・アナリティクスや人工知能 (AI) 固有の議論についても注目が集まっています。この1年で、プライバシーやデジタル倫理に関連したガイドラインを策定する組織が増加しています。しかしその一方で、『デジタル倫理』についての議論を開始すらしていない組織も多く見られます。セキュリティおよびプライバシーの取り組みは、一朝一夕に成し遂げられるものではありません。IT/セキュリティのリーダーは、本ハイプ・サイクルを参考にアプリケーション/データのセキュリティおよびプライバシー領域における全体のトレンドを把握して、リテラシーの底上げを図るとともに、自社における議論の成熟度を高め、コンプライアンスの『先』に進むことが必要です」

Gartnerのハイプ・サイクルは、イノベーションが過度にもてはやされる期間を経て幻滅期を迎え、最終的には市場や分野でその重要性や役割が理解され進化する共通のパターンを視覚的に説明するものです。CIOやITリーダーをはじめとした企業の担当者がイノベーションの成熟度と今後の可能性を追跡する上での支援となるよう、さまざまな領域に関する100本以上のハイプ・サイクルを世界で毎年発行しています。

Gartnerのサービスをご利用のお客様は、リサーチノート「日本におけるセキュリティ (アプリ、データ、プライバシー) のハイプ・サイクル:2021年」で詳細をご覧いただけます。セキュリティ分野では、本ハイプ・サイクル以外にも、姉妹編として「日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2021年」「日本におけるセキュリティ (デジタル・ワークプレース) のハイプ・サイクル:2021年」を発行しています。
日本で提供しているサービスについては、こちらよりご参照ください。https://www.gartner.co.jp/ja/products

Gartnerは来る11月16~18日に、「Gartner IT Symposium/Xpo 2021」をバーチャル (オンライン) で開催します。Gartner IT Symposium/Xpo 2021では、CIOがどのように逆境に対処するか、また事業を継続していくためのデジタル・ビジネス戦略立案ツール/テクニックをどのように見つけていくかについて、さらなる分析を紹介します。ITエグゼクティブは、本コンファレンスに参加することにより、ビジネス課題の解決とオペレーションの効率化を目的としたIT活用法についての知見を得られます。セキュリティに関するセッションは、前出の礒田をはじめとした国内外のセキュリティ分野のエキスパートが講演を予定しています。コンファレンスのニュースや最新情報は、Twitter (#GartnerSYM) でもご覧いただけます。

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織が最優先のビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先