Newsroom

プレスリリース

2022年8月4日

Gartner、地政学リスクは今後、国内企業によるソフトウェア/クラウド・サービス契約などのIT調達に重大な影響を及ぼすとの見解を発表

コスト、データ保護、バージョンアップ/サポートの3つの観点から影響を評価すべき

ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下Gartner) は、地政学リスクが今後の日本企業によるソフトウェア/クラウド・サービスなどのIT調達に重大な影響を及ぼすとの見解を発表しました。

地政学リスクは一般的に、特定地域の政治的・軍事的緊張の高まりが周辺地域や世界に及ぼす影響を指します。2022年はロシアのウクライナ侵攻をきっかけにこのリスクが改めて注目されています。日本企業が利用するSaaSやIaaSといったクラウド・サービスや、ERP等の業務ソフトウェアの多くが海外ベンダー製です。日本企業の海外拠点のITシステムも現地のITベンダーの支援を受けている場合が比較的多く、このリスクの影響は免れられません。

こうした中、アナリストでバイス プレジデントの海老名 剛は次のように述べています。「ソーシング/調達/ベンダー管理を担うリーダーにとっては、地政学リスクは今後対応すべき新たな課題です。特にソフトウェアやクラウド・サービスを調達する際には、自社に及ぼす影響を予め評価し、ベンダーと必要な交渉をすべきです」

影響を評価する際の観点としては、以下の3つを挙げています。

コスト

円安を理由にベンダーから値上げを通告されるソフトウェア/クラウド・サービスのユーザー企業が増えています。たとえ円安に歯止めがかかったとしても、ベンダーにとっては開発者の人件費やデータセンターに掛かるエネルギーコストも大きいため、物価上昇を背景とする価格上昇が続く可能性があります。

データ保護

中国はもとより欧州や米国、また日本でも、情報資産を保護するために国外への重要データの持ち出しを規制する機運が高まっています。こうした中、クラウド・サービスではデータセンターが複数の主要国に分散され、国によってはユーザー企業であっても、データの持ち出しや地域間のデータ・アクセスが制限される場合があります。

バージョンアップ/サポート

特定地域でのベンダーの開発/サポート・エンジニアの撤退や、それに伴うサービス・レベルの低下も懸念されます。ベンダーが現地エンジニアを引き上げ、リモート対応に切り替えた地域では、データ保護の問題もあり、ベンダーのサポート担当が顧客のシステム環境へ直接アクセスし障害原因を突き止めるといった支援が受けられなくなる例もあります。

海老名は次のように述べています。「国内ではベンダーとの契約交渉に不慣れなITリーダーが一定数みられ、契約に先立って十分な交渉がなされない場合も散見されます。しかし、地政学リスクの影響が大きくなる今後は、ベンダーとの交渉の重要性はさらに増します。まずは交渉のための十分な時間を、調達計画に盛り込むことが大切です」

Gartnerでは、「2025年までに、50%以上のソフトウェア・ユーザー企業は、『地政学的』な要因を背景とする契約コストの増加やコンプライアンス違反のリスクにさらされる」と仮説を立てています。

Gartnerは来る10月31日~11月2日にGartner IT Symposium/Xpo 2022 (グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール) を開催します。リーダーシップ、テクノロジ・イノベーション、ビジネス戦略に関する知見が結集する本コンファレンスでは、CIOやITエグゼクティブに対して、テクノロジの将来の方向性、IT戦略の策定/検証におけるベスト・プラクティス、主要イニシアティブの実行例について、知見や、エキスパートによるガイダンスを提供します。コンファレンスのニュースと最新情報は、Twitterでご覧いただけます (#GartnerSYM)。

Gartnerのサービスをご利用のお客様は、リサーチノート「インフォグラフィック:『地政学リスク』がソフトウェア/クラウド・サービス調達に及ぼす影響とその対策」で、3つの観点の詳細やそれらへ対応策をご覧いただけます。また、「2022年の展望:ITリーダーが知るべき契約交渉の多様化と複雑化の影響」で先述の仮説の根拠や対策をご確認いただけます。

日本で提供しているサービスについては、こちらよりご参照ください。https://www.gartner.co.jp/ja/products

日本のITエグゼクティブ向けのニュースや最新情報は、GartnerのTwitterFacebookでも案内しています。最新のプレスリリースや記事、ウェビナー情報については、こちらよりご参照ください。

Gartnerについて

Gartner, Inc. (NYSE: IT) は、経営幹部およびそのチームに対し、実行可能かつ客観的な知見を提供しています。Gartnerの深い専門知識によるガイダンスやツールは、組織のミッション・クリティカルなビジネス課題についてより迅速でスマートな意思決定を下し、より大きな成果を獲得することを可能にします。詳細については下記Webサイトでご覧いただけます。

gartner.com

gartner.co.jp (ガートナージャパン)

報道関係各位からのお問い合わせ先