Newsroom

プレスリリース

2021年11月25日

Gartner、「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年」を発表

「ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション & クラウド戦略コンファレンス 2021」(12月1~2日) において、関連する最新トレンドや指針をアナリストが解説

ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下Gartner) は、「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年」を発表しました。

デジタル化を推進するITリーダーにとっては、企業の従業員やパートナーといったITの利用者 (ユーザー) に提供するIT環境を改善し、ユーザー・エクスペリエンス (UX) を向上させることが重要になっています。本ハイプ・サイクルでは、UXを広く捉え、これに大きく関係する主要なテクノロジに焦点を当てています。具体的には、以下に示す4つの領域における主要なテクノロジを取り上げています (図1参照)。

(1)ユーザー・インタラクションに関するテクノロジ (AR [拡張現実]/VR [仮想現実]/MR [複合現実]、スマート・スピーカーなど)

(2) 自律行動型のデバイスに関するテクノロジ (スマート・ロボット、次世代ドローンなど)

(3) デバイスやエンドポイント向けのワイヤレス通信 (Wi-Fi、5Gなど)

(4) 知覚や嗅覚など人を代替、あるいは拡張するための未来型テクノロジ (五感センサ、ライブ顔認証、双方向ブレイン・マシン・インタフェースなど)

図1. 日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年

出典:Gartner (2021年11月)

アナリストでシニア プリンシパルの針生 恵理は次のように述べています。「ユーザーIT環境はデバイスやテクノロジの進化により日々変化しており、企業のテクノロジ戦略もそれを踏まえて短期、中期、長期の視点を併せ持つことが重要です。UXは、人とテクノロジ、モノやシステムをつなぐものであり、また現実世界とデジタル世界の接点でもあります。これからのデジタル・ワークプレースにおいて、現実世界とデジタル世界の境界でさまざまなサービスを提供するUX関連のテクノロジはさらに重要度を増すでしょう」

2021年版の本ハイプ・サイクルでは、「人間中心のAI」「五感センサ」「仮想オフィス」「リモート・エキスパート・ガイダンス」をはじめとする、人の経験や体感 (エクスペリエンス) に密接に関わるテクノロジを新たに追加しています。UXの領域では2021年現在、従来の従業員向けテクノロジが成熟する一方で、デジタル・トランスフォーメーションを推進する重要なテクノロジに過度な期待が寄せられ、ハイプ (過熱) 状態になっています。また、ユーザーIT環境では「テクノロジ・ドリブン型」から「ユーザー・セントリック型」への変換が重要であり、人にとってさらに使いやすく心地よいテクノロジの実現によるUXの向上と、それを支えるシステムのさらなる効率化や高機能・高性能化を目指すことの重要性が増しています。

針生は次のように補足しています。「企業は、今後のデジタル・ワークプレース戦略の中で、柔軟なワークスタイルを実現したり、従業員のエクスペリエンスを向上させたりするソリューションに焦点を当ててロードマップを作成する必要があります。UXに関するテクノロジは、成熟に比較的長期間を要するものが多いですが、デジタル・ワークプレース変革の動きに合わせて、企業におけるUXの重要性は高まり、テクノロジの進化も加速することが予測されます」

Gartnerのハイプ・サイクルは、イノベーションが過度にもてはやされる期間を経て幻滅期を迎え、最終的には市場や分野でその重要性や役割が理解され進化する共通のパターンを視覚的に説明するものです。CIOやITリーダーをはじめとした企業の担当者がイノベーションの成熟度と今後の可能性を追跡する上での支援となるよう、さまざまな領域に関する100本以上のハイプ・サイクルを世界で毎年発行しています。

Gartnerのサービスをご利用のお客様は、リサーチノート「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年」で詳細をご覧いただけます。関連領域であるデジタル・ワークプレースについては「日本におけるデジタル・ワークプレースのハイプ・サイクル:2021年」も発行しています。
日本で提供しているサービスについては、こちらよりご参照ください。https://www.gartner.co.jp/ja/products

Gartnerは来る12月1~2日に、ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション & クラウド戦略コンファレンス 2021をバーチャル (オンライン) で開催します。本コンファレンスでは、幅広いトピックと最新のトレンドを踏まえ、企業のITリーダーに向けて「インフラとオペレーションの甦生 (こうせい)」に必要な提言を行います。本プレスリリースに関連するトレンドやテクノロジに関するセッションは、前出の針生をはじめとした国内外のアナリストが講演を予定しています。コンファレンスのニュースや最新情報は、Twitter (#GartnerIO) でもご覧いただけます。

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織が最優先のビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先