Newsroom

プレスリリース

2022年2月9日

Gartner、メタバースに関する展望を発表 ー 2026年までに、人々の4分の1は、1日1時間以上をメタバースで過ごすようになる

メタバースのハイプ (過剰な期待) はデジタル・ビジネスを拡張する新しいビジネスモデルに移行するきっかけに

ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下Gartner) は、メタバースに関する展望を発表しました (グローバルでは2022年2月7日に発表しています)。2026年までに、人々の25%は、仕事、ショッピング、教育、ソーシャルやエンターテインメントなどに、1日1時間以上をメタバースで過ごすようになるとGartnerは予測しています。

アナリストでバイス プレジデントのマーティ・レズニック (Marty Resnick) は次のように述べています。「ベンダーはすでにユーザーがデジタル化された世界で生活を体験するための空間やサービスを構築しています。仮想クラスルームへの出席から、デジタル空間上の土地の購入、仮想住宅の建築に至るまで、これらの活動は現在、別々の環境で行われています。将来的には、さまざまなテクノロジやエクスペリエンスにまたがる単一の環境、すなわちメタバースの中で行われるようになるでしょう」

Gartnerはメタバースを仮想的に拡張された物理的現実とデジタル化された現実の融合によって創り出される集合的な仮想共有空間と定義しています。メタバースは、継続的なイマーシブ・エクスペリエンス (没入感) を提供し、タブレットからヘッドマウントディスプレイまで、デバイスに依存せず、さまざまなデバイスからアクセス可能です。

メタバースは単一のベンダーが所有するものではなく、デジタル通貨と非代替性トークン (NFT) によって実現される新たなデジタル・エコノミーになると予想しています。メタバースは、消費者が日々接するあらゆるビジネスに影響を与えるでしょう。

メタバースは、働き方にも影響を及ぼします。企業は、仮想オフィスに没入型ワークスペース (没入型テクノロジを利用した仮想オフィス) 環境を導入することで、従業員により良いエンゲージメント、コラボレーション、つながりの機会を提供することができます。また、メタバースがフレームワークを提供するため、ビジネスの実行においても独自のインフラを構築する必要はありません。さらに、この1年半の間に人気を得た仮想イベントは、今後、今まで以上にコラボレーティブで没入感のあるつながりの機会やワークショップを提供するでしょう。

前出のレズニックは次のように述べています。「企業は、デジタル・ビジネスからメタバース・ビジネスに移行することで、自社のビジネスモデルを、これまでとは全く違うやり方で拡大・強化できるようになります。2026年までに、世界の組織の30%がメタバースに対応した製品やサービスを持つようになるでしょう」

メタバース・テクノロジの採用は始まったばかりで部分的であるため、Garnterは特定のメタバースへの多額の投資については注意を促しています。「どの投資が長期的に有効であるかを判断するには時期尚早です。プロダクト・マネージャーは、競争力を高めるためにメタバースを学習、検証、準備するための時間を割くべきです」(レズニック)

アナリストでディスティングイッシュト バイス プレジデントの亦賀 忠明は次のように述べています。「メタバースは、従来型の仮想空間を『超えた』ものであり、リアルの物理空間とバーチャル仮想空間を融合した、フルデジタル化された環境を指します。『メタバースはアバターで参加する仮想空間である』というように単純に捉えるべきではありません。メタバースは、『これから』の話であるため、今すぐに成熟した完璧なメタバースが登場するわけではありません。メタバースは将来に向けたビジョンです。すべての企業は、メタバースを2030年、またそれ以降に訪れるであろうNew Worldに向けた一つのメガトレンドであると捉え、インターネット初期と同様、これからの将来を展望し、可能性とリスクを洞察することが重要です」 

同じくアナリストでシニア プリンシパルの針生 恵理は次のように述べています。「メタバースは、デジタル・ワークプレースの議論と実践を新たなステージへとシフトするきっかけをもたらします。メタバースによって、企業は、VR、AR、MRといった単なるテクノロジ採用を超えた、新たなワークプレースを模索していくことになるでしょう」

Gartnerのサービスをご利用のお客様は、リサーチノート「Predicts 2022: 4 Technology Bets for Building the Digital Future」および「Quick Answer: What Is a Metaverse?」で詳細をご覧いただけます。また、前出の亦賀と針生がリサーチノート「メタバースの可能性とインパクトを考察する」でメタバースについて解説しています。

日本で提供しているサービスについては、こちらよりご参照ください。https://www.gartner.co.jp/ja/products

メタバースについては、「Immediate and Future Metaverse Opportunities for Product Leaders」と題した無料ウェビナーでも詳しく解説します。Gartner Emerging Technologies Roadmapでは、投資収益率 (ROI) をもたらすのに役立つ先進テクノロジについて紹介しています。

日本のITエグゼクティブ向けのニュースや最新情報は、GartnerのTwitterFacebookでも案内しています。最新のプレスリリースや記事、ウェビナー情報については、こちらよりご参照ください。

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織のミッション・クリティカルなビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先